江原啓之×鈴木秀子対談 コロナで「学びの時間与えられた」

江原啓之×鈴木秀子対談 コロナで「学びの時間与えられた」

「心の成長は一日にしてならず」と語る江原啓之さん

 スピリチュアリストの江原啓之さんと聖心会シスターの鈴木秀子さんによる対談本『日本人の希望』(講談社)が話題だ。“幸せの処方箋”を提示するこの本の冒頭で江原さんは、これから自殺者が増えるだろうという危惧を語ったが、今夏以降、自殺者が急増。江原さんの危惧は現実のものとなってしまった。

 いま、自殺を防ぐにはどうすればいいのか、江原さんと鈴木さんに改めて対談をしてもらった──。

鈴木:自殺を考える人の多くが、誰かと自分を比べて絶望的な気持ちになっているようですが、自分を卑下するのは神様に対してとても失礼なことです。なぜなら人は皆、神様の自慢の作品であり、一人ひとり違うようにできているのですから。バラが桜を羨んで落ち込んでいたら、誰もが「馬鹿だなぁ、バラだって美しいのに」と思うでしょう。人も同じです。

江原:おっしゃる通りだと思います。

鈴木:聖書によれば、命というのは神様の愛の溢れとして与えられたもの。生きているということは神様の愛が注がれているということなのであり、命は私たち人間が持っているものの中で最も尊いものです。

江原:地位や名誉や財産に執着していると本質的なことを見失ってしまいがちですね。

鈴木:ノーベル文学賞を受賞したノルウェーの小説家、ビョルンソンが書いた『父親』という作品があります。ご紹介したいのですがよろしいでしょうか?

江原:ぜひ、お願いします。

鈴木:非常に裕福なひとりの男性のもとに息子が生まれ、教会へ洗礼を受けに行くと、司祭は「この子があなたの祝福となりますように」という言葉をあげます。男性は息子を慈しんで育て、息子もまた父親の期待に応えて立派な青年へと成長しました。ところが息子は不慮の事故で船から湖へ転落し帰らぬ人になってしまうのです。父親は嘆き悲しみ、家に引きこもってしまいます。

 それから1年ほど経った頃、ひどく老け込んでしまった父親が教会へ向かう姿がありました。彼は家屋敷を処分したお金を司祭に差し出し、「このお金を恵まれない人のために使ってほしい」と告げます。すると司祭は「とうとうあなたの息子はあなたの祝福となりましたね」と言い、男性も「つらかったけれど、いまでは私もそれを信じています」と伝えるという物語です。

江原:どんなに深い悲しみも越えて生きていくことが私たちの使命だという教訓を得るとともに、愛する人に先立たれてしまったかたにとって救いとなるお話ですね。

鈴木:私はこの短い小説の中に、人間のあるべき姿が描かれていると思うのです。先ほど江原さんが自殺する人の特徴として物事を近視眼的に捉えていると話しておられましたけれど、いまだけを見つめて落ち込むのは愚かしいこと。そのときには試練でしかなくても、あとになってみたら、たとえば大病をしたから健康に気遣うようになったというように、あれは神様からの祝福だったのかと気づくことがあります。

お互いに支え合いみんなで「おかげ様で」と言おう

江原:コロナはない方がよかったけれど、人と自分を比べることから卒業し、自分は自分だと考えを改めるよき機会となりました。

鈴木:そうです。私は「コロナ禍」という言葉に違和感を抱きます。「禍」ではなく、学びの時間を与えられたと捉えなければ。

江原:「おかげ様で」という気持ちで生きることの大切さをひしひしと感じますね。

鈴木:自死を考える人には「おかげ様で」という発想が抜け落ちているのでしょう。そればかりか非常に自己中心的です。自分が自死を図れば、周囲の人がどれほど苦しい思いをするのかを想像して思いとどまってほしいです。

江原:自分はひとりで生きているわけではないという点に着目して「おかげ様でご飯を食べました」「おかげ様で大人になれました」と綴る「おかげ様で」をテーマにした手紙を書けば、死にたいなんて気持ちは吹き飛んでしまうことでしょう。

鈴木:そうして誰かのために生きようと決めることが大事なのです。私が好きなアメリカの詩人、エミリー・ディキンソンの作品に『一羽の小鳥を癒しなば、我が人生に悔いあらじ』というものがあります。ましてや誰かの助けになれたら人生はどれほど充実することでしょうか。それは笑顔で接する、「おはよう」「ありがとう」と声をかけるといった小さなことでよいのです。お互いに「おかげ様で」と伝え合いながら生きていくことで人生を輝かせていきたいものですね。

江原:日本人は結果を急ぐ傾向にありますが、心の成長は一日にしてならず、ですね。

鈴木:そうです。昨日より1oでも成長していたら、自分の成果を認めて、今日という日を無駄にしなかったと満足して眠る。それを繰り返していれば、いつか訪れる永眠にもスーッと気持ちよく入っていけます。

江原:どの道、いつかお迎えがくるのですから、今日も生かされていることに感謝して、精一杯に生きていきたいものですね。

鈴木:ええ。いま、苦しみの最中にいるかたも、「おかげ様で、おかげ様で」と言って歩み続けていれば大丈夫。必ず心穏やかな日常が戻ってきます。

江原:今日は素晴らしいお話をありがとうございました。

鈴木:こちらこそ有意義な時間に感謝します。

【プロフィール】
江原啓之(えはら・ひろゆき)/スピリチュアリスト、オペラ歌手。一般財団法人日本スピリチュアリズム協会代表理事。1989年にスピリチュアリズム研究所を設立。主な著書に『幸運を引きよせるスピリチュアル・ブック』『予言』『守護霊』『聖なるみちびき』『幸せに生きるひとりの法則』『あなたが輝くオーラ旅33の法則』『人間の絆』など。

鈴木秀子(すずき・ひでこ)/聖心会シスター。東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。文学博士。フランス、イタリアに留学。スタンフォード大学で教鞭をとる。聖心女子大学教授を経て国際コミュニオン学会名誉会長。聖心女子大学キリスト教文化研究所研究員・聖心会会員。主な著書に『今、目の前のことに心を込めなさい』など。

構成/丸山あかね

※女性セブン2020年11月19日号

関連記事(外部サイト)