豊洲市場で感染拡大 輸入冷凍食品が原因の可能性はあるのか

豊洲市場で感染拡大 輸入冷凍食品が原因の可能性はあるのか

いま危険視されているのは冷凍食品からの感染(写真/アフロ)

 中国北西部のチベット高原に1万5000年前から存在する氷河で採掘された氷から、30種類近くの未知のウイルスが発見された──これは決してSF物語ではない。近年、実際に行われた研究だ。5年前には、シベリアの融解した永久凍土から、3万年前のウイルスが発見されたこともあった。

「WHO(世界保健機関)は、ほかのコロナウイルスは冷凍状態で非常に安定し『マイナス20℃で最大2年間生存する』という研究結果を発表しています。湿度や表面の種類によって差がありますが、常温での生存期間は最大7日間。コロナウイルスが4℃で安定することは科学的に示されていて、冷凍で長生きすると考えられています」(ボストン在住の内科医・大西睦子さん)

 日本国内でも、いち早く冬が到来した北海道で「第3波」が始まり、その後、気温の低下とともに全国各地で猛威をふるい始めたことからも、新型コロナがいかに「寒冷な環境」を好むかがうかがえる。

 新型コロナのワクチン、つまり不活化したウイルスを生きたまま運ぶのに「超低温冷凍庫」が必要とされるのも、ウイルスが氷点下を好むがゆえだ。

 そのウイルスの性質を考えると、これまで日本ではほとんど注目されてこなかった、ある“危険な感染ルート”が浮かび上がってくる──。

 第3波の大きな傾向は、どこで感染したのかがわからない「感染経路不明者」が各地で増加していることだ。東京都が12月7日に発表した「7日間移動平均」では、新規陽性者439.4人のうち「接触歴等不明者」が236.6人。実に半数以上の感染経路がわかっていないことになる。

 そんななか大反響を呼んだのが、女性セブン2020年12月10日号に掲載した「ウイルスつき輸入食品が危ない!」の記事だ。

 都市封鎖や感染者隔離など、徹底的な対策で感染を封じ込めた中国。おびただしい数のPCR検査を実施し、「1日の感染者ゼロ」の状態を何度も実現してきた。

 そんな中国でも、散発的に感染者が1人、2人と現れるケースが少なくない。その経路を丁寧に探っていくと市場関係者、特に冷凍食品や冷凍倉庫に関係する人に行き当たるというのだ。

 実際、冷凍食品からのウイルス検出事例も続出している。6月に北京で集団感染が発生した際には、市内の卸売市場で輸入サーモンを加工したまな板からウイルスが検出された。これを機に中国が輸入食品の検査を強化した結果、輸入食品の表面や包装からのウイルス検出が続出している。

「中国は食品包装から感染すると主張し、その予防を徹底しています。また、中国疾病予防管理センターの主任疫学者は、“冷凍シーフードなどを介して輸入国からウイルスが待ち込まれる可能性がある証拠が増えている”と述べています」(大西さん)

 最近でも、11月13日から16日までの4日間で、湖北省や山東省など6省10か所で、アルゼンチンやブラジル、サウジアラビアなどから輸入された冷凍肉や冷凍えびから、ウイルスが検出されたことを中国紙が報じている。

 つまり、中国で散発的に感染が発生しているのは遠い地から運び込まれた新型コロナが原因と考えられている。食品の移動先が危険なのである。

 しかも、極寒に強いというウイルスの特性上、輸入食品のなかでも特に冷凍食品が危ないことは明白だ。

 もちろん危険にさらされているのは中国だけではない。新型コロナが付着した輸入冷凍食品は、当然、日本国内にも入っている可能性がある。

 日本の「食」文化の一大中心地である東京・豊洲市場で新型コロナ感染が広がっている。8月15日に最初の感染者が出て以降、これまでの感染者数は合計160人。特に11月に入ってからの急増が目立ち、都の担当者によれば9割が感染経路不明者だという。

「感染は散発的で因果関係がはっきりしていません。そのため都はクラスターとは判断せず、なぜ市場に感染が広がっているかの正確な研究や分析も行われていない。しかし、豊洲には世界20か国以上から冷凍の水産物や加工品が集まってきます。感染源として、輸入冷凍食品を疑ってみる必要があるのではないか」(全国紙社会部記者)

 食品問題評論家の垣田達哉さんはこう語る。

「豊洲市場など、市場関係者に感染者が多いのは非常に心配な状況です。冷凍食品をはじめ、市場が扱う品目をすべて警戒する必要がある」

中国以上に危ないアメリカと南米

「輸入冷凍食品が危ない」といっても、充分な感染対策が取られている工場で加工されたものなら、それほど心配はない。だが、残念ながら世界中を見渡すと対策が不充分なケースが少なくない。輸入食品に詳しいジャーナリストの小倉正行さんが言う。

「例えばアメリカの大手食品工場では、主にメキシコ人たちが『3密』どころではないほど劣悪な環境で作業している。クラスターが発生していても不思議はありません」

 垣田さんも指摘する。

「日本では2008年に発覚した“毒入り餃子事件”などの影響で、“脱中国”の流れが進み、ブラジルやアルゼンチンなどからの輸入が増えました。しかし、それらの国では中国以上に衛生管理がずさんな食品加工現場も多い。また、衛生状態とは別にアメリカやヨーロッパなど、感染者数が多い国からの輸入品もリスクが高いといえるでしょう」

 ウイルスが付着した輸入冷凍食品が国内に入ってきた場合、食卓までの流通経路はすべて感染リスクにさらされる。

「最も危ないのが、冷凍食品を原材料として加工するタイミングです。スーパーで売られている冷凍魚介類や肉類は、輸入元で梱包された発泡スチロールの状態で持ち込まれ、従業員が店舗のバックヤードで小分けするので、そこで感染する危険性も高い。そう考えると、食材を触る機会が多い、焼肉店やステーキ店の店員、寿司職人などにもリスクがある」(垣田さん)

 一般消費者も安全とはいえない。スーパーなどで売られている冷凍食品のパッケージにウイルスが付着していれば、それを触ることで感染する可能性がある。冷凍食品の中身にウイルスが付着していれば、調理の際も危険になる。

「加熱調理すればリスクは減るでしょうが、そうでないものは危ない。コンビニで人気の『サラダチキン』のように開封してそのまま食べるものは、輸入品なら危険性が増えます」(垣田さん)

 小倉さんが続ける。

「中国で検出されたえびなどの海鮮系や豚肉、鶏肉、牛肉などのほかに、冷凍野菜も危険。冷凍野菜は国内流通の9割を輸入品が占めており、感染者数が急増しているアメリカからの輸入が多いんです」

※女性セブン2020年12月24号

関連記事(外部サイト)