マツダ初の女性主査 男ばかりの開発現場で身につけた仕事術

マツダ初の女性主査 男ばかりの開発現場で身につけた仕事術

マツダの新型SUV「MX-30」の開発責任者、竹内都美子さん

 マツダが投入した新型SUV「MX-30」の開発を取りまとめた竹内都美子氏は、同社初の女性開発主査。自動車メーカーの技術職はいまだに男性社会のイメージが強いが、“リケジョ”の竹内氏はなぜマツダに入社し、その後どんな経験値を積んできたのか。じっくりと話を聞いた。

――マツダ入社の経緯を聞かせてください。

竹内:母の実家が島根県隠岐の島町で、子どもの頃から里帰りの際は国産旅客機のYS-11やフェリー、高速艇などいろいろな乗り物を利用していましたが、私はとりわけ飛行機が好きでした。自動車メーカーのエンジニアって飛行機好きが多いのですが、そんなこともあってエンジニア志望で理系に進み、大学では飛行機でもロボットでも使える「制御工学」を専攻していました。

 大学は当初は自転車通学でしたが、途中からクルマを持つようになって、生活の幅が広がって行動範囲が一気に拡大したことに感動すら覚えたものです。乗っていたのは、ホンダさんの軽自動車「トゥデイ」でしたが、自動車メーカーに就職すれば、クルマに乗ることの素晴らしさをダイレクトにお客様に伝えられるのではと考えたのです。

――当時、大学のいわゆる“リケジョ”でエンジニアになる人はどのくらいいましたか。

竹内:もともと、理系クラスに女性は1割もいませんでした。90人いて7人ぐらいが女性という比率でしたかね。専攻した制御工学の同級生の多くは、コンピュータメーカーやIT産業、一部製薬会社などに就職した人が多く、製造業は比較的少なかったですね。

 私は1997年にマツダに入社しました。研究開発部門で採用された中で、女性は私1人だけでしたが、女性が少ないからといって不安などはありませんでしたね。

 最初は電子技術開発部に配属されて電子部品の設計を担当しました。その後、入社3年目の1999年、女性の運転免許保有率が40%を超えたということもあり、マツダ社内で女性の評価ドライバー(テストドライバー)を育てなければいけないという機運が高まりまして、手を挙げてその部署に異動しました。

――とはいえ、周囲は男性ばかりの中で、どんな心情で仕事をされていたのでしょうか。

竹内:高校時代からクラスメートも男性が多かったので、雰囲気的には何も抵抗はありませんでした。評価ドライバーになった頃は20代半ばで若かったこともあり、「この世界でご飯が食べていけるようになりたいし、運転の技術や評価のスキルでは誰にも負けたくない」との思いは強くありました。

――マツダ社内の女性では今も竹内さん以外に出ていない「特Aランクのライセンスホルダー」にまでなったそうですね。

竹内:はい。会社敷地内の駐車場のみクルマを動かせるEランクから始まって、社外走行がOK、さらに100何キロ出して走るとか、200キロ出してもいいとか、順次ランクが上がるわけですが、当時は週末のたびに試験場に行って練習し、毎年試験を受けて1つずつランクを上げていきました。

 Aランクの上に特AとS、特Sの3つがあって、この3つがエキスパートコースです。私はAランク取得後、レーシングドライバーに教わりながら1年かけて特Aライセンスを取りました。走りの領域では、試験部門のメンバーとも対等に話ができるレベルの技術を身につけたいという思いが強かったですね。

──仕事の中身や性別に関係なく、負けん気が強かったんですね。

竹内:若い頃はがむしゃらで、とにかく同僚に負けたくないという意識が強かったのですが、性能評価をまとめる立場になった頃からは、まずはメンバーの話をじっくりと聞くことに徹しています。

 試験部隊の統括をしていた時期もそうでしたが、「明日までにレポートを出して」とメンバーを急かしたところで、「大変なことばかりで時間が足りない」「試作車がもっとほしい」「部品やお金が足りない」とか、反発されるだけなんです。

 こちらの要望を先に言ってしまうと、「無理です」と返されて衝突になってしまいますから、とにかくヒアリングをしてチームメンバーそれぞれの言い分を全部聞いて、待てる間は待って譲歩する。それが仕事を円滑に進めるコツだと思っています。

──若手社員や部下ともじっくりとコミュニケーションをとるのが竹内さんの人材育成法なのですね。しかし、開発主査ともなると、さまざまな職種の人たちをまとめなければならず、大変ですね。

