吉村洋文府知事イソジン会見 研究機関のサイトは今も「準備中」

吉村洋文知事のイソジン会見の根拠となる研究を行った機関のサイトは今も『準備中』

記事まとめ

  • 吉村洋文知事がイソジンを手に取り、「うがい薬で新型コロナ陽性者が減る」と会見した
  • この会見の根拠となる研究を行った医療センターのHPには『現在、準備中です』とある
  • うがい薬の第二次研究は11月24日から実施しているが、成果の発表時期などは未定らしい

吉村洋文府知事イソジン会見 研究機関のサイトは今も「準備中」

吉村洋文府知事イソジン会見 研究機関のサイトは今も「準備中」

あの会見は何だったのか…(時事通信フォト)

「ポビドンヨードを含んだうがい薬で新型コロナの陽性者が減っていく」──。うがい薬「イソジン」を手に取り、吉村洋文・大阪府知事が会見してから4か月あまり。吉村知事の自信はいまも揺るがないようで、11月18日には自身のツイッターでこう発信していた。

〈うがい薬の第二次研究は現在進行中です。来年の1月か2月頃に研究成果が明らかになる予定と聞いています〉

 しかし、吉村会見の根拠となる研究を行なった大阪はびきの医療センター・次世代創薬創生センターのホームページには「現在、準備中です。」とあるのみだ。

 同センター事務局に聞くと、「11月24日以降、第二次研究を実施しています」と回答したものの、成果の発表時期などは未定という。

 ホームページが準備中である理由については「業務多忙のため、コンテンツの整備ができていない」とのことだった。

 大阪府に聞くと、「(研究成果について)知事が個人的に聞いているのかもしれませんが、私どものほうでは確認できていません。会見の予定も今のところありません」(健康医療部)。

 ポピドンヨードうがいの効果については、もともと吉村知事の会見後、科学的根拠の薄さから日本甲状腺学会など3学会が連名で「重症化予防などの効果は明らかになっていない」「必要量以上に摂取することにより、甲状腺機能に異常がおこることがある」とする見解を示すなど“疑問視”する声は絶えなかった。

 さて、効果が実証される日は──。

※週刊ポスト2021年1月1・8日号

関連記事(外部サイト)