歴史作家が選ぶ2020「歴史の新発見」重大ニュース 日本史編

歴史作家が選ぶ2020「歴史の新発見」重大ニュース 日本史編

豊臣秀吉最後の城「京都新城」が見つかった(時事通信フォト)

 未知のウイルスとの闘いに明け暮れた2020年が終わろうとしている。後世において、新型コロナ禍はどのように語り継がれていくだろうか。歴史の画期となるであろう1年だったが、今年も歴史学・人類学上の新たな発見が日本や世界で相次いだ。歴史作家の島崎晋氏が、2020年に明らかになった歴史上の重要な新発見を厳選して紹介する。

 * * *
 夏期オリンピック東京大会で賑わうはずだった2020年。しかし開催は延期されたうえ、年間を通しての話題も第一に新型コロナウイルス、第二にアメリカの大統領選挙、第三に安倍・菅政権関連となってしまった。全世界的に移動制限がかけられたことから、考古学的な発掘を始めとする現地調査・取材は低調に終わったが、それでも日本史の解明につながる重大な発見がいくつもあった。特に、京都での二つの発見に注目したい。

どの文献にも記載されていない「謎の巨大寺院跡」

 京都で発見されたのは、どちらも16世紀に実在した大規模建築物の遺構。一つは文献に一切記録がない謎の寺院で、もう一つは文献上では確認されながら、これまで物証に欠けていた幻の建築物だ。

「謎の寺院」は16世紀中頃、戦国時代後半のものとされる。今年5月1日、『京都新聞』は発掘調査にあたった民間会社の発表をもとに、「戦国時代の大規模寺院か 文献になく、乱世の政情不安を映す」と題する記事を報じた。

 それによれば、遺構が発見された場所は京都市上京区にある相国寺の北側の旧境内地。〈建物跡は東西12メートル、南北16メートル以上に及び、南北に長い造りだった。礎石が三つ残り、柱間は3.9メートルと広く、寺院建築の可能性が高い〉という。

 当時の大寺院は臨時の軍事拠点として重宝されたため戦火に巻き込まれることも多く、今回発見された礎石建物跡もその一つであったと考えられる。短期間に築造と廃絶を繰り返し、焼け跡も確認されているから、戦略上の要地で、何度も激戦が展開されたところのはずだ。それなのに文献上に一切記録のないというのは、大いなる謎である。

太閤秀吉、人生最後の「幻の城」を京都で発見

 謎の巨大寺院とは逆のパターンが、京都御所の一角で昨年から今年にかけて発掘調査が行われ発見された「石垣と堀の跡」である。これが、豊臣秀吉が亡くなる前年の1597年、人生最後に手掛けた城郭の遺構と判明した。当時の記録によれば城郭の正式名称はなく、単に「太閤御屋敷」などと呼ばれ、後世の研究者は「京都新城(しんじょう)」と称していた。

 京都市埋蔵文化財研究所の発表(5月12日)によれば、具体的な形状は不明ながら、敷地面積は甲子園球場約8個分にあたり、同じく秀吉が手掛けた大坂城や伏見城に勝るとも劣らない巨大城郭であったという(『朝日新聞』5月12日付)。専門家のあいだからは、「日本の城の発掘で今世紀最大の発見」との呼び声も挙がっている。

【プロフィール】しまざき・すすむ/1963年、東京生まれ。歴史作家。立教大学文学部史学科卒。旅行代理店勤務、歴史雑誌の編集を経て現在は作家として活動している。『ざんねんな日本史』(小学館新書)、『いっきにわかる! 世界史のミカタ』(辰巳出版)など著書多数。近著に『人類は「パンデミック」をどう生き延びたか』(青春文庫)、『どの「哲学」と「宗教」が役に立つか』(辰巳出版)などがある。

関連記事(外部サイト)