秋篠宮家、立皇嗣の礼で高まる緊張 職員には強い重圧

秋篠宮家、立皇嗣の礼で高まる緊張 職員には強い重圧

立皇嗣の礼は11月8日に行われる予定だ(時事通信フォト)

“本番”が目前に迫ったその日、皇居・宮殿はピンと張り詰めた緊張感に包まれていたという。11月2日、秋篠宮さまが皇嗣となられたことを示す「立皇嗣の礼」のリハーサルにあたる「習礼」が行われた。その日は天皇皇后両陛下と秋篠宮ご夫妻が参加され、「朝見の儀」の動きを確認されたという。

「皇居へと入られるご夫妻のお顔から強い緊張を感じました。紀子さまはお車の窓を開け会釈をされましたが、こちらに手を振られることはなく、お顔はこわばっているようでした」(居合わせた人)

 当初は4月に予定されていたため、実に7か月越しの挙行となる。御代がわりの一連の儀式を締めくくる“秋篠宮家最大の晴れ舞台”ともなれば、その緊張もひとしおだろう。ご夫妻の緊張もさることながら、特に強いプレッシャーにさらされていたのは秋篠宮家の職員だったという。

「昨年10月、皇居・宮殿で行われた御代がわりの重要行事『即位礼正殿の儀』で、秋篠宮ご一家を先導する皇嗣職の職員が、室内での動線を間違うミスがあったのです。そのとき、秋篠宮さまはごく短い間ではありましたが、にらみつけるような表情をされました。その後、ミスについて秋篠宮さまから厳しいお叱りがあったそうです。

 今回は秋篠宮家にとって特に重要な儀式ですから、前回のような失敗は許されない。職員はかつてないほどに緊張していたのだと思います」(皇室記者)

 習礼は11月8日の儀式当日に向けて繰り返し行われる。

※女性セブン2020年11月19日号

関連記事(外部サイト)