玉袋筋太郎 「ボスキャラ多いスナックはRPG世代こそ行ってほしい」

玉袋筋太郎 「ボスキャラ多いスナックはRPG世代こそ行ってほしい」

「スナック文化を絶滅させたくない」と玉袋筋太郎

 芸人でスナック経営者でもある玉袋筋太郎が取り組んでいる「“夜の街”応援プロジェクト」にアツい注目が集まっている。長期化、深刻化するコロナ禍に立ち向かうべく、プロジェクトの先頭に立つ玉袋に、改めてスナックへの思いや、スナック文化のこれからについて聞いた。

──スナックは初心者には敷居が高い場所かもしれませんが、一歩その世界に踏み込むといろんな魅力が溢れている世界ですね。

玉袋:ある店のママは、“ウチは私が恋のキューピッドだから”って言うわけ。お客同士やお客とアルバイトレディが結婚したりとかね。いい意味で新興宗教になってるわけよ(笑い)。人生に大きな影響を与えてくれる場所にもなっているんです。

 ちょっと前にパワースポットが流行ったけど、全国に約7万軒あるスナックにはそれだけ“神様”が宿っていてさ、パワースポットがある。そんな場所に行かないのはもったいないよね。

──出会いの場としての魅力はもちろん、人と触れ合うことでいろんなドラマが生まれますね。

玉袋:さまざまな人が集まるスナックは、人間を見抜く力を養ったり、人間を研鑽してくれたりする場でもあるよね。研鑽というと堅苦しくなっちゃうけど、スナックでの人との触れ合いは、心の角を削ってくれるいい感じのサンドペーパーで、心を滑らかに磨いてくれるんですよ。

スナックが結びつけてくれた「人の縁」

──人々との触れ合いというと、玉袋さんは2012年より東京・奥多摩の檜原村の観光大使を務められているとか。

玉袋:全国のスナックを突撃取材する『ナイトスナッカーズ』という番組で檜原村にロケに行った時にね、「あんな山の中にスナックがあるわけねえだろ」と言ってたんですが、着いたら1軒あったんですよ。で、1軒しかないから、村の人たちがみんな寄り合いで飲みに来てるわけ。オレ、実は檜原村には倅(せがれ)が小さいころから川遊びやサイクリングに連れて来てたんです。

 そんな話をしたら、村の人が喜んじゃってね。「ロケに来るタレントさんはいるけど、これだけ村のことを愛して、利用してくれている人はいないよ」って。それで村長に観光大使になってもらうよう進言しておくってことになってさ(笑い)。オレは眉唾と思っていたら、実際に村長に話がいったんですよ。

 でも、玉袋筋太郎なんて名前だから、まさか観光大使はないだろうと思っていたら、村長さんは「名前じゃない、人間の中身だ」ということで観光大使にしてもらったわけ。これもスナックが結び付けてくれた縁だね。

「売り上げグラフが見える店は好きじゃない」

──宮崎市の繁華街「ニシタチ」でも2018年から「宮崎市ニシタチ大使」になっていらっしゃる。

玉袋:東京で事業をされていた宮崎出身の方の紹介が縁です。就任式には市長さんも出席してくれてね。

 ニシタチは独特のスナック文化を持った街。中洲とかススキノとか大きな盛り場は街の絵が一緒じゃないですか。無料案内所があってキャバクラがあってと。でもニシタチは違う。チェーン店の居酒屋が少ないし、街の角を曲がるといろんなスナックビルがあって、ワーっていう感動があるんですよ。

 大きな街の大きな店って、なんか女の子の後ろに“売り上げグラフ”が透けて見えちゃうんだけど、ニシタチは個人の店が多いからガツガツしてない。個人経営の店だと「今度娘が高校生でねえ」といった感じで生活が見えるのよ。ニシタチに限らず、首都圏でも急行が止まらないような小さな街のスナックはいい。オレはまたそういう店が好きなんだよね。

改めて気づかされた「“3密”の芸風」

──そうしたスナックでの人々との触れ合いが、玉袋さんの芸にも活かされているという部分はありますか。

玉袋:今回のコロナで改めて気づいたんだけど、自分の芸風というのはたくさんの人たちとの濃密な関係によって成り立ってた。つまり「3密」を中心とした芸風だったということ。3密が禁じられてオレの仕事も干上がったということを考えてもね(笑い)。でも、オレは3密で仕事やってきて今の自分があるってことに気がついたしね。これは忘れちゃいけねえところだなって思ってます。

