熟年離婚を成功させる黄金ルール 「住居」と「子供」が重要

熟年離婚を成功させる黄金ルール 「住居」と「子供」が重要

心ときめく出来事を常に探すのも幸せな熟年離婚のポイント(写真/GettyImages)

 増加傾向にあると言われる日本国内の離婚だが、実は離婚件数自体は2017年がピークでそれ以降はやや減少しながら平行線をたどっている。しかし、熟年離婚は別だ。厚労省の「人口動態統計月報年計(概数)」2018年度版によれば、同居期間25年以上のカップルのみ離婚件数が増えているのだ。

 離婚するなら若い方が再出発しやすい──そんな社会通念に反して熟年離婚を選んだ「元妻」たちだが、その声は一様に明るい。

 なぜ彼女たちはそんなに幸せそうなのか。そこには熟年離婚を成功させる“黄金ルール”があった。

「離婚を選んで本当によかった。夫のことを考えなくて済む、自由って本当に素晴らしい」

 そう言ってほほえむのは25年間連れ添った夫と2019年に離婚が成立した小学校教員の浅野たか子さん(50才・仮名)。

 元夫は大学の先輩で、夫の卒業後まもない1995年に学生結婚をして長女と次女に恵まれた。しかし次女出産を機に仕事を辞めて家庭に入った途端、「おれが稼いだ金を無駄遣いするな」「専業主婦は早く寝られていいよな」など、夫の嫌みに悩まされるようになった。

 次女の小学校入学を機に職場復帰してからも収まらず、夫婦の将来に強い不安を抱いたたか子さんは16年目の2011年に夫に離婚を切り出した。

「すでに私との関係をあきらめていた夫は話を淡々と聞き、『次女が成人するまでは親の責任を果たそう』と言いました。私も折れて、成人までの7年間で離婚の準備を進めることになった。光熱費と食費は折半し、教育費は養育費代わりに夫が負担。さらに夫の名義だった自宅は離婚するまで夫がローンを返済し、離婚後は私が家の権利をもらって残りのローンを返すことにしました。この間に夫も離婚してから住む家を探しました」(たか子さん)

 晴れて離婚が成立したたか子さんは、住み慣れた家で悠々自適の生活を送っている。

 夫婦・家族問題研究家の池内ひろ美さんは「熟年離婚においてまず大切なのは住む家を確保すること」と話す。

「50代以上が急にひとり暮らしをすることになっても、なかなか賃貸住宅を借りるのは難しいのが現状です。実家でも夫が購入した不動産でもいいですが、“終の住処”を確保することが非常に重要になる」(池内さん)

 その場所は、住み慣れた土地ほど望ましい。

「親しくしている友人や知人が多い地域であることも重要です。熟年離婚すると実家のある地域に帰る人も多いですが、老いた親は頼りにならないことも多い。遠くの親戚よりも近くの友人という言葉があるように、何かあったときに助けてくれる存在が多くいる場所を選ぶべきでしょう」(池内さん)

社会的な承認をする親族が必要

 子供との関係を良好に保っておくのも、熟年離婚後の生活を幸せなものにする1つの鍵になる。

 パート勤務の佐藤ゆかりさん(51才)は男女2人の子供に恵まれたが、その教育方針の違いから、3つ年上の夫との関係に14年目にして亀裂が入った。

「子供が幼稚園の頃から夫は英才教育を受けさせることを望みましたが、私は小さいうちは自由にのびのび遊ぶべきという方針だったため、その頃から夫婦関係がギクシャクし始めていました。特に長女の中学受験をめぐって意見が対立し、長女が泣いて嫌がるのに夫が中学受験用の塾に申し込んだことで怒りが頂点に達し、私から離婚を申し出ました」(ゆかりさん)

 夫はすぐには首を縦に振らなかった。そこでゆかりさんは夫と離婚協議を進める一方で、子供たちとも話し合いを重ねた。

「長女と長男には、離婚しようと考えていると正直に話し、両親どちらのもとで暮らすかを決めさせました。子供らは元夫が自分たちの意見を聞かないことに不満を抱いていて、最終的に私と暮らすことを決めました。離婚してしばらくは養育費とパート代だけで生活していたため、経済的には不自由な思いをさせてしまいましたが、いま2人が遠慮することなくのびのび過ごすのを見て、離婚してよかったと思います。この先はあの子たちが私を支えてくれるはずです」(ゆかりさん)

 スパルタを強いた夫がいなくなっても子供たちの成績は下がらず、2人ともそれぞれ有名私立大学と県内トップ高校に進学した。

「熟年離婚した後は、それまでは夫が担ってきた役割である社会的な承認をしてくれる親族が必要になります。例えば、さらに年を重ねて入院や手術で同意書が必要になった場合も、子供に承認してもらう必要があります。離婚後に子供と離れて暮らすことを選んだとしてもLINEなどで密に連絡を取ることが大事です。子供がいない場合は、後見人制度を使うなどの対応が求められます」(池内さん)

恋のときめきを忘れずに

 住居が決まり、子供に協力を仰げる態勢が整ったら、最後は自分の未来についてしっかり考えたい。池内さんは「恋すること」をすすめる。

「必ずしも再婚をした方がいいわけではないですが、いくつになってもときめくことで脳内ホルモンが活性化して、人生が豊かになります。恋人づくりのハードルが高ければ男友達でもいいし、韓流ドラマの主人公に思いを寄せてもいい。日常に刺激を見いだせるのは幸せな熟年離婚の条件です」

 前出のたか子さんは離婚を準備する間に夫婦ともども新しいパートナーを見つけた。

「7年の間に私にも夫にも、好きな人ができました。離婚することが決まっていると、お互いに遠慮なく“次の人”を探すことができるんです。離婚後に夫は再婚して私はバツイチの男性と交際中ですが、いまは夫に遠慮なく自分の時間の使い方を自分で決められます。好きなときに好きなことができるのは最高で、夫と別れて本当によかった」(たか子さん)

 幸せを掴むには行動あるのみ。人生100年時代、女性の平均寿命は男性より6年も長い。第二の人生は誰とどこで過ごす?

※女性セブン2020年12月10日号

関連記事(外部サイト)