超ローカル線を走る観光列車「秘境駅号」 不便さが逆に人気

超ローカル線を走る観光列車「秘境駅号」 不便さが逆に人気

愛知県豊橋市の豊橋駅と長野県辰野町の辰野駅を結ぶJR飯田線の観光列車「秘境駅号」出発式(時事通信フォト)

 秋の行楽シーズンには紅葉など景色を楽しみたいが、今年は「密」が不安で……という人にうってつけの観光スポットがある。風光明媚な場所にあることが多いが、付近の人家もまばらで鉄道でなければ訪問しづらい「秘境駅」だ。愛知県、静岡県、長野県をめぐり、渓谷を縫うように走る路線として知られるJR東海の飯田線では、その秘境駅を普通に乗車するよりも少し便利になる観光列車の急行・秘境駅号の運行が10周年を迎えた。ライターの小川裕夫氏が、不便を楽しみに変換して提供する「秘境駅号」人気についてレポートする。

 * * *
 東京都は11月19日に新型コロナウイルスの新たな感染者数を534人と発表。過去最多を更新しただけではなく、500という大台を突破してしまった。コロナは感染症という脅威を及ぼすだけではない。その影響は、経済活動・日常生活にも陰を落とし、社会全体が疲弊する。

 特にコロナで苦境に陥っているのが、観光・飲食・鉄道の各業界だ。それらの業界に救いの手をさしのべるべく、政府は7月からGoToキャンペーンを開始した。だが、コロナ第3波のために微妙な雰囲気となり、今は秋の行楽シーズン真っ盛りだというのに観光・鉄道業界には沈滞ムードが漂い始めた。そんな中、JR東海が運行する秘境駅号がこれまでの鉄道旅行とは違った切り口ということで注目されている。

 秘境駅号は、毎年の春と秋に飯田線で運行されてきた。飯田線は愛知県の豊橋駅と長野県の辰野駅とを結ぶ路線で、秘境駅号は飯田線の豊橋駅〜飯田駅間を急行列車として運行している。

「飯田線には魅力ある秘境駅が数多く存在しますが、線区の特性上、これらの秘境駅を巡るのは困難でした」と話すのはJR東海広報部東京広報室の担当者だ。

 飯田線は全線を乗り通すと約9時間もかかる路線のため、それが目的で乗車する人を除いて全線を乗り通す利用者は、ほぼいない。つまり全線に乗車するという体験自体が珍しく、さらに、秘境駅と呼ばれる駅がたくさん並ぶので、丁寧に乗車するだけでもレア体験を重ねられる。

 秘境駅とは、山中・山奥にあり駅周辺に人家や商店がまったくなく、道路もないために鉄道を使わなければ到達することが困難な駅をいう。

 そうした秘境駅に着目したJR東海は、10年前に秘境駅号の運行を開始。秘境駅号は、まるで時間が止まっているかのような木造駅舎の小和田(こわだ)駅(静岡県浜松市)、線路下は天竜川の渓谷になっている田本駅(長野県泰阜村)、駅名標に触れると金運が上がるという都市伝説がある金野(きんの)駅(長野県飯田市)などに停車する。単に停車するだけではなく、車外に出る時間的な余裕もあるため、駅前で記念撮影に興じたり、何もない駅前を散策したりして楽しむこともできる。

「飯田線の沿線では、桜と紅葉を楽しむことができます。そうした理由もあって、秘境駅号は春と秋の季節列車として運行しています。飯田線には特急『ワイドビュー伊那路』号を運行していますが、秘境駅号は特急では通過してしまう駅にも停車し、秘境駅の非日常感を楽しんでもらいたいと考えています」(同)

 飯田線は豊橋駅〜豊川駅間が複線で、そのほかは単線。全体としてほぼ単線区間のため、列車の行き違いなどで駅に停車する時間は長い。本来なら、そうした待ち時間はデメリットでしかないが、秘境駅号はそれらを撮影タイム・散策タイムへと変えている。

 また、秘境駅号は単なる季節運行の急行列車というだけではない。駅や車内で秘境駅号ならではのイベントを実施している。

 それらのイベントは乗務員や駅係員などの運行に携わる現場が企画を出し、運行ダイヤなどを調整。地元自治体と連携したイベントを実施することもある。そのため、イベント内容は常に変わる。都会では味わえない大自然や車窓、手づくり感のあるイベントを楽しみにしている旅行者も多く、それが「鉄道旅が好き」というライトな鉄道ファンを惹きつける要因にもなっている。今年は、「飛び出す乗車証明書」や「10周年記念原寸大ヘッドマークタオル」が乗車記念特典としてつけられた。

「今年、秘境駅号が運行10周年を迎えます。記念の年ということで、それまで秘境駅号が停車しなかった伊那田島(いなたじま)駅にも停車するようにダイヤを工夫しました。伊那田島駅は今年で開業100周年を迎え、ホームから中央アルプスを望める駅です」(同)

 秘境駅号の名前の通り、飯田線は多くの区間でwifiが入らない。それどころか、携帯電話の通話さえ覚束ない。そんな不便な状況もユーモアセンスによって自虐的な車内アナウンスへと変換され、好評を博している。乗客は、そんな非日常体験を喜ぶ。

 単に秘境駅を巡るだけなら、退屈してしまうローカル線の旅だが、不便をレア体験に変換して楽しめるようなイベントが乗客を飽きさせない。そういった工夫が多くの旅行者を魅了する一因にもなり、リピーターを呼ぶことにもつながる。

「コロナの影響もあって記念パネルを持っての記念撮影といった一部のイベントは実施できませんが、そのかわりに車内放送などで楽しんでいただけるよう工夫を凝らしています」(同)

 今年の秘境駅号は、11月22日が最終運行日となっている。すでに予約が殺到している状態で、乗車は難しい。しかし、秘境駅号ではなくても飯田線を一人で乗り鉄することはできる。また、飯田線のほかにも、全国には飯田線と比肩するような地方路線がある。飯田線まで足を運ぶことはできなくても、地方路線の秘境駅を巡るという楽しみ方もあるだろう。

 かつて、国鉄は”ディスカバー・ジャパン”を打ち出して地方へと誘った。コロナで密を避けることが呼びかけられる中、これからは人里から離れた秘境駅を巡る鉄道旅がトレンドになるかもしれない。

関連記事(外部サイト)