小室圭さん登場で皇室との距離感がイギリスのように?識者見解

小室圭さん登場で皇室報道に変化か 米国では王室が「セレブ一家」的なゴシップ対象に

記事まとめ

  • 編集者の中川淳一郎氏は、小室圭さんの登場が「新しかった」と語る
  • 小室氏の登場により、日本の皇室と国民の距離感がイギリスに近づいたとの意見も
  • 眞子さまと小室氏の行く末は「皇室への距離感を変えるきっかけになるかも」とも

小室圭さん登場で皇室との距離感がイギリスのように?識者見解

小室圭さん登場で皇室との距離感がイギリスのように?識者見解

小室氏の登場が国民の皇室への距離感を変えるきっかけに?(撮影/JMPA)

 11月13日に秋篠宮家の長女・眞子さま(29才)が発表した「お気持ち」文書は、小室圭さん(29才)との結婚の意思を強く感じさせるものだった。

〈私たちにとっては、お互いこそが幸せな時も不幸せな時も寄り添い合えるかけがえのない存在であり、結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択です〉

 これを受け、父親である秋篠宮さま(55才)は11月30日の55歳の誕生日を迎えたことにあたっての会見でこう述べられた。

〈それは結婚することを認めるということです。これは憲法にも結婚は両性の合意のみに基づいてというのがあります。本人たちが本当にそういう気持ちであれば、親としてはそれを尊重するべきものだというふうに考えています〉

 この2つの件を受け、眞子さまと小室さんの結婚に関する報道が多数登場、お2人の結婚への関心の高さを伺わせた。小室家が「金銭問題」をクリアしていないことからSNSの書き込みやニュースサイトのコメント欄では否定的な意見が多かったが、小室さんの登場は「新しかった」と語るのは、長年にわたり皇室関連のネット記事を編集してきた編集者の中川淳一郎氏。

「今でもそうですが、皇室関係の報道って妙に奥歯にものが挟まったようなものが多いです。たとえば、雅子さまが公式行事にあまり出席されないことを『心配している風』に書くのに、『関係者』による懸念の声や『このままでは伝統が守れないのではないでしょうか』といった苦言を紹介し、実際は批判しているものが多かったです。読者の中には雅子さまや愛子さまのことを呼び捨てにして悪口を書くものもありましたが、現在とは雰囲気が違います。メディアもそこまであからさまに批判的ではない、という微妙な書き方をしていた」

 そこに変化が見られたきっかけが、小室さんの登場だったというのだ。小室さんと母・佳代さんの2人に対しては、金銭問題があったことや「皇族ではない」ということで批判的論調で報じているメディアが多い。ただし、「皇族と関わっているから……」ということで、「小室さんの英語力が高い」などと若干の「寸止め」感もある報道が目立っている。

「メディアも当然“風見鶏”みたいな部分があるので、『奥歯にものが挟まった』から批判的論調に変化するのも読者の反応を見ながらやっているでしょう。小室さんに対して批判的論調にし、秋篠宮家が困っているといった内容にすればアクセス数が稼げると考えるメディアもあると思います」

 そういった意味では、日本の皇室もスキャンダルの対象となったといえるかもしれない。過去には高円宮家の長女・承子さま(34才)がミクシィに2人の男性からナンパされたことや、ヤモリの刺青を入れたい気持ちなどを明かされたとされた時は、「奔放すぎるプリンセス」などと評されたものの、大きなバッシングには至らなかった。

皇室の見られ方は英王室に近づくか?

「小室さんの登場によって、日本の皇室と国民の距離感が英王室と国民の距離感に近づいたかもしれない」(中川氏)との意見もあるが、英王室に詳しい識者はどう見るか。

 現在、上野の森美術館では「KING & QUEEN展」が開催されており、テューダー朝から現在のウインザー朝までの王室にかかわる人々のポートレートなど90点を展示している。ロンドン・ナショナル・ポートレートギャラリーの所蔵する作品が展示されており、英王室1000年以上の歴史のうち、約500年を振り返り、映画にもなった『英国王のスピーチ』や『エリザベス』の背景を知ることができるとともに、英王室がどのように扱われてきたかも理解できる。

 同展覧会の主催社の一社である東京新聞事業局文化事業部の小山田有希氏は英王室と国民からの距離感についてこう語る。

「イギリス王室は、歴代のロイヤルファミリーについて色々なエピソードが垣間見えるところが興味深いと思います。例えばテューダー朝(1485年〜1603年)のヘンリー8世は6人の妻を持ち、うち2人と離婚、2人を処刑したことで有名です。また、イギリス王室は長い伝統を受け継いでいますが、途中でドイツ出身の方を王室に入れて残っている面もあり、自由な部分が多いような気がします。王室を離脱したメーガン妃にしてもアメリカの女優でしたからね」

 このように、まったくの品行方正が求められているわけでもなく、外国出身者も王室入りするなど、日本よりも柔軟な対応をしているように見受けられる。そして、話は世界的人気を誇ったダイアナ妃(1997年逝去)にも及ぶ。

「イギリス王室の場合、ダイアナ妃の場合、かなりきれいな方だし、人気もあったので話題になりました。展覧会ではダイアナ妃がウイリアム王子やヘンリー王子を抱いている写真もありますが、とてもきれいで人気があります。晩年、パパラッチから狙われることもあったと聞きますが、英国ではヴィクトリア女王の時代以降、広報的な意味でも王室の写真が出回るようになり、現在のエリザベス女王も、威厳ある戴冠式の写真から、家族写真のような親近感を感じられる写真などさまざまな写真や肖像画を公開しているため、『身近にみられる対象』という文化はありました。それが、後にスキャンダルの対象になったわけです。逆にそういうことを国民が話せたり、メディアが報じるぐらいに色々な情報が伝わっていくようになりました」

 英王室グッズも多数販売されており、国民にとっては「セレブ一家」的なゴシップの対象となっている面もある。これからの日本の皇室報道も英王室のように変化していくのだろうか? 前出の中川氏はこう語る。

「眞子さまと小室さんが結婚した場合、相当注目されることでしょう。その時こそ『開かれた皇室』的な報道が増えるかもしれません。それこそ、皇族がいわゆる“パリピ”的雰囲気がある、という声が上がったとしても『それはそれでいいじゃない』的な反応です。そういった意味で、今回のお2人の行く末はメディアの報道のあり様、国民の皇室への距離感を変える1つのきっかけになるかもしれません」

ドロシー・ウィルディング撮影、 ベアトリス・ ジョンソン 彩色《エリザベス 2 世 》(c)William Hustler and Georgina Hustler / National Portrait Gallery, London

関連記事(外部サイト)