正月飾りは暴力団の独占利権 Xマスツリーや熊手もシノギに

正月は暴力団にとって重要な資金獲得手段 正月飾りを飲食店や一般人に買わせることも

記事まとめ

  • 正月は暴力団にとって重要な資金獲得手段で、正月飾りを飲食店に買わせたりするという
  • クラブや飲食店に飾っているクリスマスツリーも暴力団が絡んでいることが多いらしい
  • 11月の酉の市でも、暴力団が新宿の神社で熊手を売ったりしていたという

正月飾りは暴力団の独占利権 Xマスツリーや熊手もシノギに

正月飾りは暴力団の独占利権 Xマスツリーや熊手もシノギに

正月飾りは暴力団にとってシノギの機会だという(イメージ)

 正月は、一般人にもヤクザにも等しくやってくる。ただ、ヤクザにとっての正月は重要なシノギ(資金獲得の手段)でもあるのだという。暴力団取材に精通するジャーナリスト、鈴木智彦氏(フリーライター)と溝口敦氏(ノンフィクション作家)が、ヤクザの正月について徹底解説する。

溝口:ヤクザにとって正月はシノギの機会でもあります。一番大きいのは正月飾り。門松なんかを飲食店や一般人に買わせるわけです。

鈴木:10月に渋谷で正月飾りを「みかじめ料」代わりに売りつけたとして稲川会系組員が逮捕されたし、2019年は北海道のススキノで、警察が暴力団から買わないようにと先にしめ縄を飲食店に配っていました。あまり指摘されることがないけど、正月飾りは暴力団の独占利権ですからね。

溝口:クリスマスツリーも実はそうです。クラブや飲食店に飾っているツリーは、暴力団が絡んでいることが多い。

鈴木:別に強制的に買わせているわけでなくても、付き合いもあるし、揉めたら面倒臭いというので買ってしまう。

溝口:縁起物だからってのもあります。11月の酉の市で売っている熊手もそうですね。かつて新宿の神社で熊手を売っていたヤクザは、テキ屋としては姉ヶ崎会(テキ屋系暴力団)に所属していて、そのほかに博徒として後藤組(山口組系)にも入っていた。熊手を売るのには姉ヶ崎会の名前を使い、そのほかのシノギでは後藤組の名に頼っていたみたいです。テキ屋系は真面目に出店をやるけど、暴力的な行動はあまりしないから。

鈴木:珍しいケースではありますが。

溝口:面白いのは、同じ暴力団でもテキ屋系と博徒系では、拝む神様が違うんです。祭壇に博徒系が天照皇大神と春日大明神、そして八幡大菩薩を掲げるのに対して、テキ屋系は天照皇大神、今上天皇、もう一つ神農黄帝という農業などの神様を掲げる。だから博徒系からはテキ屋は「神農さん」と呼ばれたりする。

鈴木:テキ屋系としては極東会(新宿に拠点を置く暴力団)なんかが有名です。酉の市の出店の前に「極東」って書かれたデカい提灯をぶら下げて熊手を売ってましたから。

溝口:そもそも祭りを仕切るのはテキ屋、つまりヤクザです。初詣をはじめ、お祭りというのはほとんどが神社の境内で行なわれるものだけど、境内の敷地の地割りは伝統的にテキ屋が担ってきた。

鈴木:「あなたはここに店を出していいよ」、とショバ割りをする権利ですね。場所によって売り上げが全然違いますから。

溝口:一番利益率がいいのが“粉もの”。小麦粉を使った焼きそばやお好み焼きの類いです。

鈴木:あと、綿菓子はめちゃくちゃ売れるうえに材料は砂糖代だけだから、“親分ネタ”、つまり組長しかやれないと言われていました。本当に組長が作るわけじゃないけれど。

溝口:テキ屋は博徒と並ぶ伝統的なヤクザなんだけど、今は暴排条例で神社の境内からテキ屋が外されつつあるし、コロナでそもそも初詣に出店が出ることもないでしょう。

鈴木:最近は写真を撮りに行くと、暴力団系列のテキ屋は顔を隠しますからね。警察にバレるから撮らないでくれと。

【プロフィール】
溝口敦(みぞぐち・あつし)/ノンフィクション作家。1942年、東京生まれ。早稲田大学政経学部卒業。『食肉の帝王』で2004年に講談社ノンフィクション賞を受賞。主な著書に『暴力団』『山口組三国志 織田絆誠という男』など。

鈴木智彦(すずき・ともひこ)/フリーライター。1966年、北海道生まれ。日本大学芸術学部写真学科除籍。ヤクザ専門誌『実話時代』編集部に入社。『実話時代BULL』編集長を務めた後、フリーに。主な著書に『サカナとヤクザ』『ヤクザときどきピアノ』など。

※週刊ポスト2021年1月1・8日号

関連記事(外部サイト)