菅総理に学ぶ「都合が悪いときに論点をずらす3つのコツ」

菅総理に学ぶ「都合が悪いときに論点をずらす3つのコツ」

首相はダンボール工場で働いていた経験もあるという

 社会のなかで生きていく以上、風向きの悪い立場に追い込まれてしまうことは誰にでもある。大人力について日々研究を重ねるコラムニストの石原壮一郎氏が考察した。

 * * *
 総理大臣は日本のリーダーです。常に国民の幸せを願い、全身全霊で日々の仕事に励んでくれているはず。そんな姿から、多くのことを貪欲に学ばせてもらいましょう。

 前総理の安倍晋三氏も、その言動を通して私たちに多くの学びを授けてくれました。とりあえず「やってる感」を出すことが大事だとか、どんなに無理筋な弁解でも言い続ければやがてうやむやにできることとか……。9月に就任した菅義偉総理大臣も、負けず劣らずというか似たり寄ったりというか、さっそく貴重な学びを授けてくれています。

 10月26日からスタートした臨時国会で野党が追及しているのが、菅総理が日本学術会議が推薦した105人の候補のうち6人を任命しなかった問題。任命しなかったこと以上に、理由をいくら聞かれても「総合的、俯瞰的な観点から」とか何とか言って、まともに説明しようとしないことが批判を呼んでいます。

 誰が判断したのかは今のところ謎ですが、総合的、俯瞰的に見て、6人が任命されなかったのは、要するに「政府に都合が悪いことを言う気に食わないヤツら」だから。しかし、そう言ってしまうとさらに大きな問題に発展するのは明らかなので、菅総理はあの手この手で理由を答えることを避け続けています。

 今、菅総理が私たちに身を持って教えてくれているのは、都合が悪いことを聞かれたときに「とことん論点をずらす」ことの大切さと具体的なやり方。さすが「後継者」だけあって、ある意味、安倍政権の伝統を踏襲しているとも言えます。昨今の日本学術会議がらみのやり取りから、論点をずらすための「3つのコツ」を見つけてみました。

【都合が悪いときに論点をずらすための3つのコツ】
その1「『そもそも論』を持ち出して対象全体を悪者にする」
その2「支離滅裂でも何でもいいので問題ないと言い張る」
その3「事実無根でも何でもいいので適当な理由を付ける」

 大きな話だと、その不自然さが見えづらくなります。身近なシチュエーションに置きかけて、菅総理がやっていることはどういうことなのかを考えてみましょう。なお設定はフィクションであり、実際の任命拒否問題とはいちおう関係ありません。

 A部長が関連会社の社長に就任するにあたって、祝賀会をやることになりました。福利厚生費から多少の補助も出ます。幹事を仰せつかったB課長は、呼ぶ人の名簿作りを部下のC係長に命じました。C係長からメールで送られてきた名簿を見て、B課長は眉をひそめます。そこにはA部長が大嫌いなライバル部署のD部長の名前が入っていました。

 幹事のB課長は、D部長の名前を削除。その上で「こういう感じでどうでしょう」と主役のA部長に見せました。B課長が勝手に忖度してD部長の名前を削除したのか、あらかじめA部長が「Dは呼ばなくていい」と指示していたのか、それはわかりません。

 盛況に終わった送別会の翌日、A部長の席にD部長がすごい剣幕で乗り込んできました。「おいA、どうして俺を呼ばなかったんだ。理由を説明しろ!」と言っています。

 本当の理由は「大嫌いだから」ですが、それを言ったら大問題に発展して、せっかくの出世がフイになりかねません。A部長は口ごもりながら「総合的、俯瞰的に判断して……」と答えたものの、火に油を注いだだけでした。なおさら激怒したD部長は「理由を言うまで俺はここを動かない」と仁王立ちしています。

 困ったA部長は、今度は「そもそも会社内での祝賀会のあり方を考え直す時期に来てるんじゃないか」と言い出しました。それはそれとして議論の余地はあるかもしれませんが、今はそういう話をしているわけではありません。さらにA部長は「俺はBに渡された名簿を見ただけで、お前を呼んでないことは知らなかった」と漏らしたところ、D部長から「お前さっき、総合的、俯瞰的に判断したと言ったよな。見てないのにどう判断したんだ!」ともっともな突っ込みが入りました。

「会社の予算も使っている集まりなんだから、俺が排除されたのは明らかに不当だ。これは社内規定に反する」「問題はない」「会社内の秩序を乱し、宴会の自由を侵害する行為だ」「問題はない。参加者の性別や出身大学に偏りがあったので、多様性が大事だということを念頭に判断した」「お前、なに言ってんだ。大丈夫か?」「問題はない」……。

 こんなやり取りが延々と続きました。部下たちはその様子を見て、A部長にすっかり呆れています。ただ、みんな最初はシンプルに「大人げないA部長が悪い」と感じていましたが、くだらない争いを見せられているうちに、だんだん「どっちもどっちかも」とD部長にも批判的な気持ちを抱き始めました。本筋から離れて「たしかに会社内での祝賀会のあり方は問題だ」と思う中途半端に意識高い系の部下もちらほら。

 日本学術会議の問題は、しばらくは決着がつきそうにありません。祝賀会をめぐる言い争いは、こんなヤツを相手に怒り続けるのもバカバカしいと思ったD部長が、「もういいよ」と引き下がって終わりました。厚顔無恥に論点をずらし続けたA部長の勝ちです。

 言い争いには勝ったA部長ですが、さて、本当に勝ったことになるのでしょうか。やり取りを見ていた部下たち多くが、A部長のみっともない様子を心に刻み「A部長のような人間にはなりたくない」と強く思ったのは言うまでもありません。めでたしめでたし。

関連記事(外部サイト)