「あざとかわいい」田中みな実はなぜ女性から支持されるのか

田中みな実が「あざとかわいい」と女性から支持される理由 嫉妬の裏返しで憧れに?

記事まとめ

  • かつて「ぶりっ子」として嫌われていた田中みな実が、今は支持されているという
  • 「女の武器を軽やかに使って目的を達成する」のは同性からの嫉妬の対象だった
  • 小気味いい「開き直り」を見せたことで、裏を返して今は憧れの対象になっていると分析

「あざとかわいい」田中みな実はなぜ女性から支持されるのか

「あざとかわいい」田中みな実はなぜ女性から支持されるのか

大ヒットしたファースト写真集の購入者には女性も多い(時事通信フォト)

 いま、「悪女」と聞いて、誰を思い浮かべるだろうか? マリー・アントワネットや則天武后といった歴史上の人物から、最近話題の「あざとかわいい」女子まで。“悪い女”といわれるようなタイプも多様化し、その評価も、ネガティブなものではなくなっている。良くも悪くも、人をひきつける女性といえるのではないか。小説『恐ろしくきれいな爆弾』(小学館)で、“あの人”や“あの出来事”を彷彿とさせる政治家や事件を登場させながら、総理の椅子を目指す46歳の悪女を描いた越智月子さん。痛快“悪女エンターテインメント”を書き続ける越智さんに、悪女の魅力、これからの悪女の条件をうかがった。

* * *

◆人たらしは、どのように人の心を盗むのか

──悪女エンターテイメント3作目となる本作の舞台は永田町・政界です。小泉今日子さんの「現実と物語が頭の中で撹乱され、とてもエキサイティングな読書時間を過ごしました」という推薦文にあるように、現実のあれやこれやを物語として昇華しつつ、福永乙子という恐るべき女性を生み出しました。

越智:私、田中角栄が大好きなんです。あの昭和っぽくエネルギッシュなところが。「高等小学校卒」で裸一貫から総理にのぼりつめたスピード感もすごいし、金権政治の権化と言われつつも、人情味あふれる素顔はとても魅力的。それで、田中角栄的政治家に隠し子がいたら……という発想から生まれたのが、主人公の福永乙子です。

──そもそも越智さんにとって、悪女とはどういう存在でしょう?

越智:「悪女」という言葉と矛盾するようだけど、女であることを強く意識している人は真の「悪女」たりえないと思っています。何か得たいものがあったとき、その過程で女を使うことはあったとしても、それはあくまで手段のため。あのものは使う、みたいな。女であることを唯一の武器にする人は悪女ではない。私が考える悪女は、「男女の枠を超えた野心家」ですね。たとえば、絶世の美女って悪女にはならない。美人それ自体がすでに「枠」ですから。仮に美人と言われていても、それは雰囲気美人。よく見ると、そんなに美人じゃないはず。じゃ、なぜ人は篭絡されるのか。抗いがたく引きつけられ、翻弄されるのか。それは「人たらし」だからと思うんです。

──悪女は「人たらし」。と聞くと、その極意を学びたくなります。

越智:悪女は、結果的に他人のお金を盗むことがある。でも、お金より先に実は心を盗んでいる。しかも、(心を)盗んだあとはしれっとしている。まさに盗人たけだけしい(笑)。

 じゃあ、どうやって人の心を盗むのか。つかみは、相手に全集中することじゃないですか。小説を書く前にライターをやっていましたが、少なからぬ人たちをインタビューしてきて思ったのは、集中力のある人には心をつかまれるということ。講演のときは、誰でもいいから聴衆のひとりに向かって話しかけるとうまくいくと聞いたことがありますが、集中しているとき、人は不思議な何かを発している。「人は実感したものを信用する」とは田中角栄の言葉ですが、自分に全集中されると、多くのものを実感できます。

田中みな実……嫉妬される女性が憧れの対象になるきっかけ

──悪女というと、男を騙したり、たぶらかしたり、というイメージをもちがちですが、その目的についてはどうお考えですか?

越智:私が書いた『恐ろしくきれいな爆弾』の福永乙子の根底にあるのは男社会への怒りです。だからといって特定の男を騙したり、見返したりしたいわけではなく、「頂点に立ってこの社会をひっくり返したい」という野心に突き動かされて動いているんです。ヒロインが女性政治家ということで、この小説を小池百合子さんと比べて読んでいただくこともあるのですが、話題になった『女帝 小池百合子』(文藝春秋)を読む限り、小池さんにも、乙子と同じ野心があるのかなと思いました。ただ小池さんは乙子より、もっと自覚的に女の武器を使っている印象ですが。

越智:いずれにせよ、野心を現実化し、それも、ある種の開き直りをもってやってのけている女性は魅力的ではあります。同時にそれは嫉妬される対象でもありますが。

──ということは、どこか憧れもある?

