女性パチンコライターが次々と「グラビア進出」した背景とは

女性パチンコライターが次々と「グラビア進出」した背景とは

人気女性パチスロライターの河原みのり

 新型コロナウイルスによる経済活動の停滞は、あらゆる業界に打撃を与えたが、特に大きな影響を被ったのが娯楽産業のパチンコ・パチスロ店だろう。自粛や休業要請に従わないパチンコ店が多くの批判を浴び、日ごろパチンコの魅力や攻略法を紹介する専門ライター陣にとっても我慢の1年となった。パチスロライターの河原みのりが、激動の2020年を振り返る──。

 * * *
 今、街中を見渡せばマスクをしていない人にはほぼ遭遇しません。消毒、ウイルス、除菌……そんな言葉で埋め尽くされ、すっかり見違えてしまった日々があっという間に過ぎ、2020年が気まずそうに幕を下ろそうとしています。私も今まで経験した中で断トツの早さで終わっていく一年に、ただただ圧倒されるばかりです。

 そして私自身も身を置くパチンコ・パチスロ業界もまた、想像を裏切ることなく、いや、想像以上に激動の一年となりました。

 スロット規制によりジリジリと迫ってくる5号機の設置期限、さらには完全分煙化など、元々ユーザー離れが心配される要素を存分にはらんでいた中での、「新型コロナウイルス」という思ってもみなかったイレギュラー。

 これによって大打撃を受けたお店も少なくなく、大型店はなんとか耐え抜いたものの、いまだに苦しい財政が続く店舗も多いのだとか。休業要請、そして自粛期間など、多くの関係者が苦しい思いを余儀なくされました。

活気が戻らないのはコロナのせいだけじゃない!

 自粛が明け、営業を再開してもその活気を完全には取り戻せない雰囲気が漂っているのは、その原因がコロナだけではないからでしょう。

 特に周りのスロッターの話を聞いていても新たな6号機への印象は正直あまり良いものではなく、「少しだけ触ってみたけど手を出しにくい」というのがよく耳にする意見であり、やはり2400枚というリミットが無く大きく勝てる可能性のある台のほうが魅力的、というのはごもっともなお話かもしれません。

 私は仕事柄、新しい6号機機種も積極的に打っていく立場にありますが、6号機は6号機なりの面白さもあり、また荒い台よりはマイナスも少なく抑えられる面もお財布には優しい、“遊べる機械”として、そこまで嫌厭するものではないようにも思えます。

 とはいえ、お金を使う娯楽としてもちろんリスクの計算は必要ですが、はじめからマイナスになることを考えて打つのも寂しいですし、5号機が消えていくのが悲しくないかといえば、それも嘘になります。

 コロナによる休業要請など経済的影響もあり、5号機の設置延長が数機種に施されましたが、その延長された機種たちもついには姿を消し始め、2021年も期限が迫った機種がわんさかと待ち構えているのです。

雑誌のグラビア進出が増えた女子ライターたち

 規制緩和に期待の声も高まる中、あの手この手を使いなんとか面白いものを! というメーカーに期待するとともに、これからのスロットの楽しみ方を自分自身で模索し伝えていくのが、力不足ながらも私たち業界ライターの役割なのではないかと感じています。

 その点、雑誌や番組、ネット動画など、アピールできる場面がたくさんあることは嬉しいことであり、また緊急事態宣言下の苦しい時に経済的にも助けられたシーンがたくさんありました。

 特に4月、5月あたりはライティングや自宅での撮影など、ほとんど雑誌メインのお仕事をさせていただき、「家にいても私にできること」が少しでもあったことは、今思えばかなり精神的に安定を与えてくれていたのかもしれません。

 さらに、アナログな私にはまったく手が出せませんでしたが、自粛期間を機にYoutubeを開設したり、ライブ配信に熱を燃やしたり、ライター界も皆それぞれ思い思いの方法で新たな道を切り開いていっている、そんな印象を受けました。仲間の他業界での活躍も同業者として楽しみな部分が大きいです。

 また、雑誌に関しても大きな変化が。それこそ、コロナ以前から少しずつ影響していた話かと思いますが、女子ライターのグラビア写真がページに多く見られるようになりました。自粛明けからはさらに増え、昔から雑誌を読んでいただいている方はその変貌ぶりに少しビックリしてしまうかもしれません。

 その要因としては、雑誌の売り上げにつながる機種があまり出されていないなど厳しい業界の事情もありますが、女子ライターのコアなファンが購入してくれるため、読者に支えられている部分も大きいです。

 恐れ多くも私も写真撮影に時おり参加させて頂いておりますが、昔のグラビア時代の経験を少しでも活かせたらいいなぁと思う反面、スロット雑誌にこれほどまでにグラビア写真が載っていることに対して違和感を覚える声も業界内外から聞こえてきそうで、実際、複雑な思いです。

これからも「人の心を動かす」活動をしたい

 といっても、どれをとっても大切なお仕事。ひとつひとつ目の前にあるものに全力で向かっていくスタイルは貫きたいですし、スロットはもちろん、自分が楽しいと思えることを共感してもらったり、どんな形であっても人の心を動かせる、そんな活動をこれからもしていきたいです。

 2020年は本当にあっという間で何もできなかったと感じていましたが、じつはこの見つめ直す期間が大切だったのかもしれませんし、今の私には必要な時間だったのかもしれません。

 新型コロナウイルスという恐怖と隣り合わせにありつつも、皆、自らの生きる場所と新しい生活様式を少しずつ確立していっていることかと思います。またしても感染人数が増えてきており油断は許されませんが、それぞれが静かに新年を迎えられることに感謝し、2021年が少しでも明るい年になれば幸いです。

関連記事(外部サイト)