コロナ禍で急成長「産直アプリ」 取引量はピーク時で20倍に

コロナ禍で急成長「産直アプリ」 取引量はピーク時で20倍に

新鮮な農作物や魚を生産者から直接購入することができるネットサービスが話題に

 コロナ禍で経済が停滞する中、急成長する産直アプリがある。その名は「ポケットマルシェ(ポケマル)」。消費者はパソコンやスマホアプリを通して、新鮮な農作物や魚を生産者から直接購入することができる。ポケットマルシェの高橋博之代表は「日本の第一次産業を救いたい」という想いから、2016年にサービスを立ち上げた。

「今や日本の農業、漁業、畜産業は壊滅状態。生計を維持するのが難しく、廃業が増えています。ポケマルの目的は、消費者と生産者を直接つなぐこと。作り手の人柄に触れて、どう作っているのかを知れば、単純に安いものがいいとは思わない。“食”に対する新たな価値が生まれるのです」

 学生からひとり暮らしのお年寄りまで幅広い年齢層が利用し、男女比は4対6。コロナ禍による巣ごもり需要を背景に、2月末で5万2000人だった登録者数は24万人に、取引量も5月のピーク時には20倍に急増した。

「自宅で過ごす機会が増えた結果、ポケマルで食材を取り寄せ、家での食事に時間をかける人が増えました。旅行に行けない代わりに、地方の野菜や魚を食べて旅行気分を味わう人もいらっしゃいます」(同前)

 ポケマルには全国から3600の生産者が登録。生産者が自分で撮影した商品写真と情報をアプリにアップし、注文が入れば発送するという仕組みだ。生産者のひとりである「イチマン吉岡漁業部」の吉岡奨悟さん(31)は、北海道の噴火湾で代々漁師を営む。新たな販路を開拓しようとポケマルを始めたという。

「1匹1匹は新鮮な魚でも、同じ種類の魚がまとまって獲れないと、市場の卸値は1キロ数十円くらい。そんな鮮魚を“お楽しみセット”として販売したところ、逆に『いろいろ食べられて嬉しい』と言ってもらえた。コロナで卸値が下がった時期も、ポケマルの注文に支えられました」

 ポケマルの特徴は生産者の顔が見られ、「この食材はどうやって食べるの?」と聞けば生産者が調理法を教えてくれるなど、互いに交流を深められる点だ。

「『病気の親に新鮮なイカを食べさせてあげることができた』とお礼の連絡をいただいた時は、励みになった」(同前)

 福島県で有機野菜を育てる「旬彩ファーム」の寺島由姫さん(26)もこう話す。

「日本ではまだまだ有機栽培の価値が認められていないと感じていますが、購入された方が作った料理の写真をサイトにアップして、美味しかったと言ってくれる。野菜作りへのこだわりが消費者に届いていると思うと嬉しくなります」

 利用者の中には生産者のファンになり、リピート購入する人も少なくない。生産者と酒を酌み交わし、家族ぐるみで交流するなど、ポケマルを超えたつながりも生まれている。

■撮影/太田真三

※週刊ポスト2020年12月11日号

関連記事(外部サイト)