竹内:今回発売したMX-30のように1つの新車全体を取りまとめるような立場になると、販売やマーケティング部門との話し合いもありますし、コストや投資額を管理しているメンバーもいますので、なおさら聞く耳を持たなければいけません。

 ですが、辛抱強く聞いたうえで、メンバーに少し余裕ができた時は、「やっぱりこれはやってほしい」と、ちゃっかり押し込むことは多いですね(笑い)。

 もう1点、「難しい議論は大人数ではしない」というのも私流かもしれません。コミュニケーションはできるだけ小さなグループで、というのが持論です。

 キーになる人と小さなグループで話をする。マネジメント層に対しても、大々的な会議でバーンと打ち上げるのではなく、社長や副社長、役員に「相談に乗ってほしい」と事前に話はしておきます。根回しというより、ジャッジしてほしい人たちにきちんと理解していただくことが大事で、重大な決断ほど時間をかける必要があると思っています。

――2011年には「MAZDA2」(旧デミオ)の性能開発を担当されましたが、当時の経験値で今に活きていることはありますか。

竹内:実は、MX-30を開発するにあたって、1つだけ当時の失敗を振り返った点があるんです。

 MAZDA2はシートやペダルの操作性を相当造り込んできたのですが、このクルマはBセグメントに属するコンパクトカーで、比較的女性にも選んでいただきやすいクルマです。もちろん発売後は女性にも選んでいただけたのですが、「私はそんなに運転が得意でもないし、デザインが尖っているから、ちょっと気後れしちゃうわ」という声も結構いただき、結果的にはお求めいただけなかったお客様もいらっしゃったんです。

 われわれとしては、こだわりを持ってシートもペダルもデザインも性能も造り込み、車格を超えたクルマに仕上げた自信作ですが、女性のお客様には少し引かれてしまったわけです。

 今回のMX-30で、「わたしらしく生きる」というコンセプトを掲げたのは、その時の自戒や反省が私自身にもありまして、「このクルマいいでしょ、ぜひ味わってみて」と主張し過ぎるのではなく、デザインから走る・曲がる・止まる性能まで、すべてのハーモニーのバランスを最重要視して、評価をお客様に委ねました。

 そういう余裕や懐の深さを、肩の力を抜いてこの商品で実現したいと思い、“自然体”を自分にも課すテーマにしました。SKYACTIV-Xのような最先端技術のエンジンではなく、敢えて2000ccのマイルドハイブリッドを用意したのも、トルクフルで力強い走りを前面に出さず、クルマの塊感や居心地のいい室内空間、プラスデザインと走りが最も調和されるクルマにしたかったからです。

――マツダ初の女性主査としてMX-30の開発を統括し、ストレスもかなりあったと思いますが、どんな息抜きを?

竹内:休日は、よくドライブに出かけますね。私はバイクにも乗ります(ホンダの「ホーネット」)し、冬場はスキーもします。思いっきり働いて思いっきり休む。休む時はバシッと仕事のスイッチを切ってしまうタイプです。

 クルマに関して言えば、私とMX-30のチーフデザイナーは初代ロードスター(1989年デビュー)のオーナーです。マツダが31年前にこのクルマを出した頃は、男女問わず、それまでスポーツカーに見向きもしなかった方、ピュアスポーツカーは扱う自信がないといった方に、1600ccのライトウエイトスポーツを提供して多くの支持を得ました。

 そういう意味では開発に携わったMX-30も、走りのイメージが強いマツダブランドの、いわば敷居をまたいでいただく一歩になったらと思っています。

――普段は広島の本社に勤務している竹内さんですが、このコロナ禍で人生観や仕事観は変わりましたか?

竹内:私自身はテレワークを経験する中で、普段、なかなか時間が割けなかった家事も一生懸命やって、家と仕事のバランス、心と体のバランスを整えることができています。

 心がワクワクする高揚感や興奮ではなく、心が穏やかになる方向に訴えかける洋服や家具があるように、そういうクルマがあってもいいんじゃないかなと思っていたMX-30開発初期の頃の思いと、今のウィズコロナ時代に求められる心の時代は、奇しくも一致しているのかもしれません。

【プロフィール】
竹内都美子(たけうち・とみこ)/1974年広島県出身。大学卒業後、1997年マツダ入社、電子技術開発部を経て1999年より開発・評価ドライバーとして評価専門チームに異動、マツダ車の総合商品性評価を担当する。2009年車両開発本部、2011年同本部にて新型デミオの開発などに携わる。2015年より商品本部に異動、MX-30の商品責任者(主査)に抜擢され、現在に至る。

●聞き手/河野圭祐(ジャーナリスト)、撮影/山崎力夫

関連記事(外部サイト)