江戸幕府、女性の職業上身分を認めず「職人は男」の通念生む

江戸幕府、女性の職業上身分を認めず「職人は男」の通念生む

青森県南部地方で大正期まで使用されていた掛布団(どんじゃ 19〜20世紀 青森県南部民俗資料 アミューズミュージアム/田中忠三郎コレクション Amuse Museum,Collection Of Chuzaburo Tanaka)

“男女”の区分の歴史を振り返った国立歴史民俗博物館(千葉・佐倉市)の企画展示『性差〈ジェンダー〉の日本史』(12月6日まで)が注目を集めている。現代に至るまでの長い歴史のなかで、日本における「性差」の認識は変化してきた。同展では、古文書や絵巻など貴重な史料が多く展示され、性差の変遷を知ることができる──。

 古代の日本では、「男女」というものが意味をなさなかったという。男性も女性も多様に活躍し、妊娠・出産を経た女性が社会の重要なポジションに就くことも当たり前だった。しかし、その状況は、7世紀から8世紀にかけてガラリと変わる。契機となったのは、中国から取り入れられた律令だ。律令は男性優位の法体系であり、日本人もここで性差を認識するようになっていったのだ。

女性が他人に髪を結われることが処罰対象に

 律令によって、「性差」は民間の人々の暮らしにはどのような影響を与えたのだろうか。

 中世において、女性たちは幅広い分野の職についていたと考えられる。

 1500年頃に描かれた絵画史料である『七十一番職人歌合』は、142種類におよぶ仕事を紹介しているが、そのうち男性が108種、女性が34種で女性が約4分の1を占めている。この絵画のみが当時の実態を示すわけではないが、中世の女性たちがさまざまな職業で活発に働いていたことは、多くの資料に残されている。

 だが、時代が近世へと移ると、プロの働き手である「職人」から女性が姿を消す。国立歴史民俗博物館の教授で、「性差の日本史」のプロジェクト代表を務める横山百合子さんはこう言う。

「江戸時代は、同じ職業に携わる者がグループをつくり、幕府への奉仕などの役割を負う代わりに職業が身分として保障されていました。そのグループのメンバーは家の戸主である男性に限られ、女性は認めないというのが原則でした。

 19世紀初頭に老中、松平定信の命によって鍬形寫ヨが描いた『近世職人尽絵師』では、103種の職人のほとんどが男性で、女性は遊女や売女など、性的サービスの提供者以外は含まれませんでした」(横山さん・以下同)

「女髪結」も国の方針によって奪われた職業の1つである。江戸時代前半頃までの女性の髪形は、背中に長く髪を下ろした下げ髪が主流だったが、17世紀末以降に結い上げるようになり、18世紀半ば頃に女性が女性の髪を結う「女髪結」という職人が登場した。女髪結たちは、「ふけ取り3年」と表現されるように櫛を使ってていねいにふけを落とすところから修業を始め、さまざまなヘアスタイルを結えるように腕を磨いた。幕末には、江戸の女髪結は1400人以上いたとされる。

「幕府は女性が技術を磨いて職業とすることを想定せず、一貫して女髪結の営業を禁止して、取り締まりの対象としました。現実には見て見ぬふりをすることもありましたが、1830年から始まった天保の改革で取り締まりを強化し、女髪結と、結われた女性には罰金や手鎖が科されました。さらに、女髪結の親と、結われた女性の親まで『しつけが悪い』と処罰されたほどです。
 この時代に江戸北町奉行だった遠山景元(遠山の金さん)は、『女髪結は貧しい庶民の仕事。全部捕まえるのはかわいそうだ。目立つ者だけでよい』といった配慮をして、江戸の庶民から敬愛されたという話もあります」

 女髪結に限らず、幕府は女性に対して職業上の身分を公式に認めなかった。こうした時代を経て、「職人といえば男」という通念が生まれ、後世へと引き継がれていった。

 一方で、現代には引き継がれなかった通念もある。

「江戸時代の子育てや介護は、当主である男性の責任でした。親の介護は忠孝の『孝』の中でもいちばん大切なことなので、家来の武士が介護休暇を申し出たら、大名は断るわけにはいきません。一家の主が堂々と介護休暇を取れた時代だったのです」

 男性は社会的な活躍と同時に、家の中では「頼れる息子」でなければならなかったのだ。

※女性セブン2020年11月19日号

関連記事(外部サイト)