冬は室内が乾燥 コロナウイルスは遠く飛び、空中を長く漂う

冬は室内が乾燥 コロナウイルスは遠く飛び、空中を長く漂う

ウイルスの生態はまだ知られていないことが多い(写真/AFLO)

 足音を立てずに、静かに家庭内に侵入する。しかも、人知れず変異を繰り返し、感染力は強化されてきた──。感染が再拡大している新型コロナウイルス。この“第3波”で顕著なのは、家庭内感染の増加だ。東京都の集計では、感染経路が明らかな感染者のうち、クラスター発生が相次いだ「夜の街」関連は3%まで激減した。その代わり、家庭内感染の割合は、11月に入って40%を超えた。デイサービスの利用者から同居する家族への感染や、職場・会食からの感染が相次いで報告されている。

 家庭内感染が増加している第3波では、どのような場面に注意すべきなのか。血液内科医の中村幸嗣さんが指摘するのは、「酒席の会話」だ。

「そもそも食事中は唾液の分泌量が増えて感染リスクが増します。いまは自粛疲れした人たちがGo To イートなどに後押しされて外食に出かけ、お酒が入って気分が高揚し、マスクをしないで大声でしゃべるケースが増えている。そうした人が知らないうちにウイルスを自宅に持ち込み、家庭内感染を広めていると考えられます」

 最近は肌寒い日が増えてきたので、「冬場のエアコン」に注意を促す。国際医療福祉大学病院内科学予防医学センター教授の一石英一郎さんはいう。

「エアコンをつけっぱなしで、換気の悪い店は要注意です。エアコンは室内の空気を循環させるしくみで換気はできません。今年1月に中国・広州市のレストランで発生したクラスターでは、エアコンの風の通り道に位置していた家族が集団感染しました」

 冬場の室内は湿度が下がって乾燥する。すると水分が蒸発しやすく、ウイルスが付着した乾いた粒子が飛ぶ距離が伸び、空中を長く漂うようになって感染リスクが高くなる。店内、自宅ともにこまめな換気と湿度調節を心がけたい。

 第3波のもう1つの特徴は、高齢者の感染の増加だ。日本経済新聞(11月14日付)の調査では、感染者のうち60才以上の割合は第2波(8月5日までの1週間)の12.2%から第3波(11月11日までの1週間)は22.3%までアップした。

「60代で仕事をしていて活発なかたは、酒席での感染が考えられます。仕事をリタイアして家にいる70代以上は、家族の誰かがウイルスを持ち込む家庭内感染の可能性が高いのでは」(中村さん)

 石川県では、マスクを着用せず屋外イベントに参加した60代男性が感染した。周囲にもマスクをしている人はいなかったといい、気のゆるみも感染拡大の要因といえる。一石さんは高齢者施設での感染に警鐘を鳴らす。

「最近は高齢者施設での感染報告が相次いでいます。職員の同時感染も報告されており、元気で体力のある若い職員が外食時などに感染して、無症状でウイルスを施設内に持ち込んだと考えられます」

 押し寄せる第3波にどう対峙すべきか。

「感染者数は過去最高ですが、死者は増えていません。これは、過去の風邪で獲得した免疫が新型コロナに効果を発揮する『交差免疫』で不完全ながら免疫が実現していることと、医療現場での治療が最適化された結果と考えられます。ただし気がゆるむと患者数が増加して死者や重症者が増える恐れがあります」(中村さん)

 大事なのは、感染防止の基本を繰り返すことだ。

「まずは3密を回避して、マスク着用や手洗いを忘れないこと。イギリスでは大声を出さない、長時間同じ場所にとどまらないことが推奨されます。いま一度、基本に立ち戻って対策を徹底する必要があります」(一石さん)

※女性セブン2020年12月3日号

関連記事(外部サイト)