副業の違法サイトが摘発され、すべてを失った男の懺悔告白

副業の違法サイトが摘発され、すべてを失った男の懺悔告白

副業にできると気づいてしまった(イメージ)

 仕事の目的が「金銭を得ること」「利益を上げること」であるのは間違っていないが、目的が「それだけ」になっている状態は果たして健全と言えるのか。その仕事の内容、やり方がどれだけ反社会的だったり倫理観に乏しいとしても、金儲けができる=有能と単純に結びつけるのは何かが狂っていないだろうか? 運営するブログやホームページなどにアフィリエイト広告を掲載する「副業」で本業を上回る収入を得ていたものの、違法コンテンツに頼っていたためすべてを失った40代男性の後悔とこれからについて、ライターの森鷹久氏がレポートする。

 * * *
「後ろめたい気持ちはずっとあった。ただ、これでお金が稼げるし、良い生活ができる。辞められなくなったんです」

 北関東某市在住の作業員・福田翔平さん(仮名・40代)は元々、都内の化学メーカーに勤務する平凡なサラリーマンで、かつての年収は490万円ほど。妻と幼稚園に通う娘の三人で、古いが住み心地は良かったという社宅で暮らしていた。贅沢をしなければ何不自由なく生活ができたし、貯金もできていた。あと数年もしたら頭金を用意して、郊外に戸建てを建てよう、そんな夢を妻と語り合ったりもしたという。堅実だった男性が後ろめたさを感じつつも、辞められなくなってしまったのが、アフィリエイトで収入を得る「副業」だった。

 遡ること15年ほど前、きっかけは、その後、副業にどっぷりハマってしまったときの動機「金儲け」とは無縁のところから始まった。

「何気なくSNSを見ていたところ『アイドルの放送事故映像』という文字が目に飛び込んできました。そのアイドル、私が昔からファンだった子で、思わずそのリンクを踏んじゃったんです。本当に軽い気持ち、どれどれ? というような……」

 福田さんが踏んだリンク先には、そのアイドル女性が制服姿で映る動画があった。女性が向きを変えた瞬間、着用していたミニスカートがふわりと浮き上がり、下着が見えたような気がしたが画質が悪く、よくわからない。しかし、ちょっと得した気分に浸り、何気ない気持ちでその映像をダウンロードしたのである。

 その数日後、ネット掲示板上で見かけたのは、例の映像を見そびれた、というネット住民たちの声。拡散されていたはずの映像はほとんど消されてしまい、残っていなかったのである。映像を保存していた福田さんは、動画共有サービスサイトに持っていた自身のアカウントで「はい、どうぞ」というコメントともに動画をアップ。そのページへのリンクを掲示板に貼り付けた。すると、予想外の反響に驚かされることとなった。

「ネットでは神様扱いですね、ありがとうありがとうと感謝の声が寄せられる。映像が大したことなくがっかりしたとか、著作権法違反だ、という声も少しはあったんでしょうが、そんなことが気にならないような、とにかくものすごい反応。よくない事だとは理解していましたが、病みつきになりました」

このままだったら会社の給料を超えちゃうな

 当時はまだ、ネット上に動画をアップして稼ぐ、という概念は一般的ではなく「YouTuber」という呼称も広まっていなかった。だが、人が集まるということが金になる、と直感した。人が集まってくるコンテンツを産み続け、それを自身のサイトに載せる。そうすれば、サイト上にリンクを貼った広告料などで収益が期待できる。この「アフィリエイト」によって儲けを出す仕組みがあることも、この時ネット上で調べ、初めて知ったのだった。

 しかし、人を呼べるコンテンツなど、そう簡単に作り出せない。たまの休日に外出し写真を撮ることもあったが、とても人様に見せられる代物ではない。文章は苦手だし、世の中の事象を鋭く分析し批評することも、人を笑わせるようなものを書くこともできない。ハッと思いついたのは、あのアイドルの映像だ。

「耳目を引く良い話、悪い話は考えもつかない。でも、R18な映像だったらすぐに用意ができるし、世界中の人たちがあのアイドルの映像のように喜んで見てくれる」

 もちろん、福田さん自身がそういったコンテンツを自前で用意できるわけはない。夜な夜な、家族が寝静まった頃に閲覧していた海外のサイト上に、日本人の非合法な写真や動画があることを知っており、それを活用しようとなったのである。

「そうしたサイトから写真や映像をダウンロードしては、自身の動画アカウント上にアップロードしなおし、そのリンクを自分で開設したホームページ上に貼り付けました。ネット掲示板などに『このサイトはすごいぞ』とホームページへのリンクを貼った自作自演の書き込みもしました。数週間で、1日のアクセスは何千件にもなりました」

 数ヶ月後には、ホームページへの1日のアクセスが数万件を超えるなどし、国内外の企業から、サプリメントや大人向けグッズに関する広告を載せて欲しいと問い合わせも入るようになった。

「アフィリエイトで数万円、企業からの広告で十数万円。このままだったら会社の給料を超えちゃうな、と思いました」

 サラリーとは別の収入源が発生したことで、福田さんの生活は一変。耳目をひきつけるものならなんでも良いと、日夜「コンテンツ探し」に没頭。冷静に考えれば、人様のコンテンツを盗んできて人様に見せて金を得る、という最低な行為であるが、罪の意識はなかった。月に数十万円、1日あたり1万円以上を確実に手にできる「仕事」なのだと、自分に言い聞かせたし、そもそもコンテンツ自体が「不法」なもの。著作権者が訴えてこない、という自信もあった。

