江原啓之氏 自殺願望がある人に「言霊を意識して暮らして」

江原啓之氏 自殺願望がある人に「言霊を意識して暮らして」

「人の心は物質的に恵まれていても、それだけで満たされることはない」と語る江原啓之さん

 江原啓之さんと鈴木秀子さんが対談を重ね、「幸せの処方箋」を提示した『日本人の希望』が刊行され話題になっている。江原さんはこの書の冒頭で、これから自殺者が増えるだろうという危惧があると語ったが、今夏以降、自殺者が急増。江原さんの危惧は現実のものとなってしまった。今回、ふたりに改めて、急増する自殺者を防ぐためにいま、何をしたらいいのか、どう考えればいいのかを語ってもらった。

江原:このところ、有名人による自死が続き、動揺している人も多いのではないでしょうか。

鈴木:実は私もちょっとドキッとしました。竹内結子さんのお家は私が暮らしている場所のすぐお向かいなので、こんなに身近な人がと思いまして。でも本当は誰がいつ自ら命を絶ってしまうかわからないのです。自死は決して他人事ではありません。

江原:あんなに恵まれた人がなぜ? と首を傾げる人もいるようですが、それは想像力の欠如であるといえるでしょう。多くの人が竹内さんを見て羨ましいと思うのは、美人だとか、裕福だといった物質的な幸せですが、竹内さんに限らず、どんな人だって外側からは見えない憂いを抱えているもの。人の心は物質的にどんなに恵まれていても、それだけで満たされるということはないのです。

鈴木:それもそうですし、Aさんにとってはなんでもないことが、Bさんにとっては耐えがたいということもあります。ですから、この人の苦しみは軽いとか、重いなどと他人が決めつけることはできないと私は思うのです。

江原:同感です。人の心の体力には個人差があります。では心の体力をどうやって培うのかといえば、さまざまな経験を積むしかないのです。

鈴木:本当にそうですね。幾度も通った険しい山道なら覚悟もあるし、厳しさ加減もわかりますが、初めて山を越えるときはただただ苦しいのみでしょう。

江原:しかも近視眼的になってしまいがちなのです。もっと広い視野で出来事を見つめれば、必ず救いがあるはずなのに……。

鈴木:真面目な人ほど思い詰めてしまいがちなのでしょう。

江原:真面目の定義は難しいのですけれど……。絶対にいま、結論を出さなければと考える人だけが真面目なのではなく、あえて先送りにしようと考える人だって真面目なのでね。「ま、いいか」と流してしまえる人に対して、自死を選ぶ人は融通性に欠けるということはいえるかもしれませんね。

布団に入って体を休めるような感覚で死の床に──

鈴木:私の周囲に飛び込み自殺を図ったものの、幸いにして助かったという青年のお母さんがいます。そのかたによれば、後日、息子さんは「あの頃は本当に疲れ果てていて死のうという気力さえなかった。そんな状態でホームにいて、電車が近づいて来たら、スーッと吸い込まれるようにして飛び込んでいた」と話していたのだとか。

江原:ああ。

鈴木:そのお母さんが「ちゃんと心が目覚めているときは死ぬなんてことはできないのではないか」と言っていたのが印象的です。

江原:私も同じことを考えていました。これは個人的な見解なのですが、三浦春馬さんにしても、竹内結子さんにしても計画的に死んだのではないと思うのです。フッと楽になりたいという発想が脳裏を過り、お布団に入って体を休めるような感覚で死の床に就いたのではないかと。

鈴木:あるいは発作的に「もう何もかもどうでもいい」といった強い感情に襲われ、なんとなく死へ誘われてしまったのかもしれませんね。実は今日、伺ってみたいと思っていたことがあります。

江原:はい。なんでしょう?

鈴木:江原さんは「自殺願望が頭から離れない」という相談を受けたらどうアドバイスしますか?

江原:言霊を意識して暮らしてくださいとお伝えします。「死にたい」と思ったら「生きたい」と口にすることなのです。

鈴木:言葉の力というのは本当に大きくて、自分が言った言葉に心が添っていくということがありますからね。

江原:充分な睡眠をとってエネルギーをチャージしてくださいということも伝えます。けれど人に相談できる人は、おそらく大丈夫なのです。

鈴木:ええ。自死を防ぐために最も有効なのは人に苦しみを打ち明けることだと私も思います。ところがコミュニケーションが苦手だという人もいれば、プライドが邪魔をしてできないという人もいます。

江原:そういうかたがいたら、シスターはどのようにアドバイスをなさるのですか?

鈴木:人に苦しみを打ち明けることがなぜ重要かというと、心を整理することができるからなのです。だとしたら、話す相手は人でなくてもいいわけで。私は神様に打ち明けてみてはどうでしょうかとおすすめするでしょう。私自身も実践していることです。

江原:シスターも悩ましい問題に直面することがあるのですか?

鈴木:もちろん。一難去ってまた一難というのは世の常ですから。とにかく私は礼拝堂へ行き、「今日、こんな悪心を抱いてしまいました」といった反省も含め、愚痴も嘆きも弱音もすべて神様に打ち明けるのです。神様は何時間でも話を聞いてくださいますよ。

江原:確かに。神様の前では清らかな誓い以外はしてはならないと考えてしまいがちですが、そんなことはないのですね。いずれにしても自分の宗教を持っている、つまり神様の存在を信じている人は強いなと感じます。

【相談窓口】
「日本いのちの電話」
ナビダイヤル0570-783-556(午前10時〜午後10時)
フリーダイヤル0120-783-556(毎日午後4時〜午後9時、毎月10日午前8時〜翌日午前8時)

【プロフィール】
江原啓之(えはら・ひろゆき)/スピリチュアリスト、オペラ歌手。一般財団法人日本スピリチュアリズム協会代表理事。1989年にスピリチュアリズム研究所を設立。主な著書に『幸運を引きよせるスピリチュアル・ブック』『予言』『守護霊』『聖なるみちびき』『幸せに生きるひとりの法則』『あなたが輝くオーラ旅33の法則』『人間の絆』など。

鈴木秀子(すずき・ひでこ)/聖心会シスター。東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。文学博士。フランス、イタリアに留学。スタンフォード大学で教鞭をとる。聖心女子大学教授を経て国際コミュニオン学会名誉会長。聖心女子大学キリスト教文化研究所研究員・聖心会会員。主な著書に『今、目の前のことに心を込めなさい』など。

構成/丸山あかね

※女性セブン2020年11月19日号

関連記事(外部サイト)