越智:女の武器を軽やかに使って目的を達成する──同性から見るとそれは嫉妬の対象にしかなりえなかったけど、裏を返して今は、憧れの対象になっているのかもしれません。かつて「ぶりっ子」として嫌われていた田中みな実さんが、今や「あざとかわいい」とか、プロフェッショナルとして支持されているは、小気味いい「開き直り」を見せているからではないでしょうか。その野心も「モテ」と他愛ないものですし、その範囲でならプチ悪女を楽しんでも罪はない。

──先ほど名前が出た小池百合子さんについて書かれたノンフィクション『女帝 小池百合子』については、小説家としてどういう感想をお持ちですか?

越智:『女帝』では、生い立ちや学歴など、小池さんがこれまでついてきた「嘘」について、幾度も書かれています。それが真実かどうかはさておき、私の考える悪女についていえば、「嘘」は重要な要素です。まず、嘘で上塗りしなければいけない過去、あるいはコンプレックスがあるということ。私の小説の福永乙子も基本、嘘つきです。でも、彼女は耐えられない過去を封印し、今を生きている。今の自分を支えるためにはその嘘がどうしても必要なんです。

 それに嘘はつきようによって、相手に特別感を抱かせます。たとえ嘘をついて、それが嘘だとバレてしまっても、相手に自分だけはこの人を理解できる、見守っていこうと思わせたら、悪女的には勝ちですよね。相手の掌で転がされているようで実は転がしている。そういえば野村沙知代さんも経歴に関していくつか嘘をついていました。でも夫である野村克也監督は、その嘘を「そうまでして俺の気をひきたかったのかと思うといじらしくて」と好意的に受け止めていたと語っていましたよね。

◆伸びしろの大きい“ネオ悪女”とは

──男女とわず、いま、「人たらし」だと感じる人って誰でしょう。

越智:政治的に正しいかどうかや好き嫌いは別にして、トランプはやはり人たらしなのかと思います。先日、トランプの熱狂的支持者が「彼の政治的に過激な発言もコメディとして楽しめる」と言っているのをテレビで見て、あんなに胡散(うさん)くさいのによくぞここまでたらせたなと思いました(笑)。そういえば「胡散」って16世紀にペルシャで使われた香辛料で、食べると軽いトランス状態を引き起こす成分を含んでいるんだとか。胡散くさいのに人たらし、なのではなく、胡散くさいからこそ人をたらせ、熱狂をうむんですね。小泉純一郎さんや小泉進次郎さんも、「人たらし」と言われていますが、私はそうは思わない。シンプルすぎて胡散臭さが足りない。

「世の中は白と黒ばかりではない。敵と味方ばかりでもない。その真ん中にグレーゾーンがあり、これが一番広い。真理は常に中間にありだ」これも田中角栄の言葉ですが、意識するしないにかかわらず、人たらしは、このグレーゾーンの人たちを自分サイドに引き込む力が強いんだと思います。

──時代によって悪女の評価も変わります。歴史を遡って、悪い女だなあと思う人っていますか?

越智:私にとっての永遠の悪女は、有吉佐和子さんの小説『悪女について』の富小路公子(きみこ)です。謎の死を遂げた稀代の女実業家・公子に関わった27人の男女へのインタビューという構成で書かれた小説なんですが、人によって、公子の印象はまるで違う。その多面性こそが時代を経ても変わらぬ悪女の神髄なのだと思います。

──悪女3部作(『モンスターU子の嘘』『女優A』)を書き終えて、越智さんが今後書きたい女性を教えてください。

越智:韓国ドラマで「愛の不時着」や「梨泰院クラス」を差し置いて、2019年から2020年のドラマ大賞を総なめにした「椿の花の咲く頃」というドラマがあるんです。コン・ヒョジン演じるヒロイン、ドンベクがとても魅力的。はじめは自己評価がすごく低いんですが、ある出来事をきっかけにしたたかに開花していく。その開き直り方がとても好きなんです。今後、書きたいのはドンベクみたいに伸びしろが大きい女性。さらに自らの悪性に目覚め、軽やかに開き直ることができる、黒を白にひっくり返せる「ネオ悪女」を書けたらいいなと思います。

◆おち・つきこ/1965年福岡県生まれ。大学在学中よりライターとして活躍。2006年、短編集『きょうの私は、どうかしている』でデビュー。

関連記事(外部サイト)