金子恵美 不倫した夫の「生き方を変える」という言葉信じる

金子恵美 不倫した夫の「生き方を変える」という言葉信じる

2度も夫の不倫が明らかになった金子恵美さん

 いま、日本で最も注目を集めている夫婦と言っていいだろう。夫・宮崎謙介さん(39才)の浮気を許すまでの心情をつづった『許すチカラ』を出版したタイミングで、また浮気が発覚した、金子恵美さん(42才)。度重なる夫の不祥事に、それでも許すのか、注目が集まる。

 11月29日に生出演した情報番組『サンデージャポン』(TBS系)では、夫が緊急謝罪。金子さんも、「前回のスキャンダルで苦しんだのにもかかわらず、“また、なぜ?”と正直あきれました。しっかりと反省をして態度で示してほしい」とし、今後も動向を見守ること、そして離婚はしないことを明らかにした。

人に好かれ、気配り上手の彼に惹かれた

「宮崎との出会いはお互いが衆議院議員として初当選した2012年の初登院のときです。宮崎は国会議事堂の階段を上る私を見かけてすぐ、私が何者かをリサーチしたらしいのです」

 その日のうちに声をかけられ、同じ派閥で大学の後輩ということが判明。連絡先を交換し、相談し合う仲となる。そこからつきあうようになるのは自然な流れだった。つきあって2か月ほど経った旅行先で指輪を贈られ、プロポーズされた。

「日々の議員活動があるのに、この人、どうしちゃったんだろう、と。うれしくないわけではないけれど、お互い次の選挙でも勝って、選挙区のかたたちに認めてもらってからでないと結婚は考えられないと、そのときは保留にしました」

 しかしその後も交際を続け、次第に、きめ細かな気配りができる彼の魅力に惹かれ、2015年に結婚を決めた。

「私にはよくサプライズでプレゼントをくれました。でもそれは好きな人だから当然とも言えますよね。でも、宮崎は私ばかりでなく、周りの人にもよくプレゼントをしていました。“今日はあの先生の誕生日だから、ちょっと贈り物を届けてくるね”なんていうことが日常茶飯事。それも、贈る相手のことをきちんとリサーチして、その人の心に響くモノを選ぶんです。その細かい気配りは真似できないと思いました」

 同性の友人も多く、彼の周りにはいつも自然と人が集まるのだという。

「私にはない社交性をもっていて、この人と一緒なら私に足りない部分も補え、楽しく暮らせると思いました」

政治家ゆけに許せたと振り返る

 結婚の翌年の2016年2月、子宝にも恵まれ、まさに出産のその日、例の事件が発覚した。

「病室に来て、何か言いたいのに言い出せないようで……。やっと発した言葉が“週刊誌に載ります”でした」

 よりによって出産したその日に、浮気をしていたと聞けば、普通の女性なら怒るのが当然のはず。ところが、

「政治家という職業だからこそ生まれた、特殊な価値観なのでしょうが、お金や薬物がかかわるような犯罪でなかったことに、ほっとしました」

 宮崎さんは議員を辞職し、政治家としてのけじめをつけた。その後は憔悴し、目を離せない状況が続いた。その姿に、彼が記者会見で言った、「心から反省してよい父親になりたい」という言葉に嘘がないことを実感した金子さんは、そこで許そうと思ったという。

「夫が猛省し、生き方を変えると言ってくれたことを受け入れたんです。私自身が彼を信じ、許し、一緒に歩んでいこうと決めたのです」

 2016年、金子さんが総務大臣政務官に就任したとき、宮崎さんの喜びようといったら、見ている方が当惑してしまうほどだったという。そこで、金子さんの母親が宮崎さんに尋ねた。

「あなたも政治家だったのだから、本当は悔しいでしょ?」

 宮崎さんの返答を母から聞いて、金子さんは彼に惚れ直したという。

「“ぼくのことで大変な目に遭ったのにもかかわらず、政務官というチャンスをもらえたのは、恵美の実力が評価されたということ。これほどうれしいことはない”と言ったそうです。心から応援していないとあの言葉は出ないわよ、と母も感動していました」

4年ぶり2度目の不倫の結末は……

 そんなこともあっての2度目の不倫。金子さんはもう政治家ではない。前回のような特殊な価値観下にはいないが、それでも「家族なので軽べつはしていない」と言う。今回は前回と状況が違うようだ。こんなコメントを残している。

「(不倫報道後、初の夫婦“共演”となった『サンデージャポン』では)いろいろな背景や事情をのみ込んで謝罪に徹しました。またご意見や厳しい声もあり、それに対して宮崎本人は言いたいこともあったと思うんですけど、そこは当然、謝罪の場だったので反論はしませんでした」

 さらに、「前回と違うのは、私は実は法的措置を考えて、いま弁護士と相談しています」という言葉も残している。1度目の不倫を乗り越えてからの今回の事件。今度は家族としての絆が、許すチカラとなっているようだ。

【プロフィール】
金子恵美(かねこ・めぐみ)/新潟県生まれ。2012年衆議院議員に初当選。10年間の議員生活を経て、現在は企業顧問とテレビコメンテーターを中心に活躍中。2020年『許すチカラ』(集英社)を出版。

取材・文/土田由佳

※女性セブン2021年1月1日号

関連記事(外部サイト)