眞子さまの「お気持ち」文書 小室家借金帳消しの援護射撃に

眞子さまの「お気持ち」文書 小室家借金帳消しの援護射撃に

ご結婚問題に大きな進展(昨年7月、ボリビアにて。時事通信フォト)

 秋篠宮さま(55才)の表情は硬く、重々しい空気をまとっていた。「大一番」の舞台を前にした緊張とも取れなくないが、間近にいた関係者は、ある違和感を抱いたという。11月2日、「立皇嗣の礼」のリハーサルのときだ。

「秋篠宮さまが“主役”の儀式ですから、緊張はあっても晴れやかな表情を浮かべられると思っていました。ですが、実際はどこか納得のいかないような憮然とした面持ちに見えたのです。天皇陛下(60才)の前で深々とお辞儀をされるタイミングでは、特に……」(宮内庁関係者)

 その日、秋篠宮さまは皇居で主要儀式「朝見の儀」の予行に臨まれた。朝見の儀は秋篠宮さまが皇嗣となられたことを宣言されてからはじめて、天皇陛下に挨拶をされるもの。それは「兄と弟」だったおふたりの関係に、「天皇と皇嗣」という上下が明確に生まれた瞬間でもある。兄との関係がこれまでと違ったものになることに、秋篠宮さまはどんな思いを抱かれたのか。

 4週間後の11月30日、秋篠宮さまは55才の誕生日を迎えられた。それに伴い開かれた会見では「眞子さま(29才)のご結婚問題」ばかりがクローズアップされた。しかし、宮内庁の一部でさざ波を立てたのは、見え隠れした兄・天皇陛下との“不穏な関係”だった──。

「眞子さまを解決に当たらせた」も同然

「結婚することを認めるということです」

 秋篠宮さまは11月20日、お誕生日に伴う会見で、長女の眞子さまと小室圭さん(29才)のご結婚についてそう述べられた。

 これまで「現状では納采の儀は行えない」と否定的な姿勢を見せられていた秋篠宮さまだったが、今回の会見では「結婚については本当にしっかりした確固たる意志があれば、それを尊重するべき」と、理解を示された。しかし、その一方で現状について「決して多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」とご発言。問題をクリアするために「見える形での対応」が必要であるとされ、結婚を手放しではお認めでないことがうかがえた。

 だが、小室さんに先んじて“見える形での対応”をしたのは、ある意外な人物だった。秋篠宮さまの誕生日と同日発売の『週刊現代』には次の記事が掲載された。

《小室圭さん「母の元婚約者」独白 「眞子さまにお伝えします。もうおカネ400万円は要りません」》

 そこに綴られたのは、小室さんの母・佳代さんの元婚約者Xさんが“債権放棄”したということだった。

《もう私は小室佳代さんから、400万円は返してもらわなくていいのです。(中略)今後、小室家に対して返金を求めることは一切いたしません》

 そんなXさんの言葉で同記事は始まる。これまで平行線となっていた両者の話し合いに、Xさんはどうして突然終止符を打ったのか。Xさんの代理人は・女性セブンにこう話す。

「実は昨年末頃からすでに、Xさんは“もう返してもらわなくていい”という気持ちになっていました。それまでXさんは小室家側に対して、貸した金額と日時が明記された通帳や日記などを手に話し合いに臨んでいました。ですが、いくら伝えても “期日が違う”“内容が違う”と指摘されるばかり。一向に話し合いは進まず、Xさんは精魂尽き果て、次第に小室家からの返金を諦めるようになっていったのです」

 それでも最近まで交渉が続いていたのには理由がある。

「交渉を終わらせたいなら『金銭問題を解決済み』とXさんから世間にアナウンスすることを、小室家側は求めました。Xさんは、それだけはどうしても納得できなかった」(前出・Xさんの代理人)

 実際、Xさん側にそんなことをする義理はないし、執拗に求められる筋合いもない。しかし、ある人の言葉がXさんの心を動かしたという。11月13日に発表された眞子さまの「お気持ち」だ。

「Xさんは眞子さまの文書を読んで思うところがあったようです。かつて実の息子のように感じた圭くんと眞子さまの結婚を、自分が邪魔をしている──そう感じたXさんは交渉を終わらせようと踏み切ったそうです」(前出・Xさんの代理人)

 Xさんは返金を求めることはない。つまり、もう小室家は借金を返す必要はない──そうしてついに、公然と小室家の借金は“踏み倒された”。もし、眞子さまとの婚約がなければ、そんな状況は起こり得なかっただろう。眞子さまの「お気持ち」は、図らずも小室家の借金を帳消しにする“援護射撃”となった。

「金銭トラブルの当事者である小室さん母子はまったく動かず、“眞子さまをトラブル解決に当たらせた”も同然ではないですか。結果的に眞子さまと秋篠宮さまは他家の借金問題に巻き込まれたことになってしまった」と、別の宮内庁関係者は無念さを滲ませる。

 秋篠宮さまはいまもおふたりに「見える形」での「相応の対応」を求められている。

「眞子さまと小室さんが並んで結婚について説明する会見を開くしか、秋篠宮さまが納得される道はないでしょう。眞子さまにとっては、巻き込まれたものであり、本来はする必要のない“捨て身”の会見です。

 一方で、自分の家の金銭問題の釈明に、眞子さまを同席させられるのは、小室さんには願ったり叶ったりでしょう。場合によっては涙が流れるような厳しい会見になるかもしれない。結婚までの道のりは、まだ波乱が続きます」(前出・別の宮内庁関係者)

※女性セブン2020年12月17日号

関連記事(外部サイト)