──コロナの終息はいつになるか先が見えないですが、落ち着いいてきたときに“スナック復興”に向けた玉袋さんなりの仕掛けは考えていますか。

玉袋:まずはマイナスを少しずつ減らしていくこと。いきなり逆転ホームランは打てないからね。でも、復興に弾みをかけるようなでっかいイベントはやりたいよね、“みんなよく乗り切った”ってね。

 今は地道にできるホームページやユーチューブなんかでの情報発信で、感染予防対策を訴えながら常連さんを食い止めようっていうプロジェクトで全国のスナックを応援してます。

「あいつらちゃんと対策してる」という姿見せたい

──「玉ちゃんの“夜の街”応援プロジェクト」ですね。この活動を始めてからスナック連盟(※一般社団法人全日本スナック連盟/玉袋が設立)に加盟する店の反響、動きはどうですか。

玉袋:前向きに対策しようっていう動き、声は聞こえてきますね。その一歩が大事なんじゃないかな、今はお客さんに選ばれちゃうから。感染予防対策をしたうえで、営業を続けていくほうがスマートだし、それが秩序というか日本人の細やかさ、良さだからね。とかく蔑まれがちな業界だけど、そんな中でも「あいつらちゃんとやってたよ」という姿を見せてやりたいっていう意地だよね。

──スナック連盟のホームページにも載っている、とある地方都市の店を見ていたら、ものすごく魅力的に見えました。

玉袋:じつはコロナ禍で歌舞伎町や六本木あたりのキャバクラの子が働き場がなくなって、一斉にスナックに流れた街もあるのよ。敢えて場所は言わないけど…。だから、一時、その街のスナックはいい女だらけになったって話は聞いたね。結局、長くは続かなかったみたいだけど(笑い)。

──ユーチューブでは夜の街の楽しみ方をレクチャーされていますね。

玉袋:夜の街の文化を守るために、いろんな人に伝えたくて動画を発信してます。今は敗戦の時の状況と一緒だけど、もしかしたら、この焼け野原みたいなところで、新しい若いエネルギーがさ、スナック文化を立て直そうという子が出てくるかもしれないしね。そのうち、オレよりもすごいスーパースターなんかが賛同してくれたらいいと思うし、もっと賛同者は募りたいよね。

スナック応援プロジェクトは「お涙頂戴ではない」

──これまでスナックに縁がなかった若い世代が、新たなスナック文化を立ち上げていくというのは面白いですね。

玉袋:オレはロール・プレイングゲーム(RPG)好き世代の子たちにぜひともスナック体験をしてほしいんだよね。(スナックは)ダンジョン(RPGの舞台)だからさ。

 スナックの入り口のドアを開けたら、人食い箱が出てくるとかさ。ボスキャラもいっぱいいるし、闘っているうちにレベルが上がっていくわけよ。今まで覚えていなかった呪文、それは年代が違う歌も覚えられて……。そういう世代の子たちがスナックを“人生ロール・プレイングゲーム”の場だと思ってくれたらいいなって。

──最後に、スナック愛好家や読者に向けてのメッセージをお願いします。

玉袋:たしかにオレも含めてスナック業界は大変な状況で日々泣いてますけど、立ち上げたプロジェクトは決して“お涙頂戴”でやってるわけじゃない。商売やっている人の逞しさとかさ、最後まで頑張ろうっていうエネルギー、そういったところを見てほしいんだ。

 そこで感じてくれるところがあったら、ちゃんと感染予防対策しているお店を応援してあげてください。そうしないと夜の街は本当につまんなくなっちゃうよ。お店も頑張りますから、お客さんもチョイスして行ってください。

 もう一回、スナック黄金時代に戻れるように頑張りますよ。何バカなことやってんだと言われようが、オレは旗を振り続けます。そういうバカがいないとね、一人ぐらい(笑い)。

【プロフィール】
玉袋筋太郎/1967年、東京都新宿区出身。ビートたけしに弟子入りし、1987年に水道橋博士と「浅草キッド」を結成。現在はテレビ・ラジオ番組やイベント出演、書籍執筆など幅広く活動中。一般社団法人「全日本スナック連盟」の会長として、スナック文化の啓蒙に取り組み、SNSの拡大にも努めている。2020年11月より「玉ちゃんの“夜の街”応援プロジェクト」始動。YouTubeチャンネル「玉袋筋太郎の『夜Tube』」も配信中。

●聞き手/山田稔(ジャーナリスト)
●撮影/内海裕之

関連記事(外部サイト)