大学生のミスコン離れ 続発する不祥事にルッキズムへの逆風も

大学生のミスコン離れ 続発する不祥事にルッキズムへの逆風も

大学祭でミスコンといえば盛りあがるはずが……(イメージ)

 1950年代から開催されてきたと言われるミスキャンパスコンテスト、つまり大学のミスコンは、今や全国各地の大学で開催されている。古くはミス立教だった女優の野際陽子さん、最近ではテレビ局の女子アナは軒並みミス経験者で、タレントにも多い。遅れて開催されるようになった男性が対象のミスターコンテストとあわせ、大学生活を華やかに彩るものとして大学生たちも楽しんでいたイベントだったはずだが、最近は肝心の大学生たちのミスコン離れが目立ってきている。ライターの森鷹久氏が、大学ミスコンやミスターコンテストに強まるネガティブなイメージについてレポートする。

 * * *
 新型コロナウイルスの影響により、大学の学園祭も相次いで中止になったり縮小開催となった。目玉イベントであった「ミス・ミスターコンテスト」も、ステージアピールではなく、ネットやSNSを中心に行われている。秋といえば学園祭、そして学園祭といえば「ミスコン」である……と思う30代後半の筆者としては、一抹の物寂しさを感じつつも、オンラインが中心となってもミスコンは盛りあがっているのだろうと思っていた。だが現役学生から聞こえるのは、ミスコンに対する冷ややかな声。大学生のミスコン離れとも受け取れる今の様子は、一体何が起きているのか。

「ミスコンに出る、というだけで今は少し恥ずかしい感じ。自意識が強すぎる、そんなに目立ちたいの? ってなるし、ブラックなイメージが消えない」

 こう話すヒスイさん(21才)は、K大学の4年生。数年前にミスコン主催者が連日マスコミに取り上げられるほどの大事件を起こし、主催団体は解散、大学公認のミスコンは全て中止に追い込まれた。その後も、非公認のミスコン主催団体が林立しトラブルになるなどしたことから、今や在籍する学生のほとんどが「ミスコン」と聞くと苦々しい顔をするという。

「K大のミスコンに関わっていた、というだけで就職が厳しくなるとか、白い目で見られるとか、今も言われていますよ。ミスコンそのものが怪しく、いかがわしいものだって雰囲気」(ヒスイさん)

 K大のような全国ニュースになるほどの大事件という理由がなくとも、すでに「ミスコンは古い」と断言するのは、A大学3年の未来さん(21歳)。

「昔は雑誌の読者モデルになって、ミス○○大に選ばれて、アナウンススクールに通ってテレビ局にエントリーみたいなのが、レベルの高い女子大生って言われてたんですよね(笑)。アナウンサー就職がゴール、っていう昔の人の考え方って感じです」(未来さん)

 確かに、近年のアナウンサーには、局アナとしてタレントにも劣らない活躍で人気を得ると、あっという間に退社して芸能事務所に所属、別の生き方を模索する人が少なくない。アナウンサーは今も「憧れの仕事」かもしれないが、ゴールではない。その先にすすむためのステップと考える人が目立ってきた。それに伴ってミスコンの位置づけも変わってきている、ということなのかもしれない。

「ミスコンって、単なる手段じゃないですか? ゴールに近づくための手段。いまは、昔みたいに大学を卒業して就職した先がゴールじゃないから、ミスコンもそこまで魅力がない。というかミスコンありすぎてよくわからないし、とりあえず肩書きが欲しいからって、え? あの子が? みたいな子がミスコンで優勝したりしてる」(未来さん)

 ミスコンが次への手段、というのは昔もそうだろう。ただし、もっとゴールへ近づく直接的な手段だった。それが変化したのは、大学ミスコンのイメージが著しく低下したことと無関係ではないだろう。

 前述したK大学でのトラブルだけでなく、近年の大学ミスコン、ミスターコンテストでは、大きく報じられないだけで毎年何かしらのトラブルが起きている。その大学の難易度や校風、立地など関係無く問題が起き、内容もセクハラやパワハラ、賄賂や出来レースなどなど……枚挙にいとまがないというレベルだ。その裏には、未来さんが指摘する「ミスコンがありすぎる」事情が関係しているという。

