水どう名物D・藤村忠寿氏 コロナ報道で感じた「妙な胸騒ぎ」

水どう名物D・藤村忠寿氏 コロナ報道で感じた「妙な胸騒ぎ」

渋谷など繁華街の人出増減が連日話題に(撮影/内海裕之)

 新型コロナウイルス関連の報道一色だった2020年──。今年ほど繁華街や観光地の「人出映像」が流れた年もないだろう。しかし、そうしたテレビの報道姿勢や意図に疑問を投げかけるのは、北海道HTBの人気ローカル番組『水曜どうでしょう』の生みの親、藤村忠寿チーフディレクターだ。

 * * *
 週末の夜、仕事を終えたサラリーマンや若者たちで賑わう繁華街。天候に恵まれた休日、家族連れやカップルたちの笑顔で溢れる行楽地。テレビから流れるそんな映像は、見る人々の心を弾ませてくれるものでした。

 それが今や「そんなことをしてていいのか」「緩んでる」「自分は我慢しているのに」と多くの人が思ってしまう。「好意」の目で見ていたものが「悪意」の眼差しへと変化する。今年、世の中が一変してしまったことを一番感じる事象でした。

 もちろん、感染症対策のために外出を控えなければならなくなったという社会状況の変化を理解しているうえで、それでも、人々の心のあまりに急激すぎる変わりように、映像に携わる者として妙な胸騒ぎを感じざるを得ないのです。つまりそこには「映像が大きく関与していた」ということです。

 同じ映像であっても、それまでは「楽しそうだね」と見ていたのに、ある時から「けしからん」という怒りの感情を見る者に生み出してしまう。受け取る側の印象をここまで急激に変えてしまったのは、映像を送り出す側の意思が強く作用していると考えられます。

 夜の繁華街を歩く若者、行楽地にいる家族連れ、そんな人々の映像を映し出し、「こんなにも多くの人が町に出ています」というレポートを入れ、そこに映る人々を指して「緩んでますね」とコメントすれば、映っていた人々の個々の事情などお構いなしに、見る人は一様に「けしからん」と眉をひそめることになる。それは当然の流れです。

外出している人は「犯罪者」ではない!

 そんな流れをなぜテレビは作ったのでしょうか。見る人たちに「けしからん」と思わせるような映像を送り出した側の「意思」とはなんでしょうか。

 ひとつには「外出する人を減らすための注意喚起」ということになるでしょうか。「こんなことをやってはいけないと世間に認知させる必要がある」ということでしょうか。そのために「外出している人たちを要注意人物として映し出した」ということでしょうか。もしもそうだとしたら、映像を世に送り出す者として大きな過ちを犯していると私は思います。

 なぜならそれは、暴行を働く人、盗みをする人、そういった人物の「悪行を映し出して、こんなことをやってはいけないと世間に認知させるために映像を使うのと同じ意思」が働いているからです。

 もちろん、犯罪につながる行為は厳しく規制すべきです。映像を使ってその規制を強化することができれば、それは社会貢献になります。しかし、外出は「自粛を要請」されているだけで「規制」も「禁止」もされていないのです。

 国民は「行動の自由」を国家に保証されているのです。外出している人は「犯罪者」でもなければ「規則を守らない人」でもないのです。たとえ外出の理由が遊びであったとしても、たとえそれが感染を広げる要因になったとしても、それを映像表現で規制しようとする意思が働いているのなら、その者が送り出した映像は国民の自由を阻害するものでしかありません。ネット上で話題になった「自粛警察」と、その行為においては同じレベルです。

自由を剥奪される国民にテレビが加担

「政府や自治体の対応はゆるいのではないか」「もっと思い切った規制をすべきではないのか」、テレビにはそういった論調があるように私は感じます。それがすなわち「国家に対して国民の自由を規制するよう要請している」ように私には聞こえて、胸騒ぎがするのです。

「大げさな」と思われるかもしれません。「今はそれもしょうがないだろう」と思われるかもしれません。しかし歴史上、自由を勝ち取るために払われたあまりにも大きな犠牲を考えれば、たとえ一時的ではあっても、自由を剥奪されることに、そこにテレビが加担することに、恐怖を感じざるを得ないのです。

 ただ、テレビの、特にワイドショーや報道番組の、視聴者層に高齢者が多いことを考えれば納得できる一面もあります。世間に対して時に過剰なほどの注意を促すことは、すなわち「弱い立場の高齢者を守る」という姿勢を強くアピールすることになるからです。

 感染したら命にかかわる可能性が高い高齢者は外出を控え、家でテレビを見ている人もきっと多いでしょう。そんな人たちに寄り添い、頼りにされる存在となるには何を伝えるべきなのか、テレビマンたちは日々考えていると思います。

 しかしそれが、外出している人に悪意の目を向けることや、行動を規制すべしと訴えることで高齢者の同意を得ようとしているのなら、それは誤ったやり方です。そんな論調を続けていく限り、高齢者以外の世代からは信頼を得られません。特に若い世代からは見向きもされません。

これ以上若者に我慢を強いるべきではない

 考えてみてください。今年一年、子供を含めた若い世代は、どれほどの我慢を強いられてきたことか。多くの人と接する機会を奪われ、旅をして見聞を広げる機会を失い、友達とワイワイ騒ぐことも許されず、なんなら恋愛のチャンスだって逃したかもしれません。若い彼らのこの一年間の喪失は、上の世代とは比べものにならないぐらい大きかったはずです。

 2021年は、もっと若い世代のことを考えてあげるべきです。これ以上彼らに我慢を強いて、これ以上彼らが諦めることに慣れてしまっては、彼らは前に進む力を失ってしまいます。

 政府は産業を守るために「経済活動との両立」を訴えて試行錯誤を繰り返しています。しかし来年は一歩踏み出して、子供や若者の将来を守るために「行動の自由との両立」を考えていくべきだと思います。

 とても難しい問題ですが、少なくともテレビが「若い世代が自由に行動できるように、大人たちができることを考えていきましょう」という姿勢を発信するだけでも、彼らに安心感を与えられると思うのです。

【プロフィール】
藤村忠寿(ふじむら・ただひさ)/1965年愛知県生まれ。1990年に北海道テレビ(HTB)入社。1996年チーフディレクターとして『水曜どうでしょう』を立ち上げる。2015年、時代劇集団の藤村源五郎一座を旗揚げするなど自ら役者としても活躍するほか、2019年よりYouTube「藤やんうれしーの水曜どうでそうTV」をスタート。『水曜どうでしょう』2020年最新作がHTBを皮切りに全国各地で絶賛放送中。

関連記事(外部サイト)