人気マンガ『夫を捨てたい。』 ”普通の夫”が妻の心をえぐる

人気マンガ『夫を捨てたい。』 ”普通の夫”が妻の心をえぐる

発売されるや、ミドル世代の女性を中心に反響を呼んだ『夫を捨てたい。』(提供/祥伝社)

 同じように働いているのに、家事や子育ての負担は妻である自分に降りかかる。「こんな夫なら、捨てた方が楽になれるんじゃないか」──そんな気持ちを代弁した、一冊のコミックエッセイが多くの女性に読まれているという。

 仕事から帰宅し、息つく暇もなく夕食の準備に取り掛かる。一方、夫は夕食が出来上がった頃に帰宅し、冷蔵庫からビールを取り出してテレビを見始める。

 振り返れば、保育園からの急な呼び出しや、受験を控えた進路相談でも、仕事を早退するのはいつも“私”。一度でも代わってくれたことがあるかと聞くと、「おれの方が稼いでいるんだから仕事を休めない」「家や子供のことは妻の仕事」と言う夫。

 自分は朝まで飲み歩くくせに、私が「友人から旅行に誘われた」と言うと、「子供が受験勉強をしているのに、母親は遊び歩くんだね」と嫌みったらしくつぶやいた夫──。

 これらのエピソードを読んで、「うちの夫のことだ」「私と同じつらさを味わっている人がいたとは……」と、怒りと共感を覚えたあなたは、すでに“夫を捨てたい症候群”なのかもしれない。

 この9月に発売されるや、ミドル世代の女性を中心にヒットしているコミックエッセイ『夫を捨てたい。』(祥伝社刊)には、仕事をしながら子育てをする女性作者が、「こんな夫なら、捨てた方が楽になるんじゃないか」と思うに至った日々が描かれている。

 父親になっても“変わらない夫”と、母親になることで“変わらざるを得なかった妻”の間に、次第に溝が生まれていくリアルな描写に「あまりにも気持ちがわかって、号泣しながら読みました」という女性が後を絶たないという。

 この作品は、作者のいくたはなさん(34才)自身の実体験をもとに作られた。

 小学2年生の長男を筆頭に、次男、三男、長女がいるいくたさんは、作品が生まれた背景を次のように話す。

「4人目となる長女の出産から2〜3か月経ったある日、長男と次男の出産前後につけていた日記を引っ張りだしたら、夫への恨みつらみがびっしりで(笑い)。気持ちを吐き出せる場所が日記だったんだと思います。それをもとにコミックを描いてインスタグラムに投稿を始めたら、想像以上に反響があったんです。

『いままさに同じ状況で悩んでいます』という同年代のかたもいれば、子育てを卒業した50代のかたからも『若い頃のつらかった気持ちの理由がわかってスッキリした』というメッセージも多くて。同じようにモヤモヤとした気持ちを抱える女性の気分が晴れればと思って、私たち夫婦のエピソードを赤裸々に綴りました」

母の葬儀費用をケチった夫

『夫を捨てたい。』に登場する夫は、暴力をふるうわけでも、浮気を繰り返すわけでもない。職場では真面目に働き、友人も多い、“普通の夫”だ。しかし、夫の言動が少しずつ妻の心をえぐり、「消えてなくなりたい」と思うほどに追い詰めた。

 大きな欠点がないため、妻から見ると“捨てたい夫”でも、夫自身は自分を“よい夫”だと思っているケースも多いようだ。

 都内在住の48才の主婦はこんな話をする。

「私が高熱で寝込んだとき、夫は私を置いて、『晩ご飯は食べてくるから作らなくていいよ』と出かけていきました。そして夜10時過ぎ、自分だけうなぎを食べて、ほろ酔いで帰宅。『どう? 炊事しなくてゆっくりできたでしょう?』とさも自分がいたわってあげた風なんです。自分が無神経なことを言っている自覚がないことに驚きました」

 妻の仕事を軽視する夫の姿が、この作品ではたびたび描かれている。朝、子供が高熱を出しても夫は「おれは仕事を休めないから」と取り付く島もない。作者のいくたさんは、上司や同僚に頭を下げ、仕事を代わってもらうが、そのことを気にも留めない夫にさらに不満を募らせていく。

 このシーンに自分を重ねるのは、結婚25年目の女性だ。

「うちの夫も私の仕事を軽く見ているんです。去年、夫が『定年したら秋田に帰って実家と墓をみるから』って突然宣言したんです。結婚以来そんなこと言ってなかったのに。当然のように『キミは仕事を辞めることになるから上司に言っておいて』って。
 私の職場での立場や人間関係を一切考えない夫に怒りを通り越して呆れています」(東京都・53才・会社員)

 妻の人間関係を蔑ろにする夫への不満は多い。

 この作中には、故郷の幼なじみの結婚式に誘われたいくたさんに対し、夫が「子供が小さいし遠方だから行けないね」と、欠席を促すシーンが登場する。

「泣きながら招待状の欠席に丸を付けるいくたさんに、胸が締め付けられました。うちの夫は休日に『つきあいだから』とゴルフに出かけるのに、私が休日に家にいないとあからさまに不機嫌になるんです。妻は家族最優先が当然という固定観念がムカつく」(愛知県・46才・事務職)

 友人関係だけでなく、親子関係までも、ぞんざいに扱われたと涙する女性もいる。

「昨年、私の母が亡くなったのですが、夫は『抜けられない仕事がある』と、葬儀に参列しませんでした。そればかりか、『お義母さんは高齢だったし、友人も亡くなっている人が多いんだから、豪華にする必要ないね』と、葬儀費用をケチろうとしたんですよ。母と夫の関係は良好とは言えなかったのですが、最後くらい私の気持ちを思いやってくれてもいいのに……」(和歌山県・50代・専業主婦)

 いくたさんは、最終的に夫が改心したため、関係を再構築。いまでは年に一度、子供たちを夫に任せて旅行するのが楽しみなのだという。

「以前は母親なんだから仕方がないと諦めたり、衝突したくないから言わずにため込むことが多かったんです。でも、次男を産んだとき、分娩台の上でこれまでのすべての恨みつらみを夫に吐き出したんです。そうしたら、次第に変わっていきました。ただ、インスタグラムを通じてメッセージを送ってくれる人の中には、明らかにひどいモラハラやDVを受けている人もいます。そういった場合は、“夫を捨てる”のが正しいのかもしれません」(いくたさん)

 世の夫たちは、「捨てられてから反省してもあとの祭り」だと認識すべきだろう。

※女性セブン2020年12月10日号

関連記事(外部サイト)