菅政権になりフリー記者の首相会見参加が困難に 締め出しか

菅政権になりフリー記者の首相会見参加が困難に 締め出しか

菅政権の会見では厳しい待遇を受けるフリーの記者も

 NHKの前田晃伸会長は「報道機関として不偏不党の立場を守る」という方針を掲げたが、現場の記者と政権との間に“緊張関係”があるようには見えない。菅義偉首相の「原稿棒読み会見」の内幕を暴露する──。

 菅首相が就任以来2か月半ぶりに開いた記者会見(12月4日)でNHKの記者が質問したのは、首相が所信表明で高らかに打ち出した2050年までにCO2の収支をゼロにする「カーボンニュートラル」(*注)についてだった。

【*注/二酸化炭素の排出量と吸収量とがプラスマイナスゼロの状態になること】

「いろいろハードルがある中で、何より国民の理解、協力というのが一番大事なのではないかと思います。その国民が具体的にイメージしやすいようにするためにも、どのように理解を得ていくお考えでしょうか」

 首相にすれば“聞いてほしかった問い”だったのだろう。スラスラと用意された“答弁書”を読み上げた。こういうのをヨイショ質問という。

 菅首相は会見で厳しい質問をされるのが大嫌いだ。官房長官時代、“天敵”と呼ばれた望月衣塑子・東京新聞社会部記者に加計学園問題などで執拗に食い下がられ、感情的に答える場面がしばしばあったが、今回の会見は首相が嫌がる質問が出ないように“厳戒態勢”が敷かれていたという。

『記者会見ゲリラ戦記』などの著書があるフリーランスライターの畠山理仁氏が語る。

「官邸の会見室は120席あったが、コロナ後はソーシャルディスタンスということで29席に減らされた。そのうち19席は内閣記者会、残り10席を専門記者会、雑誌協会、インターネット協会、外国メディア、フリーから抽選で決める。官邸報道室があみだくじで決めているそうですが、申し込んだ本人は抽選に立ち会えない」

 総理会見は官邸記者クラブ(内閣記者会)が主催する。クラブに加盟する新聞社やテレビ局の記者は優先的に参加できるが、フリーの記者は官邸に登録(審査あり)したうえで、会見のたびに参加申し込みが必要だ。その中から抽選に当たってようやく出席が認められる。

 今回の総理会見は臨時国会の閉会を受けて開かれる恒例のものだ。

 ところが、官邸報道室から畠山氏に案内のメールが届いたのは当日の朝9時半。申し込み締め切りは午前11時半、わずか2時間前だった。

 フリーの記者は内閣記者会の記者と違って官邸や国会内に常駐しているわけではない。当日、ギリギリで案内が来ても、他の取材日程を入れていることは少なくない。

「菅政権になってフリーが会見に出るのが一層難しくなった。安倍政権時代には、コロナ関係の緊急会見であっても前日の夕方までには案内のメールが届きました。今回は新聞で会見の方向と出ていたので前日に官邸報道室に電話で確認すると、『まだ決まってないんです』という回答。結局、当日ギリギリで案内が届き、参加申し込みの締め切り時間も安倍政権より30分早い午前11時半に設定されていた。急な案内だったので江川紹子さん(ジャーナリスト)は取材で裁判を傍聴しており、案内メールに気づいたときには締め切りが過ぎていたそうです」(畠山氏)

 案内が遅れたのは、厳しい質問が予想されるフリー記者の参加を会見から“締め出し”たかったからではないか。

 官邸報道室はこう回答した。

「登録しているフリーの方への案内メールは会見が決まれば速やかにお出しします。確かに今回と前回9月は安倍前総理の時に比べるとご案内から締め切りまでがショートになっているのは事実なので、フリーの方にはメールだけでなく直接電話を入れ、電話での申し込みも受け付けました」

 菅首相が正式に会見を決定するまでは、フリー記者に案内は出せなかったという説明である。しかし、実際にフリー記者が参加しにくい状況であったことは間違いないだろう。

※週刊ポスト2020年12月25日号

関連記事(外部サイト)