「各大学で伝統あるミスコン、ミスターコンテスト以外に、様々なコンテストが開催されるようになりました。それこそ、学年ごとのミスコン、学部ごとのミスコン、本家ミスコンに選ばれなかった人のミスコンとかまで(笑)」

 こう説明するのは、大手人材会社勤務の吉田豊彦さん(30代・仮名)。大学時代はミスコン、ミスターコンテストの運営陣として活動。自身もエントリーされたという経験を持つが、ちょうどその頃から「おかしくなっていった」と証言する。

「まず、ヤラセが横行していましたね。ミスコンエントリー者の8割が、運営陣と恋愛関係にある、なんて大学もありました。某大学でミスコンに選ばれた読者モデルの女の子がいましたが、女の子がイメージモデルを務めるブランドから、運営側に金が払われていました」(吉田さん)

 その頃から目立っていた「ミスコン」の商業化は、今では行き過ぎではないかと指摘する。「女の子だけじゃなく、ミスターの男子にも、コンテストのエントリー段階で『ステマ』の依頼がくる。SNSで化粧品を紹介すればいくらとか。大学OBの代理店社員とか、そういう人が絡んできて、案件を紹介される。かっこいいとか勉強ができるとかより、そういう『案件』をこなせるやつほど、コンテスト順位でも有利になっていきました」(吉田さん)

 ステルスマーケティング、いわゆる「ステマ」は、広告であることを伏せて宣伝することをいう。SNSが消費行動への強い影響力を持つようになってからは、そこで日常のふりをした実際には広告の投稿をする、という手法が目立つことになった。ちなみに、「PR」マークやタグをつけずに広告の投稿をすること、つまり「ステマ」は、ほとんどのSNSで推奨しないことと明記されているし、止めるように規約に記されていることも多い。嫌らしい話だが、ステマを依頼する側も、もし桁違いの有名人がそれをやると目立つが、大学ミスコンにエントリーするくらいの有名人ならば、厳しい目を逃れられるという計算も働いているのだろう。

 大学祭のイベントは、建前としては学生によるものだ。しかし現在の大学ミスコン、ミスターコンの周囲には学生だけでなく、OBや部外者までもが土足で入ってきている。さらに彼らは傀儡になりそうな学生サークルを結成させて怪しい「ミスコン」や「ミスターコンテスト」を無理やりに開催しては、小銭を産み出し満足げな顔をしていた。

「ミスコンが金になると知った学生主催者が、卒業後すぐにイベント会社を立ち上げるほど。完全なビジネスになっていて、一回のコンテストで動く額が数千万円という場合もある。過去のOBにもその取り分が上納され、その仕組みはねずみ講のような構造。だから、怪しい人たちがどんどん参入してきては、学生に入れ知恵をして、イベントがどんどん増える」(吉田さん)

 だが、大学ミスコンやミスターコンが求心力を失っているのは、イベントそのものへのイメージ低下だけが理由ではないだろう。社会のなかで、ルッキズムへの逆風が強くなっていることも影響している。

 例えば近年、おおらかな体型をしたタレントが人気だが、痩せ型が多いファッションモデルの世界でも「プラスサイズモデル」なるジャンルが注目を集めている。メディアやコンテンツの多様化が、様々な価値観を認める世界へとリードし、きれいやかわいい、かっこいいの基準が画一的ではなくなってきているのである。その人の特徴や個性を否定するのは前時代的で、ありのままの自分や人を受け入れるのが常識という考え方が広く受け入れられていることも、「画一的」な価値観が重視されてきたミスコンなどの地位を、相対的に低下させているともいえよう。

 その一方で、SNSへの写真投稿をみると、相変わらず加工された画像ばかりだ。建前としてはルッキズムへの逆風が吹いているのだが、本音ではどうだろうか? わずか数年前まで「アメリカの一流企業は肥満の人を採用しない」とか「自己管理ができないとみなされる」と堂々と言われていたことも忘れられない。

 再びミスコンがもてはやされる日が来るのか来ないのか。あまりに激しく変化する「価値観」を前に、目が回り思考も追いつかないが、今のこの潮流を「金にならない」と嘆く人はあっても「生きづらい」と考えている人は少ないように思えるが、どうだろうか。

関連記事(外部サイト)