大学オンライン入試 日大、法政、明治レベルで実施するには

大学オンライン入試 日大、法政、明治レベルで実施するには

大学入試会場では徹底したコロナ対策が不可欠に(時事通信フォト)

 今年、新型コロナウイルスの感染拡大は「大学」にも大きな影響を与えた。学生は入校禁止になってキャンパスに行けず、授業はオンライン形式が当たり前になった。1年前には到底考えられなかったことだ。

 後期になって、ようやく対面授業を再開した大学もあるが、まだ少数派だ。多くの大学では、対面授業は実験・実習やゼミナールなどに限っている。小・中・高が「休校→分散登校→授業再開」と進んだのに対し、大学はまだ分散登校の段階だ。

 一方でオンライン授業の良さも評価されつつあり、コロナ終息後も対面とオンラインの両方で授業は進められていきそうだ。

コロナ対策に気を取られ実力出せぬ受験生も?

 ただ、大学は在学生に向けたオンライン授業の環境は慌てて整えたが、受験生に対しては情報提供の充実は図られず、受験生は志望校の情報不足に陥った。

 大手大学ではオープンキャンパスを中止し、オンラインで開催するところが多かった。中小規模の大学では、予約制で入場者を昨年に比べてかなり減らして実施したところもあった。リアルなオープンキャンパス開催が少なかったため、小規模で実施した大学では受験生、保護者には大変好評だったという。

 広い会場にたくさんの大学を集めて行われる合同相談会もほとんど中止されたため、受験生や進路指導教諭の情報不足は深刻だ。志望校選びにも影響が出そうで、受験生があまり知らない大学との出会いが減って、有名大学に人気が偏るのではないかと見られている。

 さらに、入試の実施要項も発表されているが、やはりコロナの影響は大きい。マスク着用で試験会場の入場は密にならないよう時間差で入場。試験場では入室時には必ずアルコール製剤などでの消毒が必須で、受験生同士の間隔は1メートル以上空けなければならない。

 また、各試験科目が終わる度に10分以上の換気を行い、他の受験生との会話を慎み、食事は自席で黙々と食べることになる。ただでさえ緊張する入試だが、今年はそれ以上に注意点が多く、受験生が普段の実力を発揮できるかが懸念される。

オンライン入試最大の問題は「カンニング防止」

 来年の私立大入試では、共通テストで合否が決まる入試方式が人気になりそうだ。出願しさえすれば合否がわかるからだ。国立の横浜国立大も教育学部の一部を除き、共通テストの成績だけで合否判定するとしている。コロナ対策としてはベストかもしれない。

 文部科学省はコロナ禍の入試対策として、学校推薦型選抜や総合型選抜の試験に、「ICTを活用したオンラインによる個別面接やプレゼンテーション、大学の授業へのオンライン参加とレポートの作成、実技動画の提出」などを挙げている。

 大学の授業だけでなく、入試もオンラインで実施するということだ。地元の大学以外を志望校に考えている受験生にとっては、コロナ感染のリスクを軽減できる。そのうえ、経済的にも時間的にもメリットは大きい。

 オンラインでの入試は面接試験では可能だろう。高校生が9割以上保持しているスマートフォンを使うこともできる。すでに総合型選抜や学校推薦型選抜で、面接試験をオンラインで実施する大学も出てきている。桜美林大、実践女子大、清泉女子大、東海大などだ。

 では、面接試験以外のオンライン入試の可能性はどうだろうか。

 すでに2025年の共通テストで、パソコンやタブレットで解答する方式が検討されている。ただ、これは今までと変わらず指定された試験場に受験生が集まり、筆記試験ではなくパソコンやタブレットで解答する試験になる。そうなると、今回中止になった記述式問題の出題も可能で、導入が検討されている「情報」の科目の試験も容易に実施できよう。

 しかし、この試験を自宅で受験するのは今のところ無理だろう。試験の公正、公平が担保できないからだ。実施するとしたら、パソコンやタブレットに直接記入するのではなく、パソコンなどで不正がないかチェックしながら、問題を解いてもらう方式になるのではないか。

 比較的、公正に行えそうなのは、英語のスピーキングの試験かもしれない。それ以外では論述式試験も考えられよう。試験終了と同時に答案を写メで大学に送るなどの措置を施せば可能かもしれない。それでも試験中、受験生の目線がどこにあるのかも重要になってくる。周囲から正解が提示され、それをカンニングして解答する可能性もあるからだ。

志願者5万人超の大学でオンライン試験は可能か

 総合型、学校推薦型選抜は受験者数が少ないため、オンライン試験を実施できる面があるが、一般選抜となるとそうはいかない。

 国公立大志願者トップの千葉大は1万人を超え、私立の日本大、法政大、明治大などでは、実志願者が5万人を超えている。この受験生たちを試験官が監督しながら入試を行うのは厳しい。AIなどによって、チェックしてもらわないとできないだろう。

 ただ、グローバル化がますます進む中で、今後もコロナのような未知なるウイルスによる感染症の蔓延が入試シーズンに発生するかもしれない。その時のためにも、試験場に出かけることなく受験できるように準備しておくのがベストではないだろうか。

 今回、大学ですぐにオンライン授業が可能になったように、オンライン入試も早急に実施できるよう検討される時期に来ているといえそうだ。

●文/安田賢治(大学通信常務取締役)

関連記事(外部サイト)