立皇嗣の礼 天皇の「男系男子」維持に重要な意味を持つ

立皇嗣の礼 天皇の「男系男子」維持に重要な意味を持つ

悠仁さまのお誕生日には、父・息子おふたりの写真が公開された(写真は8月10日、東京・港区  写真/宮内庁提供)

 11月8日、秋篠宮さまが皇嗣となられたことを示す「立皇嗣の礼」が行われる。現在、秋篠宮さまは皇位継承順位第1位であるが、一方では「天皇家の長女」である愛子さまを天皇に推す声も大きい。世論調査では約8割が女性天皇を容認している。

 そんななか、立皇嗣の礼が行われることで、「愛子天皇」論に大きな影響があるという。

「立皇嗣の礼は、次の天皇の存在を国内外に示す儀式です。一度、次の天皇をお披露目したにもかかわらず“愛子さまを天皇にします”とするのは、国際的にわかりにくい。そういった意味で、立皇嗣の礼は天皇の『男系男子』維持に重要な意味を持つんです」(皇室ジャーナリスト)

 政府は立皇嗣の礼が終了後、女性天皇・女系天皇の是非を含めた安定的な皇位継承の議論に入るとしている。

「女性天皇容認の世論は大きいですが、男系男子維持を強く望む声もある。菅首相は“男系継承の重みを踏まえる”と発言しており、踏み込んだ議論はしないでしょう。現状、少なくとも悠仁さままでは男系男子を維持できます。

 天皇陛下が高齢となられ上皇陛下のように譲位を決断されたとき、同じくご高齢の秋篠宮さまに譲位されるのか、秋篠宮さまを飛ばして悠仁さまに譲位されるのか。そうした議論が生まれるときにようやく、女性・女系天皇についても踏み込んだ議論が行われるのではないでしょうか」(別の皇室ジャーナリスト)

 将来、懸念されるのが悠仁さまを支える皇族方が少なくなることだ。現行の制度では女性皇族は結婚後、皇室を離れられるため、皇室の先細りは避けられない。そのため、「女性宮家」の創設を望む声も大きい。

「紀子さまは、眞子さまと佳子さまに結婚後も皇室に残って悠仁さまを支えてほしいとお考えだそうです。眞子さま、佳子さまがご結婚される前に女性宮家の創設が認められれば、おふたりは結婚後も皇室に残られる。秋篠宮家の長男を長女と次女が支えるという、盤石な“秋篠宮家体制”が生まれる可能性もあるんです」(前出・別の皇室ジャーナリスト)

 秋篠宮家が「天皇家」になるその日、天皇の血統である「皇統」が変わる。秋篠宮家の誰かが天皇となられた時点で、天皇家の“本家”が移ることになるのだ。

「秋篠宮さまが天皇となられ、女性宮家が創設されて眞子さまが皇室に残られていた場合、『天皇家の長女』は愛子さまではなく眞子さまです。さらにその後、女性天皇が容認されることになれば、眞子さまや佳子さまにも皇位継承順位がつく。愛子さまは天皇家の長女ではないので、“眞子さまや佳子さまは、愛子さまより継承順位が上”というお立場の逆転が起きるのです」(前出・別の皇室ジャーナリスト)

 衝撃的なことに、眞子さまや佳子さまがご結婚前に女性宮家が創設されれば、もし女性天皇が認められたとしても、愛子さまが天皇となられる可能性は限りなく低くなるのだ。

「議論が進んで女系天皇が認められた場合、眞子さまや佳子さまのお子さまは、愛子さまのお子さまよりも継承順位は上になる。秋篠宮家に天皇家が移ることは、そのように末代まで影響する大きな変革であり、その第一歩が『立皇嗣の礼』なのです」(前出・別の皇室ジャーナリスト)

 秋篠宮さまは次男としてお生まれになり、天皇となるための帝王教育を受けておられない。「高齢での即位はできない」と“即位拒否”ともとれる発言をされたこともあったという。立皇嗣の礼は、そんな秋篠宮家に皇統が移ることでもあるのだ。

天皇家と秋篠宮家の橋渡し役に

”誰が天皇となられるのか“は、あくまで制度上の問題だ。だが、「愛子さまと悠仁さまの、どちらが次の天皇にふさわしいのかを問うことになりかねない」(皇室関係者)という、デリケートな話題でもある。そんな秋篠宮家と天皇家の将来を憂慮されているのが、美智子さまだという。

 美智子さまは10月28日、「鎮座百年祭」のため、明治神宮(東京・渋谷区)を参拝された。長くおこもり生活を続けられ、通院のためにようやく外出されたのは9月になってから。その間、原因不明の微熱や手指の震えなどに苦しめられておられたという。

「ご体調不安を押して参拝されたのは、皇室の現状を心配されているからではないでしょうか」(宮内庁関係者)

 その日は、上皇上皇后両陛下だけでなく、天皇皇后両陛下、秋篠宮ご夫妻も参拝された。三家の方々が同日にお姿をお見せになるのは、1月の新年一般参賀以来、実に10か月ぶりのこと。御代がわり前までは上皇陛下と天皇陛下、秋篠宮さまが定期的に会われる「三者会談」の場が持たれたという。

「それは、皇室の融和を願う美智子さまの発案によるものだったそうです。しかし、御代がわり後はそうした場はなくなり、新型コロナの影響もあってなおさら天皇家と秋篠宮家との交流が途絶えていた。

 美智子さまは、皇室の将来を担う天皇家と秋篠宮家のそうした現状に歯がゆい思いもあるのでしょう。ご体調に不安がある中でもご自身がお姿を見せられることで、両家にそんなお気持ちを伝えようとされたのではないでしょうか」(前出・宮内庁関係者)

“次の御代の皇室”は、どんな姿を見せるのだろうか。

※女性セブン2020年11月19日号

関連記事(外部サイト)