美智子さまの次に雅子さま 皇室カレンダー”逆転”の違和感

「皇室カレンダー」令和3年版が発売 上皇ご夫妻と両陛下の写真掲載順に違和感も

記事まとめ

  • 「皇室カレンダー」令和3年版が発売されたが、違和感を抱く関係者は少なくないという
  • 3・4月には上皇ご夫妻、天皇陛下と雅子さまの写真は5・6月に掲載されている
  • 上皇ご夫妻が先に掲載されたことについて、驚きの声が出ているという

美智子さまの次に雅子さま 皇室カレンダー”逆転”の違和感

美智子さまの次に雅子さま 皇室カレンダー”逆転”の違和感

3・4月の面には上皇さまと上皇后さま(菊葉文化協会HPより)

 年の瀬が近づき、新年の準備を始めるこの時期。新しいカレンダーの用意を始める家庭もあるだろう。そんな中、「皇室カレンダー」の令和3年版が発売された。だが、首をかしげる関係者は少なくないという。「皇室カレンダー」は、公益財団法人「菊葉文化協会」が宮内庁の許可を得て製作・発行する、いわば“皇室公式カレンダー”だ。

 カレンダーには天皇皇后両陛下と上皇ご夫妻、秋篠宮ご一家の写真が2か月ごとで分けて掲載。平成31年版、令和2年版の発行部数はそれぞれ、壁掛式と卓上型を合わせて14万部を超える。“1万部売れればヒット”といわれるカレンダー業界において、目を見張る人気ぶりだ。

「カレンダーは皇室と国民をつなぐ重要な役割を担う、数少ない商品。宮内庁にはカレンダー対応にあたる係がいるほどです」(宮内庁関係者)

 だが、そんな公式商品に、関係者の間で囁かれる「違和感」があるという。令和3年版カレンダーの1枚目となる1・2月は天皇皇后両陛下と愛子さま、上皇ご夫妻、秋篠宮ご一家の集合写真。つまり、天皇家の方々が集まられた写真だ。注目されるのは、続く3・4月である。

「平成31年版では、当時の天皇皇后両陛下である上皇ご夫妻の写真が、集合写真に続いて掲載されました。皇室カレンダーは、その時代の皇室の“主役”の写真が優先して掲載されるのでしょう。そうした通例上、令和版の3・4月は天皇皇后両陛下の写真になると思われました」(皇室ジャーナリスト)

 ところが、3・4月には上皇ご夫妻の写真が掲載された。天皇陛下雅子さまの写真は、上皇ご夫妻の写真の次の5・6月。掲載順に逆転現象が起きたのだ。

「前回の令和2年版でも、上皇ご夫妻の掲載順が両陛下より先。当時、それを疑問視する声もありました。前回は令和元年に製作されたので、御代がわりで多忙で調整が間に合わなかったのかもしれません。ですが、調整の時間が充分にあったはずの今回も、同様に上皇ご夫妻が先。疑問の声があっても掲載順を変えない協会の姿勢は、“確信的”にも感じます。関係者の間でも、驚きの声は少なくないと聞きます」(前出・皇室ジャーナリスト)

 5・6月に掲載された両陛下の写真は、陛下と雅子さまがそれぞれ単独で写られたものだ。陛下は4月に行われた稲作行事「お手まき」、雅子さまは5月の「ご給桑」の写真。どちらも既報のもので、テレビニュースや新聞報道で見覚えのある人もいるだろう。しかも、雅子さまは今回のカレンダー写真の中で唯一、マスクをされ、お顔も隠れている。

 両陛下の写真は11・12月にも掲載され、それは2020年の陛下の誕生日に公開されたツーショットだ。あわせて2019年の誕生日に公開された愛子さまの写真も掲載された。だが、それらはすべて公開済みのもので、“使いまわし”にも感じられる。

 前出の宮内庁関係者は「写真はカレンダー用に撮り下ろすわけではなく、既にあるものを使うのが原則。そのため、公開済みのものが使われること自体はおかしくない」と言う。だが、そう念を押した上で、次のように言う。

「ただ、3・4月、9・10月に掲載された上皇ご夫妻の写真は見覚えがありません。7・8月の秋篠宮ご一家の写真も、これまでメディアで公開されたものではないでしょう。ご一家のお手持ちの写真が選ばれたのだと思いますが、悠仁さまのご身長から察するに、比較的最近撮られたものではないでしょうか。そうした例外がある中で、両陛下と愛子さまだけ既報の写真だと、どうしても“悪目立ち”するように感じます」

 では、なぜ両陛下の写真は順番が後ろに、さらに “使いまわし”のものとなったのか。その理由は発行元の「菊葉文化協会」にあるという。

「『菊葉文化協会』は内閣府所管の公益財団法人で、宮内庁職員のOBが多く所属。上皇陛下が天皇在位中に仕えていた職員も大勢います。さらに、協会の理事長は元宮内庁長官の羽毛田信吾氏。長官時代に上皇ご夫妻をそばで支えた、“側近中の側近”です」(皇室記者)

 そうした人々がカレンダー製作を進める中で、「まず美智子さま、次に雅子さま」という掲載順の方針が決められたのだろう。

「協会を支える元宮内庁職員の多くは、上皇ご夫妻を長年支えてきた人たちですから、ご夫妻を敬愛される気持ちを強く持っているのでしょう。ですが、この掲載順では“皇室の中心はいまも上皇ご夫妻”と思われかねません」(別の宮内庁関係者)

 さらに、掲載された写真の中には、実は隠し写真がある。3・4月の写真の上皇ご夫妻の背景には、1つの写真が飾られている。

「そこに写るのは、若かりし頃の美智子さまと長女の黒田清子さんです。つまり、“写真の中の写真”を含めると、今回のカレンダーで美智子さまが写った写真は計4枚。最も多く登場されるのは、天皇陛下や雅子さまではなく、美智子さまということになります」(前出・皇室関係者)

 写真の選定について、前出の宮内庁関係者は言う。

「掲載写真は基本的に協会が選ぶもの。あくまで協会と宮内庁がやりとりして決まるのであって、そこに皇族方の意思は介在しないでしょう。ですが、結果的に両陛下よりも上皇ご夫妻が“立てられた”形になった。そこに、宮内庁側の忖度があるように思えてならないのです」

 現在、天皇皇后両陛下を支える侍従職は、もともと皇太子同妃時代から東宮職として支えてきた職員が多い。一方、上皇ご夫妻を支える上皇職の多くは、30年超にわたった平成時代にご夫妻に仕えた侍従職の持ち上がり。宮内庁幹部にも上皇ご夫妻の立派さを近くで感じてきた職員が多く、ご夫妻の意向を優先しようとする雰囲気が少なくないという。

「皇族方にそうした意識はなくても、職員が現場レベルで“分裂”している状態なのです。そうした職員たちの持つ“上皇ご夫妻ファースト”という本音が、カレンダーの掲載順という形で発露したのではないでしょうか」(前出・宮内庁関係者)

 美智子さまは御代がわり以降、天皇皇后両陛下が“主役”となって国民との絆を深められることを望まれてきた。そんな美智子さまは、ご自分が“主役”と見られかねないこのカレンダーを、どのようなお気持ちでご覧になっているのだろうか。

※女性セブン2021年1月1日号

関連記事(外部サイト)