特捜部が動く鶏卵汚職事件 疑惑の源流に「天皇陛下の伯父」

特捜部が動く鶏卵汚職事件 疑惑の源流に「天皇陛下の伯父」

結婚式を終えた直後の池田夫妻。1952年10月10日(時事通信フォト)

「ニワトリはどうか」。時は昭和63年10月、病床の昭和天皇はお見舞いに来た娘夫婦にそう声をかけられたという。その頃、昭和天皇は吐血を繰り返されていたが、四女の厚子さんと、その夫で旧岡山藩主池田家の16代目・池田隆政さんの顔を見ると、穏やかな表情になられたという。その面談の際、牧畜業を営む池田さんに事業の近況を尋ねられたのが冒頭の言葉だった。

 それから30年──長年、池田さんが仕切ってきた日本の「ニワトリ事業」が、思わぬ注目を浴びている。この冬、東京地検特捜部が鶏卵業界と政界の癒着疑惑に着手したのだ。

「鶏卵業者の業界団体の元幹部から、農水相に違法な献金がされていたという事件です。そのヤミ献金の見返りは、鶏卵の『価格差補填事業』の拡充だったとみられています」(全国紙社会部記者)

 卵は「物価の優等生」とよくいわれる。30年以上前から、スーパーで買う卵1パックは200円前後で安定。物価が上昇しても、ニワトリのエサ代が上がっても、卵が供給過多になっても価格が変わらないのは、農水省からの補助金などで「価格差補填事業」が行われているからだ。

 鶏卵業者はできるだけ農水省からの補助金は多い方がいいので、大臣にカネを渡したのではないかとされている。

「この補填事業は、2012年まで全国鶏卵販売農業協同組合連合会(全鶏連)という団体が中心になって行われてきました。1969年の全鶏連の発足から40年以上、代表を務めていたのが池田さんだった。“鶏卵業界の重鎮”といえる存在で、『価格差補填事業』を差配してきたのも池田さんでした」(前出・全国紙社会部記者)

 池田さんは冒頭の通り、昭和天皇の四女の夫であり、上皇陛下の義兄、天皇陛下の伯父に当たる人物だ。

「隆政さんは地元・岡山で動物園も運営していて、昭和天皇や上皇陛下が来園されたこともあります。隆政さんがその動物園の隣で経営していたのが、大きな養鶏場でした。

 天皇家は古来、国民のために“五穀豊穣の祈り”を捧げてきた。それゆえに、ずっと昔から農業や漁業、牧畜業や林業など第一次産業やその業界団体とのつながりが深い。そういう縁で、隆政さんが鶏卵の業界団体のトップに就いたとされています」(皇室関係者)

 池田さんが2012年7月に亡くなると、同年、全鶏連の事業に“不透明な経理”が見つかり、「価格差補填事業」は別の業界団体に引き継がれた。ただ、今回の事件の源流には、池田さんがかかわってきた卵の価格の「複雑な背景」がありそうだ。実際、「特捜部は当時の鶏卵業界関係者や農水省OBを片っ端から事情聴取している」(前出・全国紙社会部記者)という。特捜部はどこまで斬り込めるだろうか。

※女性セブン2021年1月7・14日号

関連記事(外部サイト)