職場、学校、近所付き合いでも「コロナハラスメント」が横行

職場、学校、近所付き合いでも「コロナハラスメント」が横行

コロナ差別はよくないと誰もが理解しているはずだが。写真は愛知県豊川市・豊川青年会議所による新型コロナウイルスの感染者や濃厚接触者への差別をなくすためのキャンペーンポスター(時事通信フォト)

 新型コロナウイルスに関わる差別・偏見をなくそう、と聞けば、反対する人はいないだろう。ところが現実には、以前から続く職場などでのハラスメントを背景に、差別や偏見に基づいた歪んだ言動がまかり通っている。ライターの森鷹久氏が、職も人間関係も、ご近所付き合いも、コロナをきっかけに広がるハラスメントによって壊れつつある現実をレポートする。

 * * *
 もはや誰の目にも明らかになった、新型コロナウイルス感染拡大の「第三波」。今年3月ごろから始まり、夏頃「第二波」を経て一度は収束に向かったように見えた。ところが、一年の中で一番寒く乾燥する「ウイルス感染」が起きやすいシーズンにさしかかり、新規感染者数が増え始めると、テレビや新聞では悲観的な見解があふれ出した。

 こうした空気は、すでに市民の間にも蔓延し、日常生活に小さくない悪影響を及ぼしている。まだ誰も言わないが、さまざまな場所で「パニック」が起きているのではないか? さらに、それを見逃したり、意図的に見ようとしないことで、近い将来、大きなパニックを呼び込むことにならないか。

「飲食店というサービス業のため、リモートワークはどうしてもできない。怖いながらも働く私たちに、店長は『ごめんね』と声をかけてくれて、万が一、コロナに感染したとしても『誰のせいとかではなく仕方のないこと』と言って励ましてくれました」

 東京都内のレストランチェーン勤務・森野裕子さん(仮名・30代)は今年7月ごろ、店長から優しく声をかけられたことを思い出す。売り上げは前年同月比の半分以下、残業がないから残業代も出ず、少ないながらも毎年10万円程度は出ていた業績連動型のボーナスも支払われることはなかった。それでも、優しい上司がいるし、仕事がない人に比較すればマシ、衣食住が欠けているわけでもない。「コロナさえ収束すれば」と前向きだった。

 ところが今年11月、同僚のコロナ感染が発覚。家族が感染していたことから、検査によって同僚の感染も判明したというパターンで、森野さんや数人の従業員、そして店長も「濃厚接触者」となったのである。すると、店長は豹変した。

「従業員の感染を本社に言うなと店長が私たちに口止めし、隠蔽しようとしたんです。そんなことできないと言うと、今度は会社の常務という人から電話がかかってきて、店の消毒代、休業期間中の損失は全て従業員に補填させるなどと言い始めたんです」(森野さん)

 優しかった店長の姿はそこになく、感染した従業員、そして森野さんたちが「いかに怠惰か」という嘘の釈明を延々と常務に続けたのである。責任回避、自分だけは会社に残りたい、そんな意図が店長にあったかはわからない。だが、感染した従業員は自主的な無給の休業を強いられ、反発しようものなら退社を仄めかされる。感染した同僚は、電話口で泣きながら森野さんに詫びたという。

「10年以上勤務してきた私達にこの仕打ちかと絶望し、店の従業員の8割が辞めました。表向きはコロナによる営業縮小と発表されていますが、実情は違う。今はもう、何も信じられません」(森野さん)

 福岡県在住の会社員・松尾壮一郎さん(仮名・20代)も、コロナのせいで友人を失ったとうなだれる。

「無二の親友が、今年の春挙げる予定だった結婚式を、コロナの影響で夏に延期していました。でも、夏になっても感染者数が多かったので秋へ延期に。そしてこの10月に、やっと式を上げる段取りが出来、あと二週間で親友は晴れ舞台に立つはずでした」(松尾さん)

 前祝いも兼ねて、数度親友と飲んだという松尾さんだったが、会社の同僚がコロナ感染。調査の結果、松尾さんは濃厚接触者には該当しなかったものの、親友に事実を告げた。もし松尾さんが感染していれば、親友も、その新妻にも危険が及ぶ。とはいえ松尾さんに体調の変化はなく、念の為、親切心からの「申告」である。しかし友人の反応は意外なものだった。