「私が盗んでいたのは、日本国内で不正に製作されたR18コンテンツ。モザイクがないとか、隠し撮りとか、そんなものばかり。映像をアップロードしていた動画サイトのアカウントは何度も潰されましたし、警告も幾度となく受けた。でも、著作権者の訴えがない限り、私の身に危険が及ぶことはない」

 ホームページを開設した当初、仕組みをよく知らなかったために、国内のネット事業者が提供するホームページサービスを使いサイトの運営を行なっていた。にも関わらず、お咎めなしだったのは当時が今ほど厳しくなく……というより、対応が追いつかず、多くの違法行為が事実上の野放しだったことが窺える。もっとも、運営を始めてすぐに国内サービスを利用することの危険性を察知して、摘発される可能性の少ない海外のサーバーを借り直したり、動画を海外のグレーなサイト上にアップし、そのリンクを貼る方法に切り替えるなど工夫を重ねてサイト運営を継続し続けた。

全部うそ、偽りで得た金

 副業開始から3年も経った頃には、広告による収入が会社の給料を大幅に上回った。社宅暮らしは続けていたが、生活も見違えるほど良くなり、古めかしい部屋には似つかわしくない高級家電や家具を買い揃えた。社宅に住む同期が中古の国産車を買うのがやっとのところを、福田さんは高級外車を購入。毎週末のように家族で近場に旅行し、それでいて預貯金は4桁万円を突破。妻や同僚には怪しまれたが「ネットビジネス」という単語を使い、食事でもご馳走しながら説明すると、なんとなく理解した気になってくれたようであった。

 時を同じくして、福田さんはついに自身が代表を務める「法人」も設立。海外の広告代理店から振り込まれる収益が主であったためか、多い時でも収入が月に50万円程度であったためかわからないが、税務署から指摘されることも、警察から「仕事」について問われることもなかった。これが結果的に、福田さんの自信、いや過信へと繋がっていく。「悪い奴がやっていること(非合法なコンテンツ製作)だから、こちらは何をしてもいい、完全グレーゾーンの海を、自在に泳ぎ回っているような気分。恐怖心は消え、もっと収益が欲しいと思うようになりました」

 ところが、二人目の子供も産まれ、妻と新居について具体的に話し合っていた幸せな日々は、一気に暗転する。ある朝、仕事に行くため玄関を開けようとしたところ、扉の向こうに人の気配がした。覗き穴越しに見えたのは、5〜6人の男の姿。警察だった。

「警察はすでに逮捕状まで持ってきていた。自分に疑いがかけられているなんて、全く気が付きませんでした。どこで足がついたのかさえ見当もつかない。驚いた妻が小さな下の子を抱えて出てきたので、警察の方が気を利かせて、私だけを車に連れて行ってくれました。なんというか、ああ終わったな、と身体中の力が抜けた感じ。ついさっきまで幸せの絶頂にいたのに、空虚な感じ」

 福田さんの逮捕容疑は著作権法違反。運営するサイトに、第三者が権利を持つ女優の写真を無断で掲載していたことだと刑事に説明されたが、取調べでは主に、海外のサーバーを利用したサイト運営に関係することばかり聞かれた。警察が知りたいのは逮捕理由とは違っていたので「別件逮捕」と呼んでもよいものだった。だが、福田さんは一切抵抗することなく、全てを洗いざらいしゃべった。今考えれば、必要以上にしゃべったかもしれないと思うが、後悔はない。

「ふと気がついたんですよね、金は儲かったけど、私自身は何も産み出していない。全部うそ、偽りで得た金。詐欺師と一緒です。妻や子供たちはその汚れた金を使って、給料よりよい生活をしている。やめたくてもやめられない、逮捕くらいされないと、嘘をつき続けるしかなかったんです」

 逮捕から数日ですぐに保釈されたものの、妻と子供はすでに家を出ていた。社宅は安価で便利だったが、こういうことが起きてしまうと、自分の家だとは思えないほど居心地が悪い。

「自宅には上司からの手紙が届いていて、事情を説明しに来い、クビは間違いないと書かれていました。妻とも電話で話しましたが、娘がショックを受けていて、もう二度と一緒に暮らしたくないと。この時娘はすでに中学生。思春期に傷つけてしまったんです。全てを失ったと悟った瞬間でした」 翌日、会社を依願退職し、社宅を引き払った福田さん。その後は、刑務所に入ることもなく罰金刑だけで済んだが、結局妻とは離婚。二人の子供のためにと毎月15万円を仕送りしながら、現在は関東地方で工場内作業員をしつつ、会社が借り上げてくれたアパートに一人で暮らす。

「当時貯金が800万円くらいあったんですが、その分については、警察からも一切お咎めがありませんでした。今の給与は手取りで19万円、そこから寮費などを引いて残った15万円を丸々送っています。自分の生活は貯金を切り崩して……。嘘をついて得た汚い金なんで、仕送りには使えないんですよ」

 新型コロナウイルスの影響で、福田さんの働く工場でも仕事がなくなり、月収が3万円ほど下がった。仕送りを12万円に減らすか、貯金から3万円を補填するか、悩みに悩んだというが……。

「かつての貯金から補うことをしたら、また同じ仕事、副業をやっちゃいそうだって思うんです。はっきり言って、同じ方法で私はいつでもお金を稼ぐことができます。情報商材にして売り出してもお金になるでしょう。でも、もう辞めたい。金だけが儲かれば何をやってもいい、という雰囲気、わたしもそういう空気を作った当事者の一人かもしれませんが、もう終わりにしたいんです」

 何も生み出さないどころか、騙したり盗んだりして、人の富を吸い上げることを「ビジネス」とは言わない。

 そう断言する福田さんは、作業療法士の学校に通いながら、本当に人の役に立つことで生活ができるよう、自身の人生の再スタートを切ったばかりだ。

関連記事(外部サイト)