日野市の橋で手抜き工事発覚、田舎の小さな話と侮るなかれ

日野市の橋で手抜き工事発覚、田舎の小さな話と侮るなかれ

耐震補強工事で必要な鉄筋が使用されなかったことが明るみに出た緑橋(東京都・日野市)

 橋梁の耐用年数はおよそ50年と言われており、2023年に日本全国の橋梁のうち43%(約17万1千橋)が50年を超えるという試算を国土交通省が明らかにしたのは6年前のことだった。その後、全国で橋梁の寿命を延ばすための工事が行われているのだが、その一環ともいえる日野市の耐震補強工事で致命的な手抜きが行われたと報じられた。問題の「緑橋」が生活圏内にある、俳人で著作家の日野百草氏が、緑橋を渡る人、普段から利用する人たちの様子をたずねた。

 * * *
「交通量も多いし、大型車はこの橋を使うことが多い、本当にどうするんでしょう」

 中央道を跨ぐ緑橋の近くに住むという子育て中の女性は心配そうにフェンス越しの橋を覗く。橋を渡ってすぐに日野台二丁目の交差点のため、橋上で詰まったダンプやトラック、園児を載せたバスが赤信号のたびに連なる。

 緑橋は今年2月、3度目の財政非常事態を宣言した東京都日野市の北部、中央自動車道上に掛かる市道である。猛スピードで行き交う橋下の高速道が嘘のように橋上はのどかなもの。

しかし、そんな日常なにげなく使うような橋の柱に、じつは鉄筋が入っていなかったとしたらどうだろうか。

「手抜きなんですか、ありゃー、じゃあコンクリだけで支えてるの?」

 散歩の途中だという老人は報道を知らなかった。

「いま渡ってきたところだよ、怖いね」

 老人は苦笑い。私も知らなければこんな50mほどの橋、渡るのになんともないどころか気にもとめないだろうが、この事実を知らされてからはなんとなく怖い。

「どうりでなんか揺れると思った」

 別の老人が話してくれたが、橋が揺れるのは当たり前で気のせいとはいえ気持ちはわかる。ある日突然、何気なく使っていた橋が、とんでもない手抜き工事による欠陥橋だと知ってしまったのだから。

地震があったらどうするんですかね

 緑橋は発注者であるNEXCO中日本(中日本高速道路株式会社)の検査で、橋台に鉄筋が入っていない強度不足と判明、11月4日に施工不良の事実を発表した。私は家を購入して以来、もう10年以上日野市に住んでいる。市役所のほうなので北部にはあまり来ないが、車を使えば10分もない場所である。ある日突然、何気なく使っていたインフラ、それも橋に欠陥が見つかる恐怖。緑橋のあたりは日野駅から1kmほどだが日野台地の勾配が延々続く土地なので車社会である。他にも小さな橋はあるがこの緑橋を使って甲州街道まで出たほうが楽なので車が集中する。さらに北はすぐ谷地川、多摩川で高速道と川に挟まれているため南北いずれに行くにせよ橋を渡る必要がある。

「あの橋は子どもたちも使うからね、トラックもいっぱいだし」

 新興住宅街でもあるこの地域は真新しい一戸建てが多い。保育園や幼稚園も点在する。さきほどの幼稚園バスだけでなく、日野自動車本社や工業団地も近くトラックの往来も多い。いつもなら何でも無い光景も、大型トラックで橋が埋まるとヒヤヒヤしてしまう。

 自転車でやって来た会社員の男性(41歳)は、ネットでニュースを知って見に来たという。

「鉄筋が入ってないなんて、地震があったらどうするんですかね」

 耐震補強のはずが配力鉄筋もなくコンクリートを打たれた。笑えない話だが、このままでは地震以前の問題だろう。

 そもそもこの緑橋、よく見ると左右で桁の古さが違う。実はこの橋、1966年に造られた古い小橋に一車線分を横に継ぎ足した形で新生「緑橋」となった経緯がある。少し前まで二車線なく歩道すら無い、みんなで譲り合って渡った橋だった。老朽化もあってかなかなかの難工事で、2018年ごろだったか、いつまでも工事をしていた記憶がある。

 その工事で手抜きがあった。犯人は元請けか、それとも下請けか ―― 。

 しかし本稿は手抜きの犯人探しが主題ではない。問題はある日突然、日常のインフラにとんでもない欠陥があったらという災難に、もはや日本中の誰しも巻き込まれる可能性のある国になりつつあるということだ。決して大げさでも、日野市だけの問題でもない。私たちは日本の公共事業の、建築モラルを信じてきた。誇っていたと言ってもいい。しかしそんな技術国家日本は大きく崩れようとしている。昔に比べて壊れやすくなった日本の電化製品、信頼性の低いIT機器。かつて日本の家電は10年20年平気でもった、国産PCやガラケーの信頼性は高かった、それなのに ――。それと同様のことが、ついにインフラにまで及ぼうとしている。

