鴻上尚史×志駕晃「人類はまだスマホやネットに慣れてない」

鴻上尚史×志駕晃「人類はまだスマホやネットに慣れてない」

作家の鴻上尚史さん(左)と小説家の志駕晃さん(右)

 志駕晃さんによる『女性セブン』の連載小説をまとめた単行本『彼女のスマホがつながらない』が発売された。コロナ禍における日本で発生した、現実の出来事やニュースを取り込んだ同作は、まさに時代を映す作品となっている。発刊を記念して作者の志駕さんと、同じくクリエイターとしてコロナ禍で芸術文化を守り続ける鴻上尚史さんが、“スマホありき”となっている現代について語る。

〈ニッポン放送の社員という顔も持つ志駕さん。かつては、ウッチャンナンチャンや中居正広の番組のディレクターを担当したこともある。一方、鴻上さんもかつて『オールナイトニッポン』のパーソナリティーとして人気を博した。当時はまだ“コンプライアンス”なんていう言葉を使う人がいなかった時代、鴻上さんは深夜ラジオという“解放区”のなかで、好き放題な企画を楽しんでいた。しかし、今の時代は、コンプライアンス遵守の考え方が広まり、不適切な発言があればニュースとなり、そのままSNSで大炎上してしまう。スマホやネットの登場で、世の中が大きく変わったことは間違いない〉

鴻上:(ネットやスマホが無かった)あの時代に戻れるかと言われたら、少なくともネットとスマホについて言えば、ぼくらはもうこんな便利なものを手放せない。新しいメディアは人間関係をポジティブにもネガティブにも加速させます。携帯電話ができたせいで口げんかが多くなって別れるカップルも大勢いたように、マイナスの部分を理解しながら、プラスの面に期待してつきあっていけたらと思います。

志駕:まったく同じ意見です。例えばいまの時代、恋人をマッチングアプリで探すのは当たり前。出会いがなかった男女がアプリで出会って、つきあって結婚までするようになった。ただしそれが過剰になると今度はパパ活サイトが登場して、事件やトラブルが生まれる火種になる。

鴻上:SNSを使った男女の出会いも、ツールの使い方次第です。まだツイッターがなかった時代ですけど、親が離婚した女子大生がいたんです。その子は離婚後の母親がおしゃれや化粧をしなくなったことを悲しんで、当時ネット上にあった交際サイトに「当方51才、真剣な交際相手募集」と母親になりすまして投稿し、実際に応募してきた男性から職業や人生のモットーを聞き出して、最終的に候補を3人に絞って「ママ、この3人は保証できるよ」と母親にリストを渡したんです。母親も最初は「何バカなこと言ってんの!」と怒ったけど、だんだん化粧をするようになったんだって。

志駕:それはめちゃくちゃいい話ですね(笑い)。パパ活アプリで犯罪に巻き込まれてしまう女子大生もいれば、“逆代理婚活”をする女子大生もいる。使い方や環境次第で、武器にも刃物にもなり得る存在だと改めて感じています。

鴻上:要は、人類がまだスマホやネットという新しいメディアに慣れていない。ぼくはSNSや連載が何度も炎上した炎上中級者ですが(笑い)、それでもツイッターを見ていると、思いがけず面白い表現や言葉を見つけて「おっ」と感銘することがある。そうした瞬間があると離れられません。いわばぼくたちはいま、「スマホに試されている」のではないかと思います。

志駕:本当にその通りですね。「試されている」というのは何もスマホに限ったことじゃないですよね。一度収束したように思えたコロナも、いままた蔓延しています。どう対峙すべきかということも、一人ひとりが再び考えるときなのかもしれない。

鴻上:過去、アメリカで大きな台風が来たときに人種に関係なく手を取り合って助け合った事例があるように、すごく悲惨な状況になったとき、本来ならば人間は助け合えるはずだけど、一方で楽な方に流されていってしまうこともある。試練のときなのかもしれません。

志駕:そういう時代だからこそ、やっぱりエンタメの力が大事だと思う。いま、笑いや感動が少ないからギスギスしている面もあるんじゃないでしょうか。だから、いろいろなものに試されながらも、面白いストーリーを作っていきたいと心から思います。

【プロフィール】
志駕晃(しが・あきら)/1963年生まれ。明治大学商学部卒業後、ニッポン放送入社。制作部、編成部等を経て、その傍ら小説を書き始め、2017年に『スマホを落としただけなのに』が第15回『このミステリーがすごい!』大賞〈隠し玉〉に選ばれ、デビュー。同作はシリーズ第2作『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』共々映画化され話題に。著書はほかに『ちょっと一杯のはずだったのに』『オレオレの巣窟』『私が結婚をしない本当の理由』等。

鴻上尚史(こうかみ・しょうじ)/1958年生まれ。1981年に劇団「第三舞台」を結成。1987年『朝日のような夕日をつれて’87』で紀伊國屋演劇賞団体賞、1995年『スナフキンの手紙』で岸田國士戯曲賞、2009年戯曲集『グローブ・ジャングル』で読売文学賞受賞。主な著書に、『同調圧力』『「空気」を読んでも従わない』『「空気」と「世間」』『鴻上尚史のほがらか人生相談』『ドン・キホーテ 笑う!』ほか多数。舞台公演のかたわら、ラジオ・パーソナリティー、テレビ番組の司会、映画監督など幅広く活動。

◆撮影/為末直樹

※女性セブン2021年1月7・14日号

関連記事(外部サイト)