古代日本における女性 妊娠・出産後も社会的地位を得ていた

古代日本における女性 妊娠・出産後も社会的地位を得ていた

男女とも並ぶ埴輪は、胸のふくらみと頭の髷(まげ)によって女性を表現している 重要文化財 栃木県甲塚古墳出土 6世紀後半 下野士教育委員会蔵

 国立歴史民俗博物館(千葉・佐倉市)で現在開催中の「性差〈ジェンダー〉の日本史」(12月6日まで)展が大きな反響を呼んでいる。都心からやや距離があるにも関わらず、平日でも会場は大勢の来場者でにぎわい、メディアの取材も殺到している。

 同展では、書状や日記などの古文書のほか、埴輪や着物、絵図や絵巻など貴重な史料がふんだんに展示。日本における性差〈ジェンダー〉への認識が、歴史の中でいかに変化していったかを知ることができる。

古代日本では「男女」は意味を持たず、妊娠、出産後も社会的地位を得ていた

 日本の古代史において、最も有名な女性は卑弥呼であることは間違いない。卑弥呼は3世紀に邪馬台国の王として君臨した。ミステリアスな存在として扱われることの多い卑弥呼が、女性ながら一国のリーダーになれた理由について、祈祷や呪術などスピリチュアルな能力に長けていたためだと信じている人も少なくないはずだ。だが、近年の女性史研究では別の面が見えてきている。国立歴史民俗博物館教授の三上喜孝さんが指摘する。

「これまでの研究では、『女性は神の声を聞くことができる』といった特別な能力が、女性リーダーの誕生する条件だとされてきました。しかし近年、スピリチュアルな言動は男女等しく行われてきたとわかってきた。すなわち、卑弥呼は呪術的な能力に優れていたからではなく、政治的な才能に長けていたからリーダーになったと考えられるのです。

 実際に、卑弥呼は中国の魏と外交し、邪馬台国の南にある狗奴国と戦いました。外交や戦争には政治的な手腕が不可欠ですから、単なるおまじないの能力だけでは限界があります」(三上さん・以下同)

 当時の日本列島に存在した「倭国」は、男や女という性差に重きを置かず、男女が平等に政治に参加できる社会だったこともわかっている。

「中国の歴史書『魏志』の倭人伝によれば、倭国の人々は政治の意思決定の場である『会同』と呼ばれる集会に、男女や年齢の区別なく参加していたことが記されています。現存する史料からは、会同の場で参加者たちの合意を得て、政治的能力の高かった卑弥呼を王にしたことが読み取れます。

 当時の中国は男性優位の社会で、皇帝はすべて男だったため、女性が王になるのは信じられないこと。そのため、こうした経緯をわざわざ歴史書に記録したのでしょう」

 続く古墳時代にも、女性リーダーが数多く存在したことが古墳に埋葬された人骨や副葬品などからわかる。特に古墳時代前期(4世紀)は首長の3割以上が女性だったと考えられる。男性リーダーと女性リーダーが分け隔てなく併存する時代で、性別が政治参加へのハードルになることはなかったのだ。

 三上さんが「当時の女性像を知るための重要な発見」と指摘するのが、熊本県宇土市の向野田古墳だ。この古墳は全長90mの前方後円墳で、後円部中央の竪穴式石室から、数多くの副葬品とともに30代と思われる女性の人骨が見つかった。注目すべきは、女性の骨盤の一部に「妊娠痕」が見られたことだ。

「卑弥呼の“スピリチュアルな能力”が重要視されていたかつては、『未婚で子供を産む前の女性は神聖であり、だから神の声を聞ける』というイメージがありました。しかし向野田古墳に埋葬された女性には妊娠痕がある。子供を産み、しかるべき年齢になっても、社会的な経験を積んでリーダーとなり、人々から尊重されていたことを知ることができます」

 つまり、古代では妊娠、出産を経験した女性も社会の重要なポジションについていたのだ。「女性の活躍」を国が掲げながらも、妊娠、出産が女性のキャリア形成にブレーキをかける現代人には見習うことが多い。

 その後、古墳時代から飛鳥時代、奈良時代へと移る6世紀から8世紀にかけては、8代6人の女性天皇が存在した。

「女性天皇に関しても、以前は、次の男性天皇を擁立するまでの“中継ぎ”との考え方が支配的でした。しかし最近は、その当時、皇位継承の候補者の中で男女を問わず優れた人物が天皇になったとの説が有力になっています」

 性差にこだわりがなかった古代日本にとって大きな転機となったのが、7世紀から8世紀にかけて取り入れた中国の法律体系である「律令」だ。

「当時の日本は国家統一のため、圧倒的に優位だった中国の文化や制度を取り入れました。そのうちの1つである『律令』は男性優位の法体系です。君主である天皇が国を統治するために男と女を分けて区分する必要があったのです」(横山さん)

 新たに形成された律令国家では、全国的な「戸籍」が初めて作られ、庶民一人ひとりが「男」か「女」で登録された。また天皇に仕える人々も、男性は「官人」、女性は「宮人」と分けられた。

 突然、社会的、行政的なルールとなった性差は、時間をかけて社会に浸透していった。国立歴史民俗博物館(千葉・佐倉市)の教授で、「性差〈ジェンダー〉の日本史」のプロジェクト代表を務める横山百合子さんは、こう話す。

「古代より日本は男と女を区別しない時代が長かったので、律令を導入してもすぐに男性優位の社会になったわけではありません。奈良時代には聖武天皇が『男女が並んで仕えるのが道理だ』との詔を発し、男女とも等しく奉仕することを求めました。実際のところ、宮人も朝廷で活動していましたし、地方には女性の豪族がいたこともわかっています。

 しかし、時代を経るとともに徐々に社会の男性優位は進み、行政の場から女性が排除されていきました」(横山さん)

 平安時代になると、女性は行政の表舞台から姿を消す。宮廷において一定以上の身分の女性は「御簾」の中に隠れることとなった。この時代の貴族社会における「女の幸せ」を著したのが女流作家の清少納言だ。

 一条天皇の皇后、藤原定子に仕えた清少納言は『枕草子』の中で、「官位よりもすばらしいものがあるだろうか」と記している。男性は官位が上がるとともに社会的なステータスを得ることができたが、女性が高い官職につくのはまれだった。世間では安定した地位を持つ夫と裕福に暮らすことが「女の幸せ」というが、自分が産んだ姫君が皇后になることこそが最高の幸せではないかと清少納言は語った。

 このように律令の導入により女性の幸せが「妻」「母」として得るものへと変化したことを展示プロジェクトの一員である東京大学史料編纂所の伴瀬明美准教授は指摘している。子供を産み家庭を守るという現代にもつながる「女の幸せ」の基本形は、1000年前にできたのかもしれない。

撮影/矢口和也

※女性セブン2020年11月19日号

関連記事(外部サイト)