いよいよ「立皇嗣の礼」を迎えた秋篠宮殿下「娘と話してない」で心配される父から娘への「質問のタブー」

いよいよ「立皇嗣の礼」を迎えた秋篠宮殿下「娘と話してない」で心配される父から娘への「質問のタブー」

秋篠宮家は正式に「次の天皇家」と宣明される

 コロナの影響で延期されていた「立皇嗣の礼」が11月8日に行われ、ようやく秋篠宮文仁親王が「皇嗣」となったことが内外に広く宣明される。久しぶりに国を挙げて祝える晴れやかな話題だが、皇室典範で皇位継承第一位と第二位の二人を擁する秋篠宮家には、小さな不安の芽もある。長女である眞子内親王の結婚問題で、親子の間に微妙な溝が報じられていることである。

 秋篠宮殿下は、昨年11月の誕生日会見で、「結婚のことについては(眞子内親王と)話をする機会はありません」と率直に述べられた。今はアメリカで勉強中の小室圭さんとの縁談が進んでいないことは、国民にとっても心配の種である。『週刊ポスト』(11月6日発売号)で、秋篠宮家の「父娘の会話」について語っている『娘のトリセツ』(小学館新書)の著者で人工知能研究者の黒川伊保子氏は、父と娘のコミュニケーションの難しさを指摘する。

「男性のコミュニケーションの特徴として、いきなり5W1Hで質問することがよくあります。男性同士ならいいのですが、女性はそうした質問をされると“攻撃されてるんじゃないか?”と構えてしまうことがあります。思春期を迎える前の娘なら、『何のアプリ見てるの?』と聞けば、『〇〇だよ』と答えてくれるし、お絵かきしている娘に『それなーに?』と聞いたら『お嫁さんだよ』と答えてくれたでしょう。ところが、思春期を迎える頃から、『何のアプリ見てるの?』といきなり聞かれると、それを咎められていると感じるようになるんですね。『何時に帰る?』『どこへ行くの?』といった父親としてはなにげない質問も、『どこをフラフラほっつき歩くつもりだ』『何くだらないことしているんだ』という攻撃の言葉に聞こえてしまうんです。思春期以降の女性にはみんなそういう面があると考えてもらっていいので、買い物に出かける奥さんに『どこに行く?』『何時に帰る?』と聞くのも、相手は威嚇されていると感じてしまいます。女性との話の始め方を知らない男性が多いことが、父と娘のコミュニケーションが難しい大きな理由です」

 黒川氏によれば、そもそも娘の結婚に父親が口を出すことはできないと考えるべきだという。それには女性の本能的、生理的な特性も関係している。

「父親が娘の結婚に口を出す権利は“動物学上”ないんです(笑い)。よく聞く話だと思いますが、思春期の娘は父親のことがすごく気持ち悪く感じるようになります。大脳の思考の領域では父を尊敬しているし、好きだと思っていても、本能的、生理的な領域で父親を臭い、汚いと感じる時期がやってくるんです。これは父親の責任ではなくて、女性は思春期になると、自分と違う免疫型の遺伝子を持つ男性を本能的に探すからです。免疫を司るHLA遺伝子の型と、体臭に関わるフェロモンには相関があって、自分と同じ型の遺伝子を持つ父親に対して『臭い』と感じてしまうのです。

 ちなみに、母親はその『臭い父』を結婚相手に選んだ人なので、父親も母親も自分の恋愛については意見が合わない、自分の結婚相手を判定するのに、最もふさわしくない人たちだと感じてしまう可能性があります」

 秋篠宮家の現状を連想させる話だが、黒川氏は「皇族の家庭がどういうものかわかりませんが」と前置きして、こう語る。

「一般的に、関係が膠着してしまった場合、父と娘が意思の疎通を取り戻すためには、世間や立場をいったん忘れて、父=『娘を守る家族の長』であるということに立ち戻らないと難しいように感じます。世間よりも娘、という姿勢を示さなければ心は開かれないはずです。皇室というお立場上、難しいとは思いますが、この事態を何とかするには、まずは、心の対話の開通を優先すべきなのではないでしょうか」

 天皇は「日本国民統合の象徴」であると憲法に規定されている。その立場をいずれ引き継ぐ秋篠宮家には、平穏で健やかな日々こそふさわしい。

関連記事(外部サイト)