「やっと式を挙げられるのにふざけるなと、すごい勢いでキレられました。気持ちはわかるし、どうしようもないこととはいえ、悪いことをしてしまったという気持ちもありました。ただ、あまりに一方的に責められて……」(松尾さん)

 親友は、松尾さんのせいで式が挙げられなくなったら、式場のキャンセル料を支払えとまで言ってきたのである。

「友人はすでに2回の延期で、100万円近いキャンセル料を払っていたんです。だから気持ちはわかります。でも、俺だってわざとじゃない、祝う気持ちしかなかった。なのに……」(松尾さん)

 結局この事がきっかけになり、20年来だったという二人の仲は裂かれてしまった。松尾さんの同僚に感染者が出たこと、その松尾さんと数度飲んだという事実を全て伏せて、親友は挙式を敢行。松尾さんは結婚披露宴はもちろん、二次会にも呼ばれることはなかった。

 感染していない状態でも、疑心暗鬼から、人々の心は荒んでゆく。そこに感染者がいれば、なおさらだ。千葉県在住の主婦・首藤隆子さん(40代・仮名)は夫がコロナに感染。感染経路不明だが症状は軽い咳が出る程度、入院やホテル療養を案内されることはなく、自室で生活している。困るのは、首藤さんとその息子が、同じ自宅内で生活せざるを得ないことである。

「学校には夫の感染を伝え、先生達が配慮してくれているのですが、子供はすでに学校に行きたがらなくなっています。また、ご近所さんには、夫は出張に行っているということにしているのですが、ある日、窓から外を覗いている夫を見たというお隣さんがみんなに言いふらしてしまって。自宅に籠もる残りの日々を、夫は自室の電気もつけず、決して見つけられてはならない犯罪者のようにひっそりと過ごしました。でも、今も噂が広がっていて、近所付き合いがギクシャクしています」(首藤さん)

 誰も好きで感染する人はいない。感染症という病気の前では、誰もが等しく危険にさらされ、いつ罹患するか分からない。感染したからといって責められるべきではない。しかし、そんな「仕方ない」を許さない職場もある。

「鼻水が出ても咳が出ても、頭痛があっても熱があっても出社が前提。感染は自己責任なのだから、会社に迷惑をかけるな、そうはっきりと言われました」

 東京都内の人材派遣会社・P社に勤務していた星野英彦さん(仮名・20代)は、自身の所属する部署で「クラスター」が発生。星野さんはPCR検査を受け、結果は「陰性」だったというが、そこに至るまで、上司との壮絶なやりとりがあったという。

「まず、体調が悪い、と言っただけで、数時間の尋問と反省文を書かされ、自身に責任があると念書まで書かされます。そして、病院や検査に行くなら、会社を辞めてからいけ、と恫喝されるんです。検査の結果、万が一感染して社内に影響が出るようなら、損害賠償だと言われた同僚もいました」(星野さん)

 以前からパワハラ体質の会社であることは分かっていたが、コロナの影響で業績が右肩下がりになると、それに拍車がかかった。

「社員達も脅されるのが怖くて、もしコロナに感染しても、入院で二週間も休めないから検査は受けないと言い、咳き込みながら仕事をしていました。その挙句にクラスターが発生した。保健所からの聞き取りもあったはずですが、当然口止めされました。もう流石に許せなくなり、つい最近会社を辞めたんです。この事実をマスコミにも報じてほしいと、情報提供をしています」(星野さん)

 夏から秋にかけ、一度は感染拡大の「ピーク」があり、そこを乗り越えたように思っていたからこそ、再びの新規感染者増加に絶望してしまうのかもしれない。悲観的になった人々からは余裕が消えはじめ、自分以外のモノやコトを攻撃し、そこに責任を見出そうとする。その行動は明らかにハラスメントだし、そう指摘されればやってはいけないことだと感じるだろう。しかし冷静に考えてみれば、こんなに馬鹿げたことはないと思うのだが、ハラスメントの加害者はたいてい、理由があっての行動だからそれはハラスメントではないという詭弁を自然と操ってしまう。会社を守るために、新人を成長させるために、地域の安心を得るためになどの口実が、コロナにまつわるハラスメントの正当化に利用されている。コロナでパニックを起こした今の社会は、誰でも簡単にハラスメント加害者なってしまう恐ろしい現実に直面している。

関連記事(外部サイト)