NYで弁護士目指す小室圭さん 眞子さまと結婚するための抜け道となる「肩書」

小室圭さんには眞子さまと結婚するための抜け道となる『肩書』があると弁護士が言及

記事まとめ

  • 小室圭さんが弁護士試験に合格しても、ニューヨークでは弁護士が飽和状態となっている
  • 外国の弁護士資格では日本で弁護士として働くこともできないが、抜け道があるという
  • 外国法事務弁護士として登録できれば、日本の弁護士事務所で国際仲裁事件を受け持てる

NYで弁護士目指す小室圭さん 眞子さまと結婚するための抜け道となる「肩書」

NYで弁護士目指す小室圭さん 眞子さまと結婚するための抜け道となる「肩書」

代理人弁護士は「小室さんは国民の理解を得られるよう、積極的に動いてきた」と言う(撮影/黒石あみ)

 秋篠宮さまが皇位継承順位第1位の「皇嗣」となられたことを示す「立皇嗣の礼」が11月8日に行われた。これで、秋篠宮ご一家は「皇嗣家」としての道を歩み始めたが、一方で誰もが気にかけるのが、長女・眞子さまの結婚問題だ。婚約内定者の小室圭さんはまだ学生。このままでは、経済基盤の安定しない状況のままでの結婚となる。しかし、小室さんはそれを覆す“未来絵図”を描いているのでは──そんな声が上がる。

 米ニューヨーク州在住のある弁護士は、次のように言う。

「ニューヨークでフォーダム大学ロースクールに通う小室さんは、2021年5月に博士課程を修了、7月にはニューヨーク州の弁護士試験を受験予定です。合格すれば、卒業後、1年ほどで弁護士になれる。アメリカの司法試験は日本より易しく、合格率は7割以上です。小室さんの語学力であれば“余裕の合格”では」

 しかし、弁護士として働き始めるハードルは高い。

「ニューヨークでは弁護士が飽和状態。新人弁護士がいきなり開業するのは現実的でなく、まずは所属する弁護士事務所を探さなければなりません。新人が大手事務所に入るのは至難の業ですから、中堅どころの事務所からのスタートになるでしょう。年収は約500万〜700万円のはず。物価の高いニューヨークでは、やっとまともなひとり暮らしができる程度です」(前出・ニューヨーク州在住弁護士)

 仮にそうした現実を跳ね返し、大手事務所所属の「高給弁護士」となったならば、それこそ“皇室利用”の疑念の目が向けられかねない。昼夜を問わず勉強に励んでも、眞子さまとの“ニューヨークふたり暮らし”は夢のまた夢……しかし、小室さんに残された「抜け道」があるという。銀座さいとう法律事務所の齋藤健博弁護士が語る。

「通常、外国の弁護士資格では、日本で弁護士として働くことはできません。ですが、資格を取得したニューヨーク州にかかわる案件だけを扱う『外国法事務弁護士』であれば、小室さんも日本で活躍することができるでしょう。

 外国法事務弁護士として登録できれば、日本の弁護士事務所で、多国籍企業のビジネストラブルなど国際仲裁事件を受け持てる。限定的な分野ながら需要は大きく、弁護士の平均年収よりも稼ぎの多い人がざらにいます」

 外国法事務弁護士として登録されるには資格を取得した州での2年の経験を含む3年以上の実務経験が必要だ。しかし、それさえ乗り越えれば、晴れて眞子さまと、さらには母・佳代さんと、日本で暮らすことができるわけだ。

「小室さんがパラリーガルとして働いていた『奧野総合法律事務所』は、小室さんが弁護士資格を取得し帰国した後も、勤務するものと見込んで支援を重ねてきた」(皇室関係者)という。それも、小室さんの“キャリアプラン”の後押しになるのだろうか。

 今回、小室さんの代理人弁護士は本誌・女性セブンの取材に「小室さんは国民の理解を得られるよう、積極的に動いてきた。いまも眞子さまとの結婚の意思は変わりません」と語る。しかし、別の宮内庁関係者は苦言を呈す。

「秋篠宮さまが求められたのは、高額な収入でも、肩書に箔を付けることでもありません。金銭トラブルの解決に向け真摯な姿勢を見せ、国民の祝福を得ることです。ですが、小室さんは肩書を得られれば国民の理解と祝福を得られると思っているように感じられてなりません」

※女性セブン2020年11月26日号

関連記事(外部サイト)