コロナ不況「親の年金で失業した子供を食わせる」悲劇が増加中

コロナ不況「親の年金で失業した子供を食わせる」悲劇が増加中

年金受給者にもコロナ不況が忍び寄る

 コロナ禍で失業や休業、雇い止めなどが増加し、多くの現役世代の生活が苦境に陥っている。その一方で、景気に大きく左右されず安定した収入がある年金世代の高齢者は恵まれていると見られることが少なくない。しかし、完全リタイア後の世代にも、“コロナ不況”の影は確実に忍び寄っている。本来なら独立しているはずの中高年になった子供が、親の年金を頼ってくるというケースが増えているというのだ。

 11月9日、大阪府警東淀川署は「自宅に母親の遺体を放置した」として無職の65歳男性を逮捕(死体遺棄容疑)した。

「容疑者の男性は、『母親の年金が止められたら自分が暮らしていけなくなると思った』といった主旨の供述をしている。コロナ禍で仕事がなくて収入を絶たれ、2か月ごとに振り込まれる年金が“家計の柱”になっている世帯は少なくない。それを失うわけにはいかないと考えて、87歳の母親が亡くなったあとも1か月程度、遺体を放置していたとみられています」(捜査関係者)

 親の年金目当てに死後も遺体を放置する事件は過去に何度も起きている。2010年には、東京・足立区で戸籍上は存在している「111歳男性」の白骨化した遺体が発見された。男性は発見の30年以上前に亡くなっていたが、同居していた家族が死亡を隠して年金を不正に受給し続けたという衝撃的な事件だった。当時、同様の事例が他にも確認されたことから、「高齢者所在不明問題」がワイドショーなどでも話題をさらった。コロナ不況で現役世代の失業や困窮が深刻になっていることから、再びそうした例が増えているのではないかと懸念されている。

 親の遺体を放置して年金を不正受給するのは極端なケースとしても、働き盛りの「子供世代」が生活に困り、親の年金を頼りに同居を求めたり、仕送りを無心したりする事例は少なからずあるようだ。社会保険労務士の中山大輔氏が指摘する。

「コロナ不況の出口が見えないなかでは、60代以上の人たちも“年金生活に入っているから自分は逃げ切り世代だ”と安心するのは早計でしょう。子供が勤務先を解雇されるなどして年金世代の親を頼らざるを得ないというケースは想定しておく必要がある。先日も、年金事務所で相談対応をしていたら、すでに年金受給している方から『30代の息子がリストラに遭ったので自分の扶養に入れたいが、どうすればいいか』という相談を受けました」

 公的年金だけでは、高齢夫婦2人が生活していくのさえギリギリというケースは多い。それでも、子供が生活に困って頼ってくれば、「自分のことは自分でやれ」と突き放せるものではないだろう。昨年、定年後の夫婦が生活するには「公的年金のほかに約2000万円の金融資産が必要」とする金融庁の報告書が話題となったが、独立したはずの子供の面倒までみるとなれば、金融資産を持っている層も貧困に陥るかもしれない。

 どこかの副総理兼財務大臣は、国民ひとり10万円のコロナ特別給付金が「貯金に回った」と文句を言っていたが、そもそも給付金は国民の生活を守るためのものであって、どんどん使って景気を盛り上げよう、という主旨ではなかったはずだ。迫りくる不況に備えて貯金して何が悪いというのか。国民の苦しい台所がまるで見えていない大臣が政府のナンバー2というのでは、コロナ不況の出口はまだまだ遠そうだ。

関連記事(外部サイト)