「ルッキズム」の矛盾 解消するより自覚しておくことが大事

「ルッキズム」の矛盾 解消するより自覚しておくことが大事

『少女マンガのブサイク女子考』を上梓したトミヤマユキコさんに話を伺った

◆美醜をめぐる3つの作品

 長く女子アナの登竜門とされてきたミスコン(ミスキャンパスコンテスト)を中止する大学が出てきたり、女芸人のブスいじりが敬遠されたりと、人の見た目を画一的な基準で評価する「ルッキズム(=外見至上主義)」が議論される機会が増えている。就職差別など、差別につながるルッキズムは批判されてしかるべきだが、一方で美を求める人はいるし、また、ルッキズムの捉え方には個人差や文化差なども関わってくるから、事は単純ではない。

 そんななか、ルッキズムを扱った書籍も増え、ルッキズムや美醜問題を考える契機となっている。

 たとえば作家の山崎ナオコーラさんは、容姿差別を考えるエッセイ『ブスの自信の持ち方』(誠文堂新光社)で、差別される側ではなく、社会が変わるべきだと説いた。新著『肉体のジェンダーを笑うな』(集英社)にも、顔認証システムがルッキズムの呪いを解きほぐしていく近未来小説が収められている(「顔が財布」)。

 税理士の田村麻美さんは『ブスのマーケティング戦略』(集英社文庫)で、「ブス」である自分を受け入れた上で、幸せな結婚&ビジネスでの成功を掴むための人生戦略を赤裸々に綴った。本サイトのインタビューで田村さんは「ブスだったから私は武器を身に付けた」と語っている。ルッキズムを逆手にとり、手にした武器によって、現在は本業の税理士のほか、執筆や講演など、多方面で活躍中だ。

 そしてこの11月に出版され、好調な売れ行きを見せているのが『少女マンガのブサイク女子考』(左右社)である。著者は大学講師でライターのトミヤマユキコさん。マンガ研究者であるトミヤマさんがブサイク女子を主人公とした少女マンガ26作を厳選し、「美人は得でブサイクは損」といった分かりやすい二項対立を乗り越えていく、ブサイク女子の恋愛模様や生き様を紹介・分析した。「本書はマンガ批評の本として書かれているけれど、フィクションの力を借りつつ、美醜について考えるための本にもしたい」と、トミヤマさんは「まえがき」に書いている。

◆「カワイイはつくれる」の危うさ

 では具体的に、ブサイク女子たちは「美人は得でブサイクは損」の二項対立をどのように乗り越えていくのか。

 たとえば「カワイイはつくれる!」を実践するブサイク女子たちがいる(『圏外プリンセス』『ヘルタースケルター』など)。美は天然でなくていい。化粧、ファッション、整形……技術と金によってカワイイをつくり、恋をし、自信を付けていく女子たちだ。一見、ポジティブで前向きな選択に感じられるが、“影”の部分もあるとトミヤマさんは指摘する。

「『カワイイはつくれる』という言葉は、『つくれるのにつくらないのは怠惰ではないか』に容易にひっくり返る、光と影のある言葉だと思っています。主体的にメイクテクを身につけたり、整形をするのならいいと思います。そうではなくて、周りの目が気になるからとか、怠惰だと思われるからとか、外からの圧力によって見た目を変えると、悲しい結末が待ち受けているように思うんですね。自分が綺麗になりたいと思っているのか、綺麗にならなければいけないと思わされているのか。ここをよく考えなければいけないと、少女マンガは教えてくれます」

 もちろん、皆が綺麗になりたいと望むわけではない。ブサイクのまま気高く生き、幸せを掴むヒロインもいる。たとえば『なかじまなかじま』の桜沢かすみだ。「最近、『自己肯定感』という言葉がよく使われるようになりましたが、彼女は自己肯定感の高い、いい生き方をしていますよね。著者の西炯子先生は、ひとひねりある物語を描くのがとても上手いと思います」(トミヤマさん、以下「」同)

 また、マンガならではの、美人とブサイクが入れ替わる物語には、美人になったとたん、性格が変わってしまう女の子が出てくる(『宇宙を駆けるよだか』『魔の顔』など)。外見は内面と深くつながっているという、当たり前のようで、忘れがちな事実を、フィクションは思い出させてくれる。

「“見た目”と“心”が仲良くないと、たとえ外見が変わったとしても、ポジィティブになれないと思います。ブサイク女子のマンガを読むことは、美醜の問題を考えることでもあるんですけど、私とは誰なのか、自己とは何なのか、という哲学的な話にもつながっていく部分があるんですね。重くセンシティブなテーマですから、漫画家の先生たちも相当の覚悟をもって真剣勝負をしている。気楽に読めないぶん、深い満足感を得られる作品ばかりを選ぶことができました」

◆「ルッキズム批判」と「美しくなりたい」は同居する

 いろんなタイプのブサイク女子たちの物語を読み込んだトミヤマさんが思うのは、「一人の人間のなかにも、美醜については様々な意識があり、矛盾もある」ということだ。

「見た目で不当に判断されるルッキズムはなくなるべきだと思っているけれど、美容皮膚科に行ったり、ダイエットしたりするのは好き、という人は実際にいます。宝塚など、徹底して美を追究する世界を愛している人もいます。私も、ルッキズムがどうのこうのと言いながら、ヒョンビンのルックスは大好きですしね(笑)。そういう矛盾を無理やり解消しようとするのではなく、自分の中に矛盾があるのだと自覚しておくことが大事なのかなと。そのためにも、もっと美醜について語ってほしいと思うんです」

 そのとき、少女マンガをはじめとする物語は役に立つ。リアルな誰かについて語れば、傷ついたり不快に感じる人がいるかもしれないが、マンガのキャラクターを話題にすれば、だれも傷つけず、美醜について語れるからだ。

「ブサイクという言葉自体を口に出しにくい人もいると思います。それからブサイクな人なんて存在しないんだ、と考える人もいると思います。それはとてもよくわかるのですが、一方で、実際に容姿差別された人はいるわけですから、考えなくていい、見なくていい問題だとは思いません。この本が、語り合うきっかけになったら嬉しいですね」

 挙げられている26作品は、萩尾望都、山岸凉子、岡崎京子、安野モヨコなどの大御所から、若手、知る人ぞ知る伝説的作家まで。ブサイク女子のビジュアルも人生もバラエティに富む。この年末年始に読みたい少女マンガを見付けるのもいいだろう。

 本を手にとり、語り合うことで、ルッキズムについても自分自身についても、新たな思考回路が開くはずだ。

◆トミヤマユキコ/秋田県生まれ。早稲田大学法学部、同大大学院文学研究科を経て、東北芸術工科大学芸術学部講師。ライターとして日本の文学、マンガ、フードカルチャーについて書く一方、大学では少女マンガ研究を中心としたサブカルチャー関連講義を担当。著書に『パンケーキ・ノート』『夫婦ってなんだ?』他。

関連記事(外部サイト)