延期や中止が相次ぐ成人式 式典イベントは今後も必要なのか

延期や中止が相次ぐ成人式 式典イベントは今後も必要なのか

来年の「成人の日」は振袖姿の若者たちが減りそう(時事通信フォト)

 来年の成人式は2021年1月11日。例年通りなら、120万人近くにのぼる新成人を祝い、華やかな式典が催される日だ。しかし来年の成人式は、長引くコロナ禍で開催すらされないところもあるという。来春成人する娘を持つ作家・内藤みか氏がレポートする。

 * * *
 成人式は振袖姿で街を歩くことができる、女性たちにとって一生の思い出となる日です。そしてその日を来年迎えようとしている娘が我が家にもいます。朝早くに着物を着付けていただくのですが、家を出る時に着ていた洋服一式は、付き添いの人間(大抵は母親)が持ち帰ることが多く、当日は私も付き添う予定でした。

 例年、着付け会場はそんな母娘で大にぎわいです。さらに式典会場も、近隣の若者たちが一斉に集結するのだから大混雑。懐かしい顔を見かけては声をかけ、一緒に写真を撮って盛り上がります。同窓会にも似た、成人したお互いの姿を見せ合う貴重な交流の時間なのです。そして気の合う仲間たちとの宴で、深夜まで盛り上がるのも毎年のこと。

コロナ禍で中止や延期も

 しかし今年は、新型コロナウイルスが収束していない中での開催となりそうで、気を揉んでいる人も少なくありません。地方では県外在住者も集まりやすいよう春や夏に成人式を行うところもありますが、すでに延期が相次いでいます。

 新潟県長岡市は成人式を翌年に延期しました。山形県米沢市では5月を9月に、9月をさらに11月にと2度も延期した末にようやく開催するなど、ウイルス対応のための変更を余儀なくされています。そしてやっと開催しても参加者は例年より半数以下という状態のようです。これは都会から地方に帰省しづらい状況があるからかもしれません。

開催の予定ではあるけれど……

 感染拡大する北海道では北斗市や函館市が式を中止にしました。関東では神奈川県横浜市が成人式を中止し、オンラインで開催すると発表しましたが、反対の声が多かったため、後にリアル会場での式典を行うと変更しています。

 東京都の多くの自治体は中止の発表は今のところなく、式典を何回かに分けて行うことで密を避ける対応をしているように見えます。千葉県浦安市は恒例のディズニーでの成人式を今年も行う予定です。しかし感染の状況次第では変更もありうる、100パーセント確実に行われるかは誰にもわからない不安定な状況といえるでしょう。

式典のあとの飲み会が心配

 東京に住んでいる私の娘は、迷った末に成人式には出席しないこととしました。久しぶりに友達と会えば、カフェに寄ったり、解禁されたばかりのお酒を飲みに行ったりする流れになるかもしれません。集団飲食という心配な状況になった時、断る勇気が出ないかもしれないからと娘は欠席を選びました。

 その代わり、成人記念に振袖姿での写真撮影をすることにしました。着付け師の知人が勤めるお店で、ヘアメイクさんもカメラマンさんもつけて貸し切りで撮影してくれるというのです。大きなスタジオだと、大勢の客とスタッフが行き来することもありますが、貸し切りではそれがありません、撮影時にはマスクを外すので、周囲に人が少なければ少ないほど親としても安心できます。

 うちの場合、着物は私のお古があったのですが、レンタル業者に予約をしている人は、もし中止や欠席になったらキャンセル料がいくらかかるかなどということでも頭を痛めています。

意外にも成人式の歴史は浅い

 日本人はいつから成人式に豪華絢爛な振袖を着るようになったのでしょう。気になって調べてみると、成人式自体は終戦直後の昭和21年から始まったそうですが、その頃の参加者は振り袖を着ていませんでした。

 その後、袖の短い訪問着で参加する女性が現れ、次第にそれが振り袖へと変化していったようです。今のようにほとんどの女性が振り袖という華美なスタイルになったのは昭和50年代以降なのだとか。

 娘はコロナ禍で大学の入学式もなく、オンライン授業続きで、サークル活動もクラスコンパもいまだに経験できていません。今まで当たり前だと思ってしてきたことが叶わない彼女は、成人式も行かないと割と早い時期から決めていました。ウイルスの早い収束のためにも、できるだけ行動を控えていたいようです。

果たして成人式は必要なのか

 コロナ禍は今まで当たり前に行っていたことを、立ち止まって考える機会となっています。成人式もそうです。振り袖を一式レンタルすると30万円近くにもなるのです。これほどにお金がかかるイベントが果たして本当に必要でしょうか。

 近ごろは派手を極めるあまりに、福岡県北九州市ではおいらん(高級遊女)の格好で現れる女性までいました。また、式典で酒に酔うなどして暴れるケースも増えています。厳粛に成人を祝うという本来の目的からかけ離れ気味の現状を見直す必要がある気がしてなりません。

 できるだけ少人数で行動することが望まれるご時世なので、大勢の人が集まる成人式に不安を感じ、欠席の決断をする人は少なくないでしょう。高齢や病身の家族がいる場合はなおさらです。周囲も無理に誘い出さず、欠席を選んだ人の気持ちを尊重する配慮も必要かと思います。

 我が家は家で静かに娘の成人を祝うことにしています。そして1日も早く感染を気にせず自由に外出し、皆で集まり盛り上がることができる世界が戻ることを願ってやみません。

関連記事(外部サイト)