シニア婚活大盛況 50代女性「マスク外さないのはメリット」

シニア婚活大盛況 50代女性「マスク外さないのはメリット」

婚活イベントに通う男女が増えているという

 人と会うのが困難になった時期ながら、“いや今だからこそ、再婚相手を見つけたい”“結婚諦めていたけど、やっぱりパートナーを見つけたい”と、婚活イベントに足繁く通う男女が増えている。婚活イベント最大手・エクシオジャパンの広報担当によれば「特に人気のイベントは『再婚希望&理解者向け』と『60・70歳代編』で今年8月から10月の参加者の割合は前年比169%増です」という。

 自身もバツイチで再婚を考える本誌・週刊ポストの40代女性記者は、趣向の違う様々なイベントに参加し、コロナ禍ならではの男女の人間ドラマを見た。

風吹ジュン似も、岡田晴恵似も

 朝から冷たい雨が降りぐっと冷え込んだ10月末日。こんな日に婚活イベントに来る男女はいるのか……と私は不安になりながら会場に向かった。しかし、「【プレミアムフライデー特別企画】50・60歳代中心編【全員の異性とお話が可能!】」と銘打ったイベントは男女6人ずつの定員が埋まっていた。

 テーブルの斜め向かいに座った男女の間にはアクリル板が置かれている。会場に入るときから出るときまでマスク着用が義務づけられるという「徹底したコロナ対策」のもと、イベントは開始した。前出・エクシオジャパン広報担当は言う。

「緊急事態宣言の出た4〜5月は完全休業しましたが、6月からイベントを再開しました。参加者人数を抑えたり、対面席にはアクリル板を設置したり、常時換気している旨をアナウンスしているうちに参加者が戻ってきて、今では、平日19時以降の時間帯でほぼ毎日、週末は昼間と夕方の2部制で行なっていますが、その会のほとんどが定員に達しています」

 60代男性に参加理由を聞いた。

「10年前に妻に先立たれた時は再婚なんて考えてもみなかった。でもやっぱりここ数年は寂しくもなってきたし、特にコロナが始まってからは自分も感染するんじゃないかと不安と心細さを感じるようになった。こんな時代だからこそ、励まし合って生きていける女性がいるといいなぁと思って、こういったイベントに参加するようになったんです」

 参加者が全員記入するプロフィールカードには職業や勤務地、年収などの他に結婚をしたいかどうかについて書く欄もあり、「1年以内に」「じっくり付き合ってから」「いい人がいれば」のどれかに〇をつける形式になっている。参加者は、このカードに書かれた内容を互いに見せ合って会話をする。

 イベントは、女性は着席したまま、男性が1席ずつ移動して各席ごとに4分間のトークタイムがあり、それを2周するシステムだ。

 愛らしい笑顔が風吹ジュンさん似の60代女性は言う。

「20年前に離婚してから子供が高校生になるまでは一心不乱に働きました。でも一区切りついたところで独り身が寂しくなって、その弾みで会社絡みの方と不倫関係になっちゃったんです。しばらく関係は続きましたが、子供も社会人となった今、ふと安定したパートナーが欲しいと思うようになって。

 一人で生きていくのは不安ですし、一人で死ぬのも悲しいですから。良い人が見つかるまで根気よくお相手を探そうと思っています」

 つぶらな瞳に豊満な体つきが魅力的な岡田晴恵さん似の50代女性は、コロナ禍の婚活ならではの「マスクを外さないルール」はメリットだと言う。

「50代にもなれば顔のシワとかシミも隠し切れないじゃない? こういうイベントでは特に第一印象は大事だから、それをマスクで隠せるのはありがたいかな。それに、マスクで顔が半分くらい隠れているくらいのほうが、互いの会話に集中できるし、顔じゃなくて人柄で判断できる気がします」

「2回目は慎重に決めたい」

 トークタイムが終わった後は、1番良かった人から5番目に良かった人までを紙に記入し、男女ともに1番良いと書いた人がマッチすればカップル成立だ。

 この日、残念ながらカップル成立に至らなかった50代男性は、それでも前向きだった。

「カップルになれなかったとしても、めげたらダメなんだよね。こういうイベントは一期一会だから、次回頑張ろうって気持ちを切り替えないと。カップル成立して外で会って話すとお互いに印象が変わったりして1回限りで終わっちゃうこともあるから、焦りは禁物なんですよ。まあ、僕は1回目の結婚で失敗してるので、2回目こそは慎重に決めたいからね(笑い)」

 都内の別の屋内婚活イベントでは、かなり積極的にアプローチしてくる男性たちと出会った。

 カジュアルなワイシャツにジャケットを着た清潔感のある50代男性は「どんなお仕事ですか?」「お子さんは何歳くらい?」などの質問を矢継ぎ早に繰り出し、かなり結婚を意識している様子。

「実は妻を病気で亡くしてね……」。そう話す男性に、「悲しいこと聞いてごめんなさいね」と私が話すと、「いやいや! 今は前向きにこんなイベントにも参加しているから。子供もいないので、コロナで1人でステイホームしていると気が滅入っちゃって。月1回は参加してますね」(前出・50代男性)

 次に回ってきた別の50代男性は、隣に座るなり膝をくっつけてきて、「お子さんはいらっしゃるんですか?」といきなり直球の質問。「男の子がいるんです」と答えると、「お子さん男の子だといきなり再婚って難しいでしょうか? なんだこの男ってなりますかね?」と真剣な顔で聞かれた。

 このような真剣なアプローチが功を奏するケースもあるのか、この日はカップル成立した男女が早速腕を組み、かなり親しげな様子で会場から消えていった。

 ちなみに私が、冷たい雨が降りしきるなか会場を後にしようとすると、「どこかで雨宿りしませんか?」と妻を亡くしたと話していた50代男性から声を掛けられた。

「すみません、今日は時間がなくて……」と話すと、「よければこれ……」とクマのプーさんのクッキーを渡され、ラインを交換することになったのだった。

※週刊ポスト2020年12月25日号

関連記事(外部サイト)