気象庁の「生物季節観測」削減 花鳥風月を愛でる意識喪失も

気象庁の「生物季節観測」削減 花鳥風月を愛でる意識喪失も

「春告鳥」ともいわれるうぐいすの初鳴きも観測対象外になった(写真/AFLO)

《春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山際、少し明かりて、紫立ちたる雲の細くたなびきたる。夏は夜。月のころはさらなり、闇もなほ、蛍の多くとびちがひたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光て行くもをかし。雨など降るもをかし》

 いまから1000年前、清少納言が『枕草子』で綴った日本の美しい四季。元号が令和となった現在も、変わらず春の夜明けは美しく、蛍がぼんやりと光って飛ぶ夏の夜は幽玄だ。続けて清少納言は秋の夕暮れについて、空を飛ぶ烏や雁の姿、虫の鳴く音が素晴らしいと絶賛した。

 古来、日本人は自然と調和しながら活動する生物の姿を、季節の移り変わりと重ね合わせて愛でてきた。だが、平安時代から脈々と受け継がれてきた「日本の文化」がいま、存続の危機を迎えようとしている。

「こんなことをしたら、四季の移り変わりを感じられなくなってしまう」

 テレビでおなじみの気象予報士・森田正光さんがそう危惧するのは、気象庁が発表した「生物季節観測の見直し」に関するニュースだ。生物季節観測とは、動植物の様子を定点的に確認して、季節の進み具合や長期的な気候変動などを把握する気象庁が行っている観測のこと。

 例えば、「ホーホケキョ」といううぐいすの初鳴きや桜の開花を観測した日は、春の訪れを示すものとして記録されてきた。この観測はアメリカのスミソニアン研究所の方法に倣って1953年から行われ、現在はアブラゼミやうぐいすの初鳴きなどを観測する「動物季節観測」(23種)と、桜や梅の開花などを観測する「植物季節観測」(34種)の2種類がある。

 観測データは総合的な気象状況の推移を把握することに用いられるほか、生活情報として新聞やテレビで利用されている。長年の慣例に異変が生じたのは11月10日。気象庁が、2021年から「動物」を全廃して、桜や梅など6種類の「植物」のみ観測するとの「大リストラ」を明らかにしたのだ。

「見直しそのものは仕方のないことですが、23種類ある動物観測をすべて廃止することには違和感がある。植物も6種類しか残らず、57種から9種への大削減です。季節観測の目的は、動物や植物の定点観測から、自然や環境の変化や人間の営みとの関係を読み取ること。こうした試みは、温度計や湿度計など観測器では測れない貴重なもののはずです」(森田さん)

観測対象から「動物」の全廃が発表された気象庁の「生物季節観測」

 森田さんが懸念するのは、これにより日本全体から季節感が喪失するのではないかということだ。

「生物季節観測のデータはテレビ局に提供されて、『〇〇で桜が開花しました』『〇〇でツクツクホウシが初めて鳴きました』などとニュースで映像とともに紹介されます。気温が1℃上がったことを伝えるより、生物や植物を通した方が視聴者にわかりやすく伝わる。こうしたニュースによって四季の訪れを感じている人も多い。これがなくなったら、花鳥風月を愛でる日本人の美意識も喪失するのではないかと怖くなります」(森田さん)

 なぜ気象庁は大リストラに踏み切るのか。気象庁観測整備計画課の担当者はこう説明する。

「そもそも季節観測は10〜20年に1度のペースで見直しており、人員削減や予算がらみの処置ではありません。動物については、気象台の周辺の生息数が減ってきたことが理由として挙げられます。

 また、ここ20年で気候が大きく変動し、動物や植物が初めて鳴いたり現れたことを観測できた時点で、すでに季節が移り変わっているケースが目立つようになった。観測から四季の移り変わりを読み取れなくなったことも、今回の見直しの要因です」

 つまり、「ホーホケキョ」とうぐいすが鳴いたからといって、それが春の訪れを示すのではなくなったということ。通常ならば暖かい年は早く鳴き、寒い年は遅く鳴くはずだが、個体数の減少により、初鳴きを観測したときには、すでに春が到来しているケースが増えたというのだ。だが森田さんは、観測が難しくなったことと、観測をやめることは別の話だと指摘する。

「いちばんの問題は観測を廃止すると、これまで67年間積み重ねてきたデータが無意味になるということ。一度やめてしまえば気象現象が自然現象にどう影響を与えたかを検証できず、動植物が長期間でどう推移したかも把握できなくなります。

 例えば、いまは都市周辺で見られなくなったトノサマガエルは、ずっと観測を続けていたからこそ、都市化の影響で姿を消したと判断できたのです。これまでに培った観測データは未来へのバトンなのです」

 国立環境研究所生態リスク評価・対策研究室長の五箇公一さんも「観測は続けるべき」との意見だ。

「もともとの目的は季節の移り変わりの把握だったとしても、いまは環境モニタリングとして大きな意味がある。本来いるものがいないことには大きな意味があるので、『鳴き声が聞こえない』『姿が見えない』ことも定点観測して記録しておくべきです。気象庁で難しければ環境省が引き継いでもいいので、貴重なデータ収集を継続することが望ましい」(五箇さん)

※女性セブン2020年12月17日号

関連記事(外部サイト)