冬のボーナス泣き笑い「トヨタはレクサス好調で満額」「シャープはマスク売れたのに苦戦」ほか

冬のボーナス、自動車業界や電機業界は泣き笑い シャープはマスク売れたのに苦戦

記事まとめ

  • 今冬のボーナスはコロナの影響が反映されトヨタは満額支給に、三菱自動車は2割以上減
  • シャープは見通しは明るくなく、パナソニックは大幅減益、ソニーは業績が良いという
  • 菅義偉首相が携帯料金の値下げを要求し、ドコモ、ソフトバンク、KDDIは今後厳しいよう

冬のボーナス泣き笑い「トヨタはレクサス好調で満額」「シャープはマスク売れたのに苦戦」ほか

冬のボーナス泣き笑い「トヨタはレクサス好調で満額」「シャープはマスク売れたのに苦戦」ほか

ブランド戦略が進むトヨタはやはり強い

 今冬の各企業のボーナスは、一にも二にもコロナの影響が反映される。巨額の赤字を出している航空業界や旅行業界が厳しいことは誰の目にも明らかだが、影響の見えにくい業界、あるいは業界内のライバル同士でも様々な要因で明暗が分かれている。『週刊ポスト』(11月16日発売号)では主要企業の冬のボーナスを総力調査して詳報しているが、それに先立って「微妙な業界」の内情をお伝えする。

 自動車業界は各社事情がまちまちのようだ。トヨタは「中国さまさま」だという。法政大学大学院政策創造研究科教授の真壁昭夫氏はこう分析する。

「コロナの影響はあったはずですが、高級車『レクサス』が中国で販売好調です。中国政府がハイブリッド車を低燃費車と認めて優遇策を取ることを決めたこともあり、トヨタはハイブリッド技術を輸出できるようになった。今後も業績見通しは明るいですね」

 トヨタはボーナスを通期で交渉するため、すでに夏冬合計6.5か月と決まっているが、もちろん引き下げなどはなく満額支給になる。逆に中国経済の影響で冬のボーナスが2割以上減ることが決まったのが三菱自動車だ。

「三菱は国内の業績も芳しくありませんが、一時期の中国の景気低迷で、もともと強かった東南アジアでも売れ行きが落ちたことが痛手でしたね。その他、ホンダは通期で黒字見通しと頑張っている一方、ゴーン元会長のスキャンダルでブランドイメージが落ちた日産も厳しそうです。自動車業界は各社各様ですね」(真壁氏)

 もっとも、王者・トヨタにとって心配なのが「バイデン大統領」だという。『経済界』編集局長、関慎夫氏の指摘だ。

「バイデン氏は、自分が大統領になったら温暖化対策のパリ協定に復帰すると公言していて、今後はアメリカで排気ガス規制が強化されることが予想されます。トヨタはハイブリッドが大きな財産ですが、これが環境対応車と見なされなくなるおそれがある。もちろん同社もEV(電気自動車)や燃料電池などに取り組んでいますが、過去の成功があるだけに、切り替えには他社より時間がかかるかもしれません」

 自動車同様、会社ごとに事情が大きく異なるのが電機メーカーだ。すでにシャープは夏のボーナスを大幅カットしたが、冬も見通しは明るくないようだ。消費者から見ると、シャープはコロナ禍に素早く対応して「マスク」を大ヒットさせたこともあり、技術力や機敏な経営戦略を示したようにも見えたのだが、なぜライバルの後塵を拝したのか。

「電機業界には、コロナによって“テレワーク特需”が起きました。パソコンや情報機器を主力にしているところはそれで潤った。ところが、シャープはそうした分野はそれほど強くなく、携帯電話の液晶やテレビなどの家電が中心。コロナの影響で携帯の売り上げは落ちているし、東京オリンピックが中止になってテレビの買い替え需要も当てが外れました。

 この業界では、パナソニックは国内需要の低迷で大幅減益になっている一方、ゲーム部門を持つソニーは業績が良いなど、事業の構成に大きく左右されています」(関氏)

 シャープに取材すると、「弊社のボーナスは信賞必罰で、部門の業績と個人の評価で上がる社員もいれば下がる社員もいます。全社でどうなるという話はできないのですが、会社全体としてコロナの打撃を受けているので、その影響がないとは言えないと思います」(広報担当)とのこと。

 そのシャープにとって、コロナと並んで気になるのが、事業パートナーである携帯電話業界を襲う「菅ショック」だ。

「菅義偉・首相が新政権の目玉政策として携帯料金を下げろと要求しており、これが今後、携帯大手の業績に影響を与える可能性がある」(関氏)

 例えば最大手のドコモは営業利益が1兆円強あるが、仮に全利用者の1か月あたりの料金が1000円下がるとすると約5000億円、2000円下がると約1兆円の減収となるため、利益がすべて吹っ飛んでしまうのではないかと言われている。もちろんソフトバンクもKDDIも事情は同じなので、携帯電話業界は今後かなり厳しくなる。

 コロナ時代のボーナスは、各業界の浮沈をかけた熾烈な戦いが反映されそうだ。

関連記事(外部サイト)