小室圭さん「眞子さまと結婚」で数千万円稼ぐバラ色の未来も

小室圭さん、ニューヨーク州の弁護士資格生かし日本で就職なら年収3-4千万円か

記事まとめ

  • 小室圭さんは、2021年の夏にニューヨーク州の司法試験を受験するとみられている
  • この資格では日本では弁護士として活動できないが、外国法事務弁護士として働く道も
  • トップ弁護士が所属する5大法律事務所が採用を積極化しているため、年収3〜4000万円も

小室圭さん「眞子さまと結婚」で数千万円稼ぐバラ色の未来も

小室圭さん「眞子さまと結婚」で数千万円稼ぐバラ色の未来も

小室さんが結婚で得られるのは愛と…(撮影/JMPA)

 11月末に行われた秋篠宮さまの「結婚容認会見」によって、3年近く膠着状態が続いていた眞子さまのご結婚が、いよいよ最終章へ向けて動き出した。小室圭さんは2018年夏から留学中で、2021年の夏にはニューヨーク州の司法試験を受験するとみられる。おふたりの新居は日本ではなく、小室さんが研鑽を積む米ニューヨークという説も根強い。

「ただ、この資格では、基本的に日本では弁護士として活動できません。資格を生かすならニューヨークの外には出られないのです」(法科大学院関係者)

 となると、眞子さまもニューヨークへ渡られることになるのだろうか。

「ニューヨークは東京より物価が高いですし、海外での警備は国内でのそれと比べてかなり難しく、大使館が世話を焼いたり地元警察に根回ししたりする必要があります。それでも、眞子さまにとっては国内で暮らすより、ずっと気が楽かもしれません」(官邸関係者)

 そうした場合、小室さんは母の佳代さん、そして佳代さんと同居する祖父を遠くふるさとに残すことになる。

「そもそも、小室さんは弁護士になろうなんて思っていないはずですよ。母親思いの彼は日本に戻って働くでしょう」

 そう語るのは、小室家の関係者だ。

「一橋大学大学院でも、法律ではなく経営理論や経済学を学んでいましたから、資格を得て帰国したら、グローバル企業や大手外資系金融企業でファイナンスの専門家として働こうと考えているのでしょう。外国の法律に詳しいだけでなく、弁護士資格も持っていれば、確実に高収入も期待できます」

 ほかにも、ニューヨーク州の弁護士資格を生かし、外国法事務弁護士として働くという道があるという。

「そのためには勤務実績が必要なのですが、2020年、法改正があり、外国での勤務実績は1年間でよくなりました」(法曹関係者)

 追い風はさらに吹いている。

「日本のトップ弁護士が所属する5大法律事務所が、この外国法事務弁護士の採用を積極化しているのです。もちろん5大法律事務所は、給与水準も高い。いまは売り手市場ですから、年収3000万〜4000万円くらいの可能性は大いにあります」(前出・法曹関係者)

 ご結婚された場合、眞子さまには1億円を超える「一時金」が払われるため、当座の生活には困らないとみられる。つまり、結婚直後は“皇室マネー”に頼りつつ、小室さんが定職に就けば、眞子さま、そして佳代さんと暮らすという小室さんのバラ色の未来は現実味を帯びていく。

 秋篠宮さまは《両性の合意にのみに基づいて》結婚が成立するとした憲法第24条第1項を基に、眞子さまの結婚を容認された。その条文はこう締めくくられている。

《相互の協力により、維持されなければならない》

 ぜひとも税金を原資とした“皇室マネー”を頼りにせず、相互の協力で婚姻を維持されたし。

※女性セブン2021年1月1日号

関連記事(外部サイト)