レスリング五輪金の小原日登美 挫折は無駄ではなかった

レスリング五輪金の小原日登美 挫折は無駄ではなかった

2011年12月、ロンドン五輪代表に決まり、夫・康司さんにメダルをかける小原日登美(写真/時事通信社)

 2000年から通算8度にわたり女子レスリングフリースタイルの世界選手権で金メダルに輝きながらも、なかなか五輪出場を果たせなかった小原(旧姓・坂本)日登美(39才)。強力なライバルたちに阻まれ、何度かマットを降りた彼女が、再び五輪出場を目指し、2012年ロンドン五輪では金メダルを獲得。その栄光までの道程について、小原本人が語る──。

 2000年、小原は女子レスリングフリースタイル51kg級の世界選手権に出場し金メダルにを獲得。さらに、女子レスリングが五輪の正式種目に採用されるも、小原が出場していた「51s級」はなく、48kg級、55kg級、63kg級、72kg級の4階級のみ。48kg級にはともに五輪を目指してきた妹・坂本真喜子選手(35才)がいたため、小原は55kg級に階級を上げた。しかし、全日本選手権55kg級に出場した小原は、吉田沙保里選手(38才)に開始24秒で敗退。小原はそのショックから、一旦レスリングから距離をとったという。

 その後、妹や家族の支えもあり、再びレスリングと向き合うことなった小原。2005年、心機一転、自衛隊体育学校の所属となった彼女は、再び世界の頂点を目指し始める。

 同年、ハンガリーで行われた世界レスリング選手権にて51kg級で優勝し、復活を遂げる。だが、姉妹で出場を目指した2008年の北京五輪では、55kg級は吉田選手、48kg級は伊調千春選手(39才)が代表に選ばれ、姉妹ともども代表入りを逃してしまう。

「選手としてやり切ったような感覚を持ってしまった私は、これを機に引退を決意。その後は、妹を五輪に出場させようとサポートに回りましたが、妹は世界選手権で敗退してしまい……。試合後に『これ以上は無理。お姉ちゃんが次のロンドンを目指して』と言われ、妹は2009年に引退しました。私はその言葉を受け、もう一度、現役に復帰したのです」(小原・以下同)

 翌年、同じ自衛隊所属のレスリング選手である小原康司さん(38才)と結婚。登録名も坂本から小原に変えた。

 ちょうどこの頃、48kg級の代表だった伊調選手が引退。小原は48kg級に階級を下げてロンドン五輪を目指すこととなる。

「この頃、けがで夫も現役を引退することになったのですが、『ぼくの夢は日登美を五輪に出場させること』と夫が言ってくれたことも、励みになりました。夫には、アジア大会(2010年)で優勝を逃したときも支えられました。レスリング関係者が私を励ますためにかけてくれた『アジア大会でよかったよ。五輪だったら取り返しのつかないことになっていたね』という言葉がトラウマになり、ロンドン五輪が近づくに連れて、私は逃げ出したくなってしまったのです。

 そのとき夫が『もし五輪で負けても、一緒に戦ってきた人たちは変わらずにそばにいる。勝っても負けてもその後、普通に生活していくだけだ』と言ってくれ、迷いが吹っ切れて……。本当に夫の存在は、とても大きいですね」

 いくつもの壁が立ちはだかるたびに、夫や家族の言葉で勇気を得て乗り越えられたと語る。その後押しがあきらめそうになったとき背中を押してくれたのだ。

 だが、五輪に向かう道程では、夫の協力があるとはいえ、家事との両立は困難を極めたという。

「特にレスリングは体重コントロールが重要です。私は多いときには57kgあり、大幅な減量が必要でした。そこで代表に決まってからは、トレーニングに専念できるよう夫と話し合い、八戸の母に家事全般、3度の食事のサポートを頼みました。

 母は栄養バランスを考慮し、その頃ちょうど流行っていた、タニタ食堂のレシピを参考に献立を考えてくれました。ご飯は100g、魚や肉、豆腐など筋肉の材料となるたんぱく質をメインに、野菜料理や具沢山の汁ものなど、バラエティー豊かで満足度の高い献立だったので、減量もつらくありませんでした」

 そして31才で迎えた夢の舞台、ロンドン五輪では決勝戦まで勝ち進み、メダルは確実となる。だが、ここで最後の壁が立ちはだかる。1ラウンド目で、相手に1ポイント取られてしまったのだ。

「『このままじゃ負ける!』と焦り、すがるような気持ちで客席を見ました。すると、自衛隊のコーチたちが必死に応援してくれていて、『ダメだ、弱気の自分が出た』とわれに返ることができました」

 落ち着きを取り戻した彼女は、2ラウンド目に1ポイント取り返し、3ラウンド目で2ポイントを取り、ついに念願の金メダルを手に入れる。

「マットから降りると夫は泣いていました。翌日会いに来てくれた妹とも抱き合って、ともに泣きました。自分を支えてくれた家族に、金メダルを見せられてホッとしました」

 私が強くなれたのはサポートしてくれたコーチや家族だけでなく、吉田選手や同じ八戸出身の伊調姉妹などライバルの存在も大きかった。

「それに、父によく『人はどこからでもやり直せるから』と言われていましたが、私の人生はまさにその言葉通りだったと思います。つらいことがあっても、みんなで支え合って前に進めば必ず明るい未来につながっていく。金メダルがそれを教えてくれました」

【プロフィール】
小原(旧姓・坂本)日登美(おばら・ひとみ)/1981年1月4日生まれ、青森県出身。2005年中京女子大学(現・至学館大学)卒業後、自衛隊に入隊。2000〜2011年の間の世界レスリング選手権で8個の金メダルを獲得。2008年に現役を引退するも、2009年に復帰。2010年に1才下の後輩・小原康司さん(38才)と結婚。2012年にロンドン五輪のレスリング女子フリースタイル48kg級で金メダルを獲得。現在は自衛隊体育学校で後進の指導に当たる。6才男児と4才女児の母。

取材・文/廉屋友美乃

※女性セブン2020年12月17日号

関連記事(外部サイト)