草創期からのウーバー配達員、「地蔵」激増とマナー悪化を憂う

「ウーバー地蔵」に配達員が嘆きも あるマクドナルドは店前での待機を禁止の張り紙

記事まとめ

  • 人気ファストフード店前等で勝手に待機し続ける「ウーバー地蔵」が出現しているという
  • 「地蔵」とは、球が飛んできても守備のため動けない選手などを揶揄するネットスラング
  • 「地蔵」は配達リクエストを待つ間、路上で待っているといい、最近は地蔵禁止の店舗も

草創期からのウーバー配達員、「地蔵」激増とマナー悪化を憂う

草創期からのウーバー配達員、「地蔵」激増とマナー悪化を憂う

「ウーバー地蔵と一緒にされたくない」(イメージ)

 皆で盛りあがるコンサートやライブでじっと動かない人や、ボールが飛んできているのに守備のために動けない野球選手などを揶揄して「地蔵」と呼ぶネットスラングがある。今は地蔵と呼ばれるものの範囲が広がり、フードデリバリー需要が激増した2020年には、人気のファストフード店前などで勝手に待機し続ける「ウーバー地蔵」が出現している。だが、数年前にウーバーイーツが日本に上陸したときは、オシャレな人たちの趣味と実益を兼ねた新しい仕組みとしてとらえられていた。俳人で著作家の日野百草氏が、「同じだと思われたくない」と話す草創期からのウーバーイーツ利用者の嘆きをレポートする。

 * * *
「私も迷惑してるんです。同業者と思われたくありませんから」

 ヨーロッパの有名ロードレースチームのサイクルウェアをばっちり着込んだウーバーイーツの配達員(配達パートナー)の島野さん(仮名・30代)に都心の駐輪場で声を掛けた。地方では少ないが、都心部ではロードレースさながらのコスチュームでフードデリバリーサービスに従事している配達員も少なくない。ヘルメットもしっかり被り、スマートな長身にカラフルなユニフォームがキマっている。もちろん自転車も高級海外ブランドだ。筆者も20代のころはイタリアの自転車ブランドBianchi(ビアンキ)、Battaglin(バッタリン)などのフレームにCampagnolo(カンパニョーロ)のグループセットで草レースに参加していたので同好の士として興味は尽きない。これだけキメていると背中の大きな「Uber Eats」のロゴバッグもかっこよく見えてしまう。

「交通規則もしっかり守りますし、地蔵なんかしません。私としては待ってる間も軽く流していたほうがいい」

 島野さんは筆者のウーバー問題を取り上げた記事『「一生働くとは思ってなかった」と70代のUber配達員は言った』や『「ウーバー地蔵」急増 都心の「子連れウーバー」は大丈夫か』を読んだとのこと。快く思われないかもしれないと不安になったがそれは杞憂で、配達員のトラブルはウーバージャパンにも原因があると同意してくれた。

 ちなみに断っておくが「ウーバー地蔵」なる言葉は筆者が考えたものではなく、Twitterで検索しても2019年11月に「ウーバー地蔵する」、2020年2月にも「ウーバー地蔵してきました」「ウーバー地蔵やってみた」のツイートが散見される通り、以前から一部配達パートナー界隈のスラングとして使われていた。その後のコロナ禍による爆発的な配達員の増加と過当競争により大量の配達員が地蔵化し、嫌でも悪目立ちするようになってしまった。実際Twitterでも緊急事態宣言が発令された4月には「ウーバー地蔵クソ増えてる」「ウーバー地蔵が5人ほどいます」とツイートされ、さらに解除の5月から6月ともなると「ウーバー地蔵が街に多すぎる」「ウーバー地蔵が警察に取り締まられている」「ウーバー地蔵の溜まり場になっててスラム」「ウーバー地蔵10人確認」と、地蔵行為やそれを指す「ウーバー地蔵」なるミームの浸透していく過程がわかる。島野さんもこんな状態になるとは思わなかったという。

「ああいう連中を(ウーバージャパンが)野放しにするから私も同類に思われて困るんです。地蔵だって最近は度が過ぎてます。不景気で競争が激しくなったのか配達員が増えた分、質の悪い連中がのさばってます」

 専業でがっつり稼ごうとする配達員とは違い島野さんは半分趣味、本業はフリーランスのウェブデザイナーで、片手間の副業兼、自転車のトレーニングとのこと。ウーバー・テクノロジーズが推奨する “いつでもどこでもご自身の都合に合わせて稼働することができます。1時間だけでも、週末だけでも”という本来のコンセプトにマッチした働き方だ。

