コロナ禍は個人で稼ぐ時代 マンツーマンビジネスに勝機あり

コロナ禍は個人で稼ぐ時代 マンツーマンビジネスに勝機あり

コロナ禍でパーソナルトレーナーによるトレーニングを受ける人が増えている

 終わりの見えないコロナ禍により、大規模なイベントやパーティーなどが打撃を受けている。大人数で集まり、皆で同じことをしたり飲食を楽しんだりということがしづらくなっているこの頃、需要が急増しているのが“マンツーマンビジネス”だ。実際にいくつか利用しているという作家の内藤みか氏が「1対1サービス」の盛況ぶりをレポートする。

 * * *
 近頃、街で高齢者の姿をあまり見かけなくなりました。いつもなら近くの公園でもベンチでひなたぼっこをしながら談笑する高齢者の姿がありません。私の母も、新型コロナウイルスに感染すると重症化のリスクが高いとされている70代なので、大好きだったスポーツジムやカラオケを控え、自宅で過ごしています。

 高齢者だけでなく、若い世代でも慎重に行動するタイプの人は、自宅と会社の往復しかしていないとこぼしています。特に時々上京して観劇やショッピングなどを楽しんでいた地方在住の人たちは、東京に行きづらくなったと嘆いています。万が一感染してしまった場合、田舎なので近所から白い目で見られてしまうので、それが怖いと言うのです。

人気急上昇のパーソナルトレーナー

 Go Toトラベルなどで活発に行動する人もいますが、まだまだ自宅にとどまる人が多いなか、脚光を浴びているのがマンツーマンのサービスです。大勢の人がいる場所に出て行くのには勇気がいるけれど、1対1だったらリスクは少ないと感じるのでしょう。

 パーソナルトレーナーによるトレーニングを受ける人が出てきたのも、その一例です。完全個室のジムで、トレーナーと1対1で1時間近くの筋トレなどを行うパーソナルトレーニングの料金はスポーツジムに通うよりは高いのですが、より安心して運動できると好評なのです。

 最近はフリーランスのトレーナーがレンタル個室ジムで個人客相手に指導を行うことも。好みのトレーナーを指名し、継続して指導してもらえると若い女性にも好評なのです。

24時間対応のオンライン占いやカウンセリング

 また、コロナ禍により、メンタルの不調を訴える人が増えています。そのせいか、自殺に関するニュース記事の多くにリンクされている無料相談ダイヤル「いのちの電話」は、何度かけてもなかなかつながらないという状況。そのため、SkypeやZOOMなどを通じてカウンセラーや占い師に有料でオンライン相談をする人が急増しているようです。

 私がよく利用する占い師さんは、今までは即日鑑定可能だったのに、今は2週間先も難しい状況になっています。依頼が急増し、今までの倍以上の予約が入っているのだとか。そこで、いまは個人的な悩み相談や占いに24時間オンライン対応している業者も多く、深夜であっても10人以上の相談員が待機し、そのうちの複数には相談中のランプが灯っているようなサイトもいくつかあります。

集結するイベントからマンツーマン配信に

 また、いわゆる地下系と言われるようなタレントは、今までのようにライブで集客し、「チェキ撮影」で稼ぐという方法がうまくいかないケースも出ています。そうしたなか、少しずつ始まっているのが、マンツーマントークイベントです。

 ファンは10分数千円などの料金を支払い、タレントとマンツーマンでトークすることができるのです。応援しているタレントを10分も独占できるなんて、かなり嬉しいサービスです。

 極めてプライベートな1対1のサービスとしては、友達代行や彼氏(彼女)代行も注目されています。大勢の人と遊んだり飲んだりするのは心配だけど、誰かひとりとなら一緒に遊びに行く気持ちになれるというミニマムな現状にマッチしているからでしょう。とある代行業者のサイトでは、ランキング上位者の予約枠はすぐに埋まってしまいます。いまだかつてない忙しさだと彼氏代行をする男性たちも慌てているのです。

プライベート感覚の個人経営店が人気

 また、小規模の美容院などは個人が運営しているようなお店も多く、安心感があると人気になっています。

 私が通っている住宅街の美容院も2人だけで経営しているところで、お店に行っても他のお客さんはいないか、いても1人だけなので、リラックスできます。プライベート感覚のあるお店には足が向きやすいのか、最近は表参道の大型店に通うのをやめた近所の女性たちが来訪するようになり、予約が取りづらくなってきました。

 同様に、限定1組だけを受け入れる料理店やペンションなども、コロナ流行下の現代では最高のおもてなしと言えるでしょう。たった1人のためだけにコンサートを開くアーティストも何組も出てきています。こうしたスペシャルなプランは赤字の場合が多いかもしれませんが、手厚いもてなしを受けた客は、今後も熱烈なリピーターになるのではないでしょうか。

自宅でひとりカラオケに鍋宅配

 また、ゲーム機やスマートフォンのアプリを使い、自宅でひとりカラオケを楽しむ人も増えています。

 これらカラオケソフトは月額課金制で有料ですが、私が使っているアプリは14万曲歌い放題で採点機能もついて月額わずか250円と、カラオケボックスより安いのです。マイクで歌うと大きな音になってしまうため、マイクにかぶせる消音カバーがあるのですが、これもあちこちで売り切れになっている状態。今後はオンラインカラオケ大会や有料歌唱指導サービスができたら、なお嬉しいです。

 コロナ禍で定番になった宅配ビジネスでは、調理済みのメニューだけでなく、ミールキット風のものが出てきました。鍋の具材を宅配してくれる店舗もあるのです。人気のお店のもつ鍋を自宅で味わえるなんてワクワクするし、家族でも楽しめてありがたいです。

 新型コロナウイルスは第3波が襲ってきて、再び自粛ムードになりつつあります。今後もしばらくの間は、個人的に楽しむことへの需要が続くと思われるので、それに沿った新たなサービスがどんどん生まれてくることでしょう。

関連記事(外部サイト)