ベテラン調査員が「離婚しても大丈夫」と背中押す女性とは?

ベテラン調査員が「離婚しても大丈夫」と背中押す女性とは?

離婚後、譲り受けた不動産で投資に目覚めた元妻も(写真/GettyImages)

 夫の不倫が発覚しようものなら、婚姻関係の危機。そのまま離婚となるケースが多いように思えるが、意外とそんなことはないという。これまで26万件以上の調査を手がけたMR社長の岡田真弓さんはこう話す。

「夫の不倫が発覚しても、最終的には7割以上が夫婦関係の再構築を選びます。夫への愛情が残っていたり、子供や生活のためだったりと理由はそれぞれですが、『いま離婚したら夫が不倫相手と再婚して、幸せになってしまう』と考える女性もいます」(岡田さん・以下同)

 そんな岡田さんだが、ある5つのポイント兼ね備えた女性に対して、「離婚しても大丈夫」と背中を押すのだという。そのポイントとは何か。

 まず挙げられるのは【1】「自立していること」と【2】「子供がある程度の年齢であること」だ。

「やはり仕事などで自立していることは大切で、専業主婦が一時の感情だけで離婚しても、その後に生活できなくなるケースが目立ちます。小さな子供がいる場合も、育児や子供の将来を考えたうえでの判断が必要になります」

【3】「何度も浮気を繰り返されている」、【4】「夫の気持ちが完全に愛人に向いている」というケースも、離婚した方がうまくいくことが多い。 

「夫が何回も浮気を繰り返す場合、たとえ妻が離婚を望まなくても客観的に見て、『そこまで蔑ろにされるなら、離婚して自分の人生に前向きになるべき』と伝えることがあります。愛情があるかどうかを見極めるのも大切で、夫の気持ちが完全に離れているならば、再構築を目指しても時間の無駄になりがちです」

 最後のポイントは、【5】「あらためてスタートできる年齢であること」だ。

「いまは元気なシニアも増え、施設に入る年齢も上がりましたが、それでも老後にはお金が必要です。年老いた両親がいる場合も、介護のことを考えたら離婚は慎重に判断すべき。逆に再スタートに支障がない年齢のうちは、離婚が有力な選択肢になります」

 自分や夫ではなく、不倫相手のプロフィールから判断すべき場合もある。

「夫の相手が素人なのか、それともいわゆる“夜の街”で出会った相手なのか、遊び目的なのか、それとも本当に夫に心を奪われているかなどを見定めることが大事です。過去の調査では、不倫相手の素性が離婚と結婚を7度繰り返し、そのたびに夫から慰謝料をふんだくる“根っからの悪女”と判明したことがありました。この件では、相手の本性を知った夫が改心して夫婦円満に戻った。安易に離婚を選択しなくて救われた事例です」

 離婚そのものを目的にするのではなく「離婚後に何をしたいか」を見据えることも大切だ。

 岡田さんが調査したA美さん(47才)の夫には6人の恋人がいた。さらに妻に隠れて不倫資金調達のための投資を繰り返し、2棟のマンションを所有していた。

 夫を信じていたA美さんはあまりのショックに打ちひしがれ、「絶対に許せない」と離婚を決意した。離婚調停では夫の乱脈な女性関係が次々と明らかになり、彼女は慰謝料と財産分与として夫所有の2棟のマンションを譲り受けた。

「不倫された後遺症が心配でしたが、しばらくして連絡を取ったB美さんは不動産投資の楽しさに目覚めたようで、人生を謳歌していました。彼女のように離婚後の生活に前向きなエネルギーを持てるなら、離婚しても大丈夫です」

 離婚したい。そう思い立ったら、まずは3年後の自分に思いを馳せてみよう。

※女性セブン2020年12月10日号

関連記事(外部サイト)