「注文を取りに来たわけでもないのに店の前にずっと集団でたむろってたら、そりゃ迷惑ですよ。実際に注文を取りに来て待ってるのに地蔵と同類にされます。(店の)お客や通行人には区別なんかつかないわけで」

複アカつかってなりすまし。連中はやりたい放題です

“地蔵”は配達員がウーバーイーツからの配達リクエストを待つ間、路上や店頭で待つ行為を指す。商品を待っているのではなくウーバーイーツが受け付けた客からの注文を待っている。リクエストはウーバーがAIで割り振っているが、確率的には店に近い配達員にリクエストが来ることがほとんど。それを狙って配達員は大手ファーストフ―ド店などの前で待ち“1分以内に到着する配達員”としてリクエストしてもらおうとする(分単位なので1分が最短となる)。そうしてたくさんの“ウーバー地蔵”が造立される。

「でも1分以内とか厳密じゃありませんから気にしませんね、それなりに近ければ鳴る(配達へのリクエストが来る)こともあれば、目の前にいたって鳴らないこともあります。個人的には繁華街をゆっくり安全に流していたほうが鳴ると思いますけどね」

 あくまで島野さんの感覚だが、それもトレーニングを兼ねた副業だからこそであり、1件でも仕事が欲しい、配達回数をこなしたい配達員にとっては注文が殺到する店舗の前で地蔵をする方が確実なのだろう。

「最近は地蔵禁止の店舗も見ます。やっぱ苦情が多いんでしょうね」

 筆者も新中野のマクドナルドで「当店の前での待機はやめて頂きたく存じます」の張り紙を見た。ごく一部の店舗だがついに出た “地蔵禁止令”。筆者のこれまでの記事やテレビ報道、近隣住民の苦情で地蔵禁止はさらに拡大するかもしれない。ウーバージャパンに質問状を送ったところ寄せられた回答によれば11月24日に開設された「お客様相談室」に配達員同士のトラブルはもちろん一般人も配達員の問題行動を見かけたら報告して欲しいとのことで、同時に注意喚起を強化していく方針だという。そして地蔵は日本人だけではない。

「外国の地蔵は多いですよ。集団で地蔵してます。フレンドリーなのもいるけど、だいたい話しかけても薄笑い浮かべるだけ、うっかりすると囲まれます」

 ウーバーイーツの外国人というとかつては島野さん同様、颯爽とロードバイクやクロスバイクを駆る欧米人を連想したが、最近はアジア系のママチャリ軍団やレンタル自転車組が増えた。彼らは集団で行動していることが多い。もちろん全員がそうではないが、筆者は彼ら外国人配達員同士の小競り合いを見たことがある。

「だいたいベトナム地蔵です。ほんとベトナム人は多い。あいつら集団で複アカ使って“なりすまし”をしますからね。やりたい放題です」

 複数アカウント、略して「複アカ」とは、一人で複数のアカウントを使い分けることを指すが、SNSやソーシャルゲームなどの多くで禁じられ、推奨されない行為とされている。もちろん、商行為を伴うウーバーイーツでも同一人物が複アカを持ったり、他人のアカウントを使用したりすることは禁じられている。

 島野さんは「ベトナム人」と名指ししたが、もちろん他の外国人配達員もいる。なぜベトナム人が目立つのかといえば、在留外国人としてのベトナム人がこの数年で激増しているからだ。2010年末には4万1354人だったのが、今年の6月末現在で42万415人にのぼっている。構成比では中国の次に多い韓国を抜きそうな勢いだ。そして、ベトナム国籍の在留者に特徴的なのは、約42万人のうちの21万9501人が技能実習生という実態だ。もちろん、外国人技能実習生のなかで最も大きな勢力でもある。そのため、コロナ禍で本国に帰れず日本に取り残された留学生や技能実習生による事件が起きたとき、どうしてもベトナム国籍の者が目につく。ウーバー関連でも今年の10月、神戸でベトナム国籍の男女が不法残留のままウーバーイーツの仕事中に逮捕された。まさに地蔵中の逮捕で、「ウーバーイーツの人たちが路地でたむろしている」という通報による職質がきっかけだった。筆者が目撃した池袋のウーバー地蔵に対する一斉職質も不法残留者の洗い出しだった。

