公園や公民館を占拠する「シルバーモンスター」にどう向き合うか

公園や公民館を占拠する「シルバーモンスター」にどう向き合うか

緊急事態宣言時は公園の遊具も使用禁止になるなどした(AFP=時事)

 新型コロナウイルスに感染した場合、重症化リスクが高いのは持病を持つ人や高齢者だと言われている。彼らが感染しないように気を遣うのは正しいことであって、それに面と向かって反対できる人は少ないだろう。それにつけこんで、モンスタークレーマーに変貌している高齢者、シルバーモンスターが出現している。ライターの宮添優氏が、シルバーモンスターによって不自由を強いられている人たちの不満と不安についてレポートする。

 * * *
 埼玉県某市の街角にある、市営公園。今年9月ごろまで、たくさんの子供達や近隣住人で賑わっていた。といっても、このコロナ禍である。マスクをして、それなりの距離を保ちながら、なかなか自宅から出られない鬱憤を、今すべき方法をとりつつ吐き出していたのである。そんな公園から子供達の元気な声が消えたのは、10月に入ってからのこと。近くに住む地域の子供会関係者が声を潜める。

「コロナが再拡大して、今回は子供にも感染した、というニュースがあったでしょう? 老人会の方が、公園で子供遊ばせるな、老人がどうなってもいいのかとすごい剣幕でやってくるんです」(子供会関係者)

 思い返してみれば、4月ごろにも、全国各地で似たようなことが起きていた。こんな時期なのに子供が外で遊んでいると警察に通報する人、近くに保育園や幼稚園、小学校があって、子供達から感染拡大するのではないかと学校や役所にクレームを入れる近隣住人。そんな人々の大半は中高年と呼ばれる層でもあった。夏から秋にかけ、コロナ感染者も減り、そういった騒ぎもなりを潜めていたが、再びの感染拡大とともに馬脚を現し始めた、ということか。

「以前より圧力はすごいです。昼間の公園に子供達がいったところ、高齢者の方数人で張り紙をされていて、そのまま追い返されたと泣きながら帰ってきたんです」(子供会関係者)

 張り紙には「子供がウイルスを拡散させている」といった旨の主張が書かれており、20才以下の子供の使用禁止、と書かれていた。高齢者のうちの一人は、子供達に向かって「今度公園に来たらお父さんとお母さんに言いつける」とまで言ってのけたという。子供の親は、高齢者のあまりの傍若無人ぶりに腹が立ち、涙を見せながら抗議したというが……。

「その公園、以前は子供達が野球やサッカーをしていたのですが、コロナになって以降、全てのボール遊びが禁止になりました。市に問い合わせても、地域住民からの要望があった、としか答えてくれない。なのに、お年寄りのゲートボールはOKなんです。理由は『危なくないから』。公園は老人に乗っ取られたのです」(子供会関係者)

 コロナをきっかけに子供達の居場所がなくなった、という例は他にもある。

 南関東某市の市営公民館では、放課後や土日に施設を開放し、近隣の子供達が多く訪れていた。図書室やバスケットコート一面分程の多目的室、工作室もあれば、屋外の運動スペースもあった。だがコロナ禍に見舞われ、人と密になってはならないとまず全面使用禁止になった。その後、使えるようになったはずだったのだが、いつの間にか子供の姿が消えていった。高齢者の利用者が増えすぎて、利用したい子供たちにとっては居心地が悪くなり、はじき出されるような格好になっていたのだという。そこまでなら、空気に飲まれてしまっただけで済んだのだが。最近、ついに仕組みとして「子供の利用」ができなくなったと近隣住民がこぼしていた。本当にそんなことが起きているのか。

「利用者の方からのご要望が相次ぎ、子供達の利用を制限しています。子供は感染しても命の危機にはならないが、お年寄りは違うということなので。子供達が元気に走り回っていると不安になる利用者もいますし」

 筆者の問い合わせに申し訳なさそうに釈明したのは、公民館の管理人だ。歯切れの悪さが、本音は別のところにあることをうかがわせた。そして、中高年利用者からの圧力があったのか、という質問には「何も無かったといえば嘘」と、認めたのである。公民館の近隣住人がいう。

「公民館の広場で子供達が遊んでいたら、公民館からおじいさんが何人かで出てきて、コラーと怒鳴る。子供達は慌てて逃げる、みたいなことが何度か続いて、もう公民館には子供が来なくなりました。逆に高齢の利用者はどんどん増える。コロナで病院に行けなくなり、公民館が溜まり場になっていると聞きました」(近隣住人)

 こちらの公民館に付属する公園も、つい最近子供達のボール遊びが禁止になったばかりだが、老人達は我関せずとゲートボールを楽しんだり、中には缶ビールを片手にたばこを燻らす老人の姿も。それだけでなく、早朝から大音量のスピーカーを使ってラジオ体操をやってみたり、通行人をものともせず半裸で乾布摩擦をしたりと、こちらも「公園が乗っ取られた」状態だという。挙げ句の果てには……。

「近くの広場のベンチにも『お年寄り専用席』とシールが貼られたり……。指をくわえて見つづけるだけだと、別の公園や施設も、若者が使えなくなるでしょう」(近隣住人)

 当然、こういった迷惑行為に及ぶ高齢者はごく一部、人数あたりの割合で言えば、まだ体力にも余裕のある中年や若年層の方に「迷惑な人」は多いのかもしれない。だが、若年層の迷惑行為は大声で非難しても誰も咎めない。しかし、老人は敬うべきという空気があるから、反論しづらいのが事実。そのため、あえて見過ごしたり、情けを見せればつけ込まれ、軒を貸したつもりが母屋まで取られる、といった事態にまで発展する。

 いや、そもそも、公園も公民館などの公的施設は、広くみんなの物に違いないはずだ。それなのに眼前のものなら何でも卑しく自分の方へ引っ張ろうという姿は、マスクやトイレットペーパーを我先にと買い占めた人々たちと同様だ。助け合って皆で乗り越えるべき難局なのに、分断を深めるようなことをしたり、それを見過ごしてもよいのだろうか。

 皆で協力し合って、コロナ禍を乗り越えよう、という声が、半年前より小さくなっているように思うのは筆者だけではないはずだ。ここで触れた高齢者に限らず、他人の行為ばかりをあげつらい、自身を棚上げする。問題が起きるとまず「おまえのせいで感染したらどうする、責任を取れ」と迫る。どうしようもないコロナ禍のつらさを、どうにか第三者のせいにして溜飲を下げようとしているようにも見える。

 コロナウイルスの感染拡大は、1波2波ときて、今は第3波と言われている。その度に、人間の嫌な部分がこれでもかというほどに抉り出される。コロナのストレスより、そうして現実を目の当たりにすることの方が辛い……そんな人も少なくないのではないだろうか。

関連記事(外部サイト)