恋愛相談で「脱北せよ」 ジェーン・スーのトークショー大盛況

恋愛相談で「脱北せよ」 ジェーン・スーのトークショー大盛況

1時間にわたって女性たちのお悩みにズバッとアドバイスを送っていたジェーン・スー氏

 少し寒さを感じる11月の夜、歴史ある日本橋のど真ん中では軽妙なトークで世の女性の悩みを解決する“パーソナリティ”と、マスク越しでも聞こえる“リスナー”の女性たちの大きな笑い声が響いていた――。

 9月25日から11月8日まで日本橋三越本店・本館の屋上で、期間限定で開催されたファッション誌『Oggi(オッジ)』プロデュースによる働く女性のための公園「Oggi Park」。期間中はステイホームを楽しく過ごすためのセルフメンテナンスヨガ講座が行われたり、フードコートには老舗名店の味が楽しめるお店が出店されたりと、歴史ある場所での新たな試みを楽しもうと連日多くのOLたちで賑わいを見せた。

 そして最終週となる11月6日には、コラムニストやラジオパーソナリティとして活躍するジェーン・スー氏による最新刊『女のお悩み動物園』(小学館)の出版記念トークショー「あなたのお悩みに答えます!」を開催。

 冒頭のようにさながらジェーン氏の人気ラジオ番組『ジェーン・スー 生活は踊る』(TBSラジオ)の公開収録のような雰囲気で、多くの女性ファンが詰めかけた。

 ジェーン氏は自身の最新刊について「『女のお悩み動物園』は悩みを抱える様々な女性の特徴を16種の動物に例えて分類し、それらの向き合い方や解決法について述べる本にしました。“こんな女、いるよね〜、ウケる!”と笑うのではなく“私にもこんな一面あるかも”と思いをめぐらせながら読む、かつて流行った“動物占い”の本のような感覚で読んでもらえたらと思います」と話した。

 イベントでは事前に寄せられていたお悩みアンケートをもとにトークを展開。鋭い回答でズバズバ悩みを斬っていくなかで特に会場が沸いたのがこの質問だった。

「実は同じ会社で働く元彼のことが忘れられずモヤモヤしています。その元彼はとても楽しい男性ですが、付き合っていたころからなんとなく他の女性の影がチラついており、このまま想いを寄せていてもこの恋が叶うことはなさそうです。私は一体、どうしたら良いでしょうか」

 このお悩みに対し、ジェーン氏は「はい、これはもう転職しかありません!」とバッサリ。

「恋愛においては、どうしてもクセのある男性の方が中毒性が高いものです。その男性のために何かを我慢した、疑ったりした、そういった繰り返しの行動や、それにまつわる全ての記憶が、ぐつぐつと煮えたぎって執着を生み、心の負債となるのです。

 この場合は物理的に距離を置くしかありません! とはいえ距離を置いたところで忘れた頃にチョッカイを出してくるのがこの手の男性の特徴でもあります。逃げましょう。これはもう脱北と同じです! “なんとなく他の女性の影がチラついている”男性は影ではなく間違いなく生身の女がいる場合が多い。ぜひ離れましょう!」

 男性から距離を置くことを「脱北」と表現するこのセンスには会場の女性たちも大爆笑。しかし、その後の解説には多くの人が「うん、うん」と頷きながら聴き入っていた。

 最後に「自分で自分を幸せにする、これぞ人生における唯一の使命なのではないでしょうか。その悩みをどう解決するかも自分次第です。真面目に生きていれば悩んで当然です。本書に書かれた誰かの悩みがあなたの悩みを解決するヒントになりますように」と締めてイベントは大盛況のなか終了した。

 トークショーに参加した都内の企業に勤務する30代の女性会社員は感想をこう語った。

「ジェーンさんのラジオが好きで応募したのですが、ナマで聴くテンポの良さは最高でした。ジェーンさんのお悩み相談は厳しい回答の時もありますが、悩んでいる女性たちに愛を持って回答してくれている。コロナで漠然と不安な毎日を過ごしていますが、少し明るい気持ちになることができました」

 新型コロナウイルスのなかでイベントの開催には細心の注意が必要な時代となり、このイベントも参加者はマスク着用の上、座席もソーシャルディスタンスを取って行われていた。しかし、女性の悩みについて会場が一体感を持って真剣に考える様子は“心の距離”の近さを感じさせる熱い一夜だった。

?

関連記事(外部サイト)