「我輩は将軍ミシマスキー」三島由紀夫自決前年のソ連軍服姿

「我輩は将軍ミシマスキー」三島由紀夫自決前年のソ連軍服姿

50年の間、封印されてきた三島由紀夫の写真を発掘(写真/共同通信社)

 昭和45年(1970年)11月25日、市ヶ谷自衛隊駐屯地で三島由紀夫が壮絶な自決を遂げてから50年の節目を迎えようとしている。関連書籍が次々刊行され、新聞・雑誌では回顧特集が組まれており、そのカリスマ性は色褪せることがない。そんな三島の、50年の間、封印されてきた写真が発掘された。

 晩年の三島は志を同じくする学生らを集め、「楯の会」を結成。学生運動の騒乱を鎮圧するため自衛隊が治安出動したら、それを契機にクーデターを起こすことを計画し、楯の会の会員は自衛隊で軍事訓練を受けていた。

 だが、その訓練の詳細が明らかにされることはほとんどないまま、自決から50年が過ぎた。その訓練中の写真が、ついに公開されたのである。

 写真は楯の会ナンバー2だった本多清氏が上梓した『三島由紀夫「最後の1400日」』(11月16日発売)に収録されている。刊行した毎日ワンズの松藤竹二郎社長が、発掘の経緯をこう語る。

「自決の前年にあたる昭和44年3月に御殿場にある陸上自衛隊の滝ヶ原駐屯地で、楯の会約50人の体験入隊が実施されたときに、その手配をした駐屯地司令が、三島さんの護衛に若い隊員をつけた。それが高橋富男さんという元自衛官で、三島さんの許しを得て、個人的に写真を撮っていたのです。

 三島さんが自決した後、自衛隊は楯の会への関与について野党やマスコミから叩かれたので、高橋さんは写真を出せなくなり、楯の会の会員とも一切、会わなくなっていた。しかし、今年の8月になって著者の本多さんの知人を通じて連絡がついた。本多さんと共にご自宅に伺ったときに、当時の写真を出してこられたんです」

 写真は丁寧にアルバムに収められ、大切に保管されていたという。おかげで状態が良く、写真はクリアで当時の息づかいまでも伝わってくるようだ。

 本多氏は何度か高橋氏の自宅に通い、写真の提供を依頼したという。

「誤解を招きかねない写真もあり、高橋さんはおかしな扱われ方をされるのを恐れていた。しかし、50年前に一緒に訓練をした本多さんが出す本なら、間違いないと思っていただけたようです」(前出・松藤氏)

 本多氏もこう言う。

「50年の節目で本を出そうとしたら、50年会えなかった人と偶然つながり、今まで存在しないと思っていた写真が出てきたことが不思議でなりません」

 まるで三島が引き合わせたかのようである。

「我が輩は将軍ミシマスキー」

 発掘された写真の中には、三島が変わったデザインの軍服を着ているものがある。自衛隊の制服ではない。本多氏がその理由を明かす。

「自衛隊員と楯の会会員が敵・味方に分かれ、敵の大将を拉致する訓練を実施したときの写真です。三島先生が敵の大将役を買って出たので、我々は先生を乗せた装甲車の進路に丸太を投げ入れて止め、包囲して大将を引きずり出す算段だった。装甲車を止めて後部座席を見たら、先生はソ連軍将校の軍服を着て、サングラスをかけ、顔も手も白粉で真っ白だったので、ビックリした。

 装甲車を降りた先生は、『我が輩は将軍ミシマスキーだ』と大笑いしたので、みんなつられて爆笑の渦に巻き込まれたのです」

 このときの“体験入隊”は1か月間に及び、現役自衛隊員が実施するのとほぼ同じ内容の訓練だったが、三島がこうして皆を笑わせることもあったという。

 他の写真を見れば、楯の会の会員らが本気で訓練に参加していたことが伝わってくる。この訓練から1年8か月後、三島は市ヶ谷駐屯地で自衛隊に決起を呼びかけた後、割腹自殺を遂げる。

 三島研究で知られる関東学院大学国際文化学部の富岡幸一郎教授は、「私も見たことのない写真で驚いた」と評価したうえで、三島の行動についてこう分析する。

「三島が文学的にも行動的にも大きく変わり出すのは、まさに楯の会を結成した昭和41年頃からです。この年の6月に発表した『英霊の聲』では、二・二六事件の将校と特攻隊の英霊が、天皇の人間宣言を厳しく批判し、10月には林房雄氏と対談した『対話・日本人論』で、天皇論や日本人論を展開したが、行間には死への決意が溢れていました。

 つまり、この年から文学と行動という文武両道の実践が始まり、死へ向かって疾走した。およそ4年の間に、楯の会を結成し、最初は一人で自衛隊に体験入隊し、会員に軍事訓練まで施したが、自衛隊が決起しないことを悟り、自決に至ったのです」

 三島の最期をめぐり、空白となっていた軍事訓練というピースが、これらの写真で埋まったと言えるだろうか。

※週刊ポスト2020年11月27日・12月4日号

関連記事(外部サイト)