コロナ第3波と住宅ローン 「終の棲家」重荷になる人が続出

コロナ第3波と住宅ローン 「終の棲家」重荷になる人が続出

念願のマイホームを手に入れたのに……(イメージ)

「食う寝るところに住むところ」といえば、落語『寿限無』も使われる人間の幸せな生活に必要なもののひとつ。何十年もかけて返済する住宅ローンを組んででも、住むところを確保したいものなのだろう。新型コロナウイルスの感染拡大が報じられ始めた春には、住宅ローンの返済猶予に金融機関も柔軟に対応するとあわせて知らされたものだ。それで一時的にしのぐことはできたようだが、夏までは持ちこたえていた人たちも「住むところ」を失いかねない状況へと追い込まれている。ライターの森鷹久氏が、終の棲家だと決意して手に入れた住宅に振り回される人たちについてレポートする。

 * * *
 全国で1日の感染者数が2000人を超え、いよいよコロナウイルス「第3波」が日本列島を襲っている。夏から秋にかけて収束に向かっているかとも思えていただけに、ショックを受けていると言う人も少なくないだろう。「3波」を受けて、大きな決断をせざるを得なくなっていると言う人も。

「夏のボーナスも5割カットで冬のボーナスはゼロ。住宅ローンが完全に払えなくなってしまいました」

 こう話すのは、首都圏の戸建て住宅に住む飲食店チェーン勤務・森山卓さん(仮名・30代)。自宅は数年前に3500万円ほどで購入し、月々のローンの支払いは約8万円。年2回のボーナス時には、追加で10万円強を支払っていたというが……。

「月30万円の給与がコロナで3分の2になったのが夏前。生活がカツカツだったところに、ボーナス払いでとどめが刺された感じですね。夏終わりに、ローンを払うために車も売りました。第3波が来たということで、家を売る準備も進めましたが、購入時より1000万円近く安い。行くも引くも地獄です」(森山さん)

 コロナウイルスによる影響により、住宅ローンの支払いが困難になった人々に向けて、金融庁は積極的に「相談」するよう呼びかけ、同時に金融機関には「猶予」などの配慮をするよう求めている。もちろん森山さんもそうした窓口へ電話をしたこともあった。ただそれらは「いずれ良くなる」ことが前提にあった。すでに金策が尽き、第3波で先行きも真っ暗、半年後に支払いを再開できるはずがないと思うと、もはや自宅を所有しておく、という判断ができなくなるのは、当たり前かもしれない。

 夫の憧れだった東京湾岸エリアのタワマンに、今年2月に入居したという畑山ゆり子さん(仮名・20代)は「第3波」と、コロナ禍がこれ以上続くことで、夫との離縁も考えていると言う。

「夫(30代)の強い希望で購入したタワマンは約6000万円。高過ぎるとも思いましたが、オリンピックもあるし絶対に値上がりするし、資産としても価値があると言われて押し切られる形でした。同じ頃子供も生まれて、東北の田舎にある実家に里帰りしました」(畑山さん)

 その直後、東京を中心に国内でのコロナ感染者の数が急増。出産から3ヶ月ほどで新居に戻ろうとしていたが、感染が怖く、実家にいることにしたという。ところが夫は「なぜ新居に住まない」と激怒。

「夫としては、子供と一緒に暮らすためにマンションを買ったのに、と口惜しいようなのですが、それよりも感染が怖い。やっとコロナが落ち着いてきたし、そろそろ戻ってもいいねって話していたところで、第3波。懸念を夫に話すとまた怒ってしまって」(畑山さん)

 夫はITエンジニアで、会社はリモートワークを推奨している。いざとなれば、自宅を売却し、畑山さんの暮らす安全な田舎で暮らすこともできそうだが……。

「事前にそういう想定もしていたのですが、買ったばかりなので手放したくない。だから今のマンションを借りてくれる人を探そうとしたら、全然いないんです。もし見つかっても、コロナの影響で賃料まで下がったとかで、貸しても赤字。ヤケになった夫は、不動産屋に行って家を売ろうともしたそうですが、査定は購入した時よりも1000万円近く低かったんです」(畑山さん)

 結局、貸すにも貸せず、売るにも売れず。このまま第3波と感染拡大が続けば、畑山さんはずっと都心には戻ることができない。夫との溝も深まるばかりで、この先に待っているのは「離婚」しかないという。

 コロナによって「不動産」の価値が激変し、翻弄されている2人の話を紹介したが、その変化に乗って自宅を購入したという人からも、不透明な先行きに対する不安の声が聞こえてくる。都内の流通コンサル企業勤務・辻川良徳さん(仮名・40代)がいう。

「ちょうど自宅を買おうとしていたところで、コロナが発生。会社が在宅ワークを推奨するようになり、それなら郊外の広い家でもいいと思って、夏の終わりに新居を購入、すぐに引っ越しました」(辻川さん)

 ところが、コロナ感染者数が落ち着いてきたからか、会社は一転「週の半分は出社するように」と命じてきたのだという。北関東の新居から、会社までは電車を乗り継ぎ片道1時間半、通勤だけで往復3時間もかかる。

「抗議しましたが、郊外に家を買ったお前の責任だろうと言われ……。第3波がきて、また在宅勤務が増えると思っていたのですが、上司は『もう休むわけにはいかない』と今回は強気です。都心に家を持っている同僚も『都心回帰してもらわないと困る』と私の在宅勤務に冷ややかです」(辻川さん)

 どんな立場にいても、隣の芝はやはり青く見える。いずれにせよ、コロナ禍が続く限り、こうした「悲喜交交(こもごも)」があらゆる場所に露見し、人々の心を荒ませていくのか。

関連記事(外部サイト)