「もし歩いててそんなのに当てられたらたまりませんよね、賠償なんか1円も出ませんよ」

面接も研修もない。本人確認は写真と身分証アップロードだけ、だったが……

 ウーバーイーツは従来から対物・対人賠償責任保険は適用されるため、一般市民が配達中のパートナーに万が一ぶつけられたり轢かれたりした場合、その被害者は原則1億円まで補償される。リクエストを受けて配達を終了するまで以外の補償はフリーランスワーカーの福利厚生サポートやキャリア支援などを手掛ける「プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会」に賛助会員として加盟しているため、配達員はベネフィットプランを利用することができる。このベネフィットプランには、注文を受けるまでの待機時間や、稼働外である日常生活の万一の事故などをサポートする傷害補償なども含まれ、配達パートナー向け傷害補償制度に加えて補償を受けることが可能となるが、あくまで審査するのは損害保険会社なのでなんとも言えない。サポートはあるが原則自己責任の個人事業主、雇用関係がないということはそういうことだ。なりすましの配達員の瑕疵が補償されるのか―― そもそもコミュニティガイドラインの禁止事項なわけで、今回捕まった、生きていくのもやっとどころか不法滞在中のベトナム人にぶつけられでもしたら、障害を負っても死んでも泣き寝入りになる可能性が高い。

 もちろん、島野さんがリクエストを待つ間に「軽く走る」行為も。

「それはずっと不安でした。個人の自転車保険は入ってますけど、さすがに事業用の保険なんか入るのはバカバカしいですし……」

 少し意地悪なことを言ってしまったが、島野さんは率直に答えてくれた。日本の自転車保険は基本的にウーバーイーツなどの個人事業主によるオンラインフードデリバリーサービスを想定していなかった。かといって個人の副業で施設賠償責任保険に入るのは現実的ではない。筆者としてはまだ普通自動二輪小型限定(道路運送車両法の区分は原付2種)を使うほうが自転車よりリスクが少ないと考える。プレス便やバイク便など自動二輪はその歴史的過程で業務使用も補償される個人の任意保険が整備されてきた。しかし自転車は個人の民間自転車保険や先のベネフィットプランがあるにせよ、個人事業主としての商用利用には心もとないのが現状だ。

 それを踏まえれば、小さな子どもを持つ親の苦労はわかるが、幼児2人同乗基準適合車マーク(BAAマーク)が貼ってあったって、ママチャリで子連れウーバーなんて本当にやめたほうがいい。これもウーバージャパンに同乗者に関する質問を文章で送り回答を得たが、補償対象となるのは配達パートナー本人、それぞれの自賠責保険会社の判断とのことだった。自賠責の対象ですらない自転車は自転車保険の各約款を見る限り、商用使用となると先の施設賠償責任保険などのような法人契約の特殊な保険でもなければ、ましてや従事外の同乗者に対する補償となると難しいだろう。

 配達パートナーの同乗者規定に関してはさらに、ウーバージャパンは「同乗者についての何らかの施策というご質問につきましては、今のところ予定しておりません」と回答した。完全自己責任だ。ウーバーイーツで配達員に従事する親御さんは自己の責任のもと、どうか大切なお子さんを巻き込まないでほしい。そしてこの自己責任のリスクは個人事業主である配達員に頼んだ”依頼主”である注文客にも転嫁されるかもしれない。“貴殿は、Uberがデリバリー等サービスを提供するものではなく、全ての当該デリバリー等サービスはUber又はその関連会社により雇用されていない独立した第三者の契約者により提供されることを了承することとします”と規約にきちんと書いてある。注文客は利用者というだけでなく、一時的な使用者でもあるのだ。

「ベトナム人なんか“なりすまし”も多いし事故ったらバックレか開き直りですよ。何を言われたって気にしないでしょう」

 先程からの“なりすまし”という言葉、あらためて聞けばアカウントを大量に作ってリクエストを誰より先に受け、そのアカウントとは違う人物が配達する行為らしい。

「面接も研修もないですからね、一応ウーバーに身分証とか写真をアップしますけど、そんなの本人確認になってませんよね」

自転車のイメージが悪くなってしまう

 ウーバーイーツは店と客に配達パートナーの顔写真が確認のために送られるシステムだが、似ても似つかない別人がやって来ることがある。それが外国人の配達員には目立つということなのだが、ベトナム人の技能実習生であれば、彼らは生きるのがやっと、日本に来るのに多額の借金をしている者も多い。神戸の事件をきっかけに警察も動く状況下、ウーバージャパンも12月4日から外国人に対しては在留カードとパスポートの現物確認を始めた。ウーバー配達員の外国人はそれらを持って各地のコンプライアンスセンターに実際に来いというお達しで、事実上の面接のようなものか。