「市の発表見ました? これ」

 男性がスマホで見せてくれた日野市の発表は「中日本高速道路株式会社の発表のとおり、通常時の安全性には支障はないと判断しております」だった。NEXCO中日本は「通常時の安全性には支障はありません」「高速道路を安心してご利用いただくため、速やかに再施工、調査を進めてまいります」としている。NEXCO中日本側からすれば高速道路の安全のみを考えるのは致し方ないが、この橋は高速路の橋というわけではない。橋は市道で、橋を渡っているのは一般道の車であり、バイクや自転車、そして歩行者だ。市の直接的な責任ではないとはいえ、NEXCO中日本が言うならそうなのだろうという態度でそのまま市民に伝える日野市の姿勢は解せない。施工したばかりだというのに橋台のひびは1.6m。他にも小さなひびがある。本当に「安心」なのか。

「元請けの手抜き工事なんですね。下請けが告発したとか」

こんな橋、どうせいっぱいあるよ

 それにしても、あるはずの鉄筋8本はどこに消えたのか。NEXCO中日本の払いが悪いのか、元請けの払いが悪いのか、払いが悪いから下請けが手抜きをしたのか。あるいは指示があったのか。事件は損害賠償請求に発展しそうだが、元請け、下請けの手抜きだけでなく、NEXCO中日本は本当に必要な金を払ったのか、この三者の間に何もしていない中抜きという名の「泥棒」がいるのではないか。近年の日本のものづくりは、ものをつくる人たちに金が届く前に、ものを作らない「泥棒」が掠め取っていく構図が常態化している。万引きが泥棒であるように、中抜きも泥棒である。アベノマスク、 特別定額給付金、持続化給付金で暗躍したその「泥棒」たちが問題になったことは記憶に新しい。

「何かあったらどうするのかね、命の問題なのに」

 声をかけた別の初老の女性が顔をしかめる。建築、土木といったインフラの手抜きの恐ろしさは人命に直結することだ。同じ中央道、9人が亡くなった8年前の笹子トンネル天井板落下事故は老朽化が主因だが、間接的には12年間ボルトの状態を確認しないという点検作業の手抜きも遠因にあった。24時間休まず多数に利用されるインフラ、日々現場で尽力する人々を思えばミスをするなとは言えないが、彼らと関係ない連中の中抜きによる事故で死者が出たら言語道断だろう。

 今年7月、中国の大手ポータルサイト「百度」に「日本で『豆腐渣工程』がないのはどうしてだ」という記事が載ったばかりだ。中国のとんでもない工事は常に世界の笑い話として提供されている。『豆腐渣工程』とは豆腐のかす”おから”のことで、まさしく”かす”のような手抜き工事のことを指す。主因は技術不足、法整備の遅れだが、遠因には役人や仲介者に対する賄賂による中抜きがひどくて満足に現場に金が回らないという事情がある。前者はともかく、報じられる下請けの告発が正しいなら、後者は今回の緑橋の件とまるで同じ構図である。せっかく中国が「日本は凄い」と感心している記事なのに、その4ヶ月後にこれでは気恥ずかしい。

「こんな橋、どうせいっぱいあるよ」

 自転車で通りかかった高齢男性がそう言って橋を振り返る。彼の予想通り、同じ元請けが工事をした中央道各所の橋にも疑惑があり、NEXCO中日本は再調査を始めた。手抜き工事の発覚は、今後さらに拡大する恐れがある。

 小さな橋の話だが、日本全体のインフラが抱える問題が露呈した形だ。少子化と建設現場の人材不足、コロナ禍、そして中国と変わらない中抜きという名の「泥棒」によって日本中の建設業界に悪慣習が蔓延している。インフラの怠慢はローマの時代から国家の弱体化につながる。いや弱体化ゆえの怠慢か。日本は確実に衰えている。それでもオリンピックは強行するという。国民のためか、泥棒のためか。

 緑橋はひびなどを応急補修した上で未設置鉄筋の再施工を実施するという。

「迂回は面倒だから通るけど、なんだか嫌ね」

 冒頭の子育て中の女性の言葉、インフラに対する不信の積み重ねが社会を不安定にする。身近な日常だからこそ社会を不安に陥れる。老朽化を迎える道路や橋、ビルやマンション、公共施設 ―― いま全国の建設、インフラで起こっている問題は日本の国力の減退とともに、私たちの安全を脅かす存在になろうとしている。技術をもった現場の人手は足りないのに、中抜きの泥棒は減らない。後者がのさばる昭和的悪習を絶たねば、多くの市民の命を危険に晒すような中国レベルの事故が頻発する二流国に転落するだろう。

 田舎の小さな話と侮るなかれ。国の破綻は、こんな小さな橋から始まる。

●ひの・ひゃくそう/本名:上崎洋一。1972年千葉県野田市生まれ。日本ペンクラブ会員。出版社勤務を経てフリーランス。2018年、評論「『砲車』は戦争を賛美したか 長谷川素逝と戦争俳句」で日本詩歌句随筆評論協会賞奨励賞を受賞。近刊『誰も書けなかったパチンコ20兆円の闇』(宝島社)寄草。近著『ルポ 京アニを燃やした男』(第三書館)。

関連記事(外部サイト)