「私からすれば、そもそもウーバーなんて気軽にやるもんだと思うんですよね。生き死にかけるもんじゃない」

 島野さんの言葉はもっともだ。2019年まではそんな感じで新しい働き方、ギグワークとしての側面が強かった。それ故にもてはやされたし、配達員の登録者も少なかったので片手間でもそれなりに稼げた。しかし2020年、コロナウイルスによる雇用不安と失業者の増加、在留外国人の窮乏による過当競争化から配達員同士の仕事の奪い合いとなり、不透明な配達員のリクエストシステムは地蔵を増やした。

「ウーバーを続けてきた私が言うのもあれですけど、イメージもあれだしコロナも悪化しそうなんで、今年でやめようと思ってるんです」

 筆者が声をかけたのは丁度いい機会だったということか。ウーバージャパンはこのままでは島野さんのようなまともな配達員に見限られ、残るは食い詰めた多国籍地蔵集団のみ。日本人は世間体大事の文化ゆえ企業イメージに敏感で、一度ついた悪いイメージを払拭するのが難しいことをウーバー・テクノロジーズはわかっていなかった。

 この記事は現地取材を終えたのち、直接ウーバージャパンに質問状を送り、現状の取り組みを説明していただいた上で改めて起こしたものである。回答をきちんとしていただいたこと、不十分ながらも日本社会に対応しようという姿勢は理解できた。バッシングばかりではフェアではないし、問題解決にはならないだろう。

「あとこれ書いてほしいんですけど、みっともない地蔵をやめてほしいのはもちろんですけど、自転車でも道路交通法は守れって言いたいです。ほんと危ないし自転車のイメージ悪くなるんで、ウーバーに限ったことじゃないですけど、お願いします」

 自転車のマナー違反、とくに危険なのが車道で信号が赤になったら歩道に乗り、歩行者信号の青で渡り、また車道に戻る行為だと島野さんは言う。本来は自転車に乗る人、まして業務で運行しているウーバーイーツの配達員は赤信号になったら当然、ほかの車やバイクと同様に停止するべきである。現実は守っている配達員などほとんど見たことがない。すぐに車道から歩道へ赤信号をかいくぐる。その他にも自転車のマナー違反はキリがない。それはそっくりウーバーイーツの配達員の多くに当てはまり、現に社会問題となっている。

 自転車も一時停止をしなければならないのにしない。車を運転する側からすれば危険極まりない。法的拘束力のある「自転車免許」新設とまで言わないが、これだけ急速に拡大したオンラインフードデリバリーサービスに何らかの国としての法的整備も必要だろう。せめてヘルメットくらい被ってほしいが、ウーバージャパンは着用を推奨しているが義務化はしていない。これも今年の10月1日からヘルメット着用の有無で障害補償に差をつけることで着用を促進するとのことだが、義務化してはどうだろうか。

 ウーバージャパンの2019年度決算は純利益162%増、このコロナ禍で2020年はさらに利益を伸ばすだろう。批判はあれど、現実には利用者も、従事する配達員も多い。その批判に真摯に向き合えば新しい働き方、多様なライフスタイルを提供する優良企業として愛される存在になれるかもしれないのにもったいない話だが、少しずつの前進は見える。島野さんだって本当は続けたいはずだし、こうしたライダーの思いとライフスタイルに応えることが、ウーバー・テクノロジーズ本来の理念だったはずだ。これからは社会の声に耳を傾ける企業となることを信じたい。

●ひの・ひゃくそう/本名:上崎洋一。1972年千葉県野田市生まれ。日本ペンクラブ会員。出版社勤務を経てフリーランス。2018年、評論「『砲車』は戦争を賛美したか 長谷川素逝と戦争俳句」で日本詩歌句随筆評論協会賞奨励賞を受賞。近刊『誰も書けなかったパチンコ20兆円の闇』(宝島社)寄草。近著『ルポ 京アニを燃やした男』(第三書館)

関連記